Bizメール&ウェブ エコノミーにWordPressを簡単にインストールする方法

NTTコミュニケーションズのBizメール&ウェブ エコノミーにはWordPressのインストール機能が用意されているため、初心者でも簡単にWordPressを導入することが可能です。契約時点で独自ドメインが設定されているため、他のレンタルサーバーのようにドメインの設定であれこれ悩むこともありません。

それでは、インストール機能を利用してWordPressを導入してみましょう。

WordPressのインストール

  • サーバーのコントロールパネルにログインします。
  • サイドメニュー「アプリケーション」の「WordPress」を選択します。
  • 下記を参考にインストールに必要な情報を入力します。
言語
日本語 (ja) を選択します。
ブログのタイトル
「サイトのタイトル」に利用されます。標準テーマを利用するとヘッダに表示されます。
ダッシュボード (管理ツール) で変更できます。
MySQLパスワード
MySQLのパスワードを入力します。
もし一度もMySQLを利用していない場合、サイドメニュー「データベース管理」の「MySQL」を選択します。パスワード (任意の文字列 )を入力して初期化を実行してください。
パスワード
WordPress管理者アカウントのパスワードとなります。ダッシュボードへのログインに利用するため、メモに控えておきましょう。
IDは自動的に「admin」となります。

入力を終えたら「インストール」をクリックします。

インストール完了

これだけでインストールは完了です。

  • 「WordPressの参照」をクリックすると、インストールされたWordPressサイトに移動します。
  • 「WordPressの管理画面参照」をクリックすると「ダッシュボード」のログイン画面へ移動します。

インストールディレクトリについて

他のレンタルサーバーのようにインストールディレクトリを選択することはできません。公開ディレクトリ 「/www/htdocs」 にWordPress専用のディレクトリ 「/wordpress」 が生成され、そこにインストールされます。

このままでは少し問題があるので、「インストール後に必要な作業」を参考に作業を行ってください。

インストール後に必要な作業

アカウントの変更と削除

「admin」のままでは、セキュリティ的に問題があるので、新しい管理者アカウントを追加しましょう。Bizメール&ウェブを利用していることが分かれば、ID (admin) を推測されてしまいます。管理者アカウントを追加してから「admin」アカウントを削除します。

アップデート

インストールされるバージョンが古いので、すぐにアップデートを実行してください。

タイムゾーンの修正

php.iniの設定にもよりますが、初期状態のままインストールすると、「タイムゾーン」が「UTC-0」となっているはずです。このままでは投稿時間など、WordPress内での処理時刻が全て「-9時間」となってしまうため「東京」に変更します。

リダイレクト設定

このままでは、WordPressにアクセスするためのURLが「http://example.com/wordpress/」となります。もし「http://example.com/」でWordPressにアクセスする必要があれば、リダイレクト (転送) の設定が必要となります。

詳しい手順は下記を参考にしてください。

関連記事