大きく改善されたファイル転送性能!コアサーバーのFTP性能の評価と比較

コアサーバー(CORESERVER)のファイル転送性能を測定してから1年ほど経過しました(前回の測定結果はこちら )。PHP7やSNI SSL(TLS拡張)に対応するなど、ソフトウェアは更新されていますが、ハードウェア更新に関するアナウンスはありません。

おそらくFTP性能に変化はないと思いますが、ネットワークなどの周辺環境が改善されている可能性があるため、同じ条件で再測定を実施しました。

レンタルサーバーを選ぶときに、ファイル転送性能(FTP性能)を気にする人はほとんどいません。例えば、第三者が開発したプラグインやテーマを利用するだけのWordPress運用なら、FTPの使用頻度は高くありません。しかし、WordPressテーマ(デザイン)の開発やオリジナルサイトの運用なら、転送速度の遅さは作業効率を悪化させ、ストレスの原因にもなります。

用途や目的によって、ファイル転送性能も重要な検討項目です。レンタルサーバーを選ぶときの絶対的な条件ではありませんが、あらかじめ確認しておけば後悔することもないでしょう。ここではバリューサーバーのファイル転送性能の評価と比較を行います。

コアサーバーのファイル転送機能に関する仕様

プラン MINI A B C
アカウント 10 無制限 無制限 無制限
FTP/FTPS/SFTP

通常のFTPだけでなく、セキュアなFTPSやSFTPに対応しています。

プランA以上であれば無制限(9,999個)にアカウントを発行できます。追加アカウントのユーザー名は「アカウント名.任意の文字列」となり、契約時のアカウント名が接頭辞として付与されます。

アカウントごとにアクセス可能なディレクトリを設定できます。設定したディレクトリより上位ディレクトリへは移動できないため、第三者へのアカウント発行にも便利な仕様です。

測定方法

  • Webページを構成するファイルのアップロードとダウンロード
    • テキストファイルや画像ファイル
    • (HTTP)レスポンス性能の評価に利用しているサイト(ページ)を構成するデータ群
  • 合計ファイルサイズは約2MB(約20ファイル)

最大3つのファイルを並列転送します。レンタルサーバーがそれ以上の同時接続を許可していて、FTPクライアントも並列転送に対応していれば、この測定結果より早く転送できることになります。

測定期間

測定期間は 7日間 であり、5分ごとに測定を行います。つまり、「7日×24時間×12回(60/5)」の約2,000回となります。

一度きりの測定では意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果となることを(完全ではありませんが)防げます。

一定期間測定することで、利用者数(訪問者数)が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

国内にあること以外は非公表です 。hostingstockによる調査で推測すると、東京(品川区)にあるデータセンターで運用されているようです。

コアサーバーからバリューサーバーへpingを実行すると、反応が1ms未満となります。おそらく同社のサービスは全て同じデータセンターで運用されているのでしょう。ロリポップ!なども同じデータセンターにあるようです。

経路図は測定元からデータセンターまでのネットワークを示しており、経由するIX(インターネットエクスチェンジ)等を含みます。測定元はK-Opticom(関西電力)のネットワーク内、関西圏(赤い円)にあるサーバーです。

測定元のサーバーは 測定専用 として測定以外の処理は行っていません。

測定環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  アップロード ダウンロード
有効測定 2,016回 2,016回
棄却検定除外 0.60% (12) 0.84% (17)
棄却検定閾値 3.51秒 1.70秒
エラー 0% (0) 0% (0)
3秒以上 0.20% (4) 0.15% (3)
中央値 2.00秒 1.15秒
平均値 1.98秒 1.19秒
ばらつき/標準偏差 0.33秒 0.11秒
測定結果について
有効測定はエラーを省いた回数です。
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test(α=0.001)」により省いています。これは測定サーバー側の異常を省く意味もあります。
ばらつき(標準偏差)は、転送時間の 約68%平均値 ± ばらつき に、約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほど転送性能が安定しているといえます。
未加工データ(生データ)は最後に掲載しています。

コアサーバーの評価

前回の結果と比較すると、転送速度が大幅に改善され、さらにばらつきが小さくなっています。約2,000回以上もの測定に関わらずエラーは発生していないため、安定した転送性能があると言えます。

前回契約時とプランは同じですが、サーバー(番号)は異なります。サーバーのハードウェアが強化されたというアナウンスはないため、1)ネットワーク帯域が前回より優遇されている、2)前回のサーバーが高負荷状態であった、かのどちらかでしょう。しかし、測定期間中(7日間)常に高負荷ということは考えにくいため、やはりネットワーク環境が改善されているのでしょう。

そもそも、今回契約したサーバーは前回測定時も存在しています。一般的なサービスにおいて、稼働中のサーバー(ハードウェア)を更新することはあり得ません。大手事業者でもハードウェア更新時は、新規契約者のみ割り当てるようになっています。そのため、ハードウェアのスペックは前回と同じでしょう。

サーバーへのアクセスが多くなる(負荷の高くなる)夜間帯に転送速度が低下するような傾向はありません。グラフを見ても一定の転送速度が維持されていることが分かります。他社と比較すると平均的な速さですが、いつでも同じ感覚でファイルを転送できるため、ストレスのたまりにくい使い勝手の良い特性です。特にダウンロード性能は優秀です。

理由は不明ですが、測定3日目からアップロードの転送速度が低下しています。ダウンロード速度に変化はないため、ネットワーク(途中経路)のトラブルではないようです。しかし、低下した状態でも安定しており、平均的な性能があるため大きな問題ではありません。

他のレンタルサーバーとの比較

アップロード ダウンロード Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. シックスコア 0.75 0.05 0.48 0.10
2. エックスサーバー 0.75 0.05 0.49 0.13
3. Sova WP 0.84 0.24 0.73 0.18
4. wpXクラウド 0.86 0.06 0.59 0.19
5. ミニバード 0.90 0.42 0.69 0.30
6. Webcrow 0.95 0.24 0.71 0.26
7. wpXレンタルサーバー 0.95 0.32 0.72 0.27
8. エックスドメイン(WordPress) 0.99 0.32 0.71 0.28
9. ファイアバード 1.04 0.49 0.72 0.30
10. X2 1.05 0.44 0.72 0.32
11. クローバー 1.10 0.48 0.86 0.38
12. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.11 0.08 0.73 0.11
13. WPblog 1.21 0.33 0.75 0.25
14. エックスドメイン(PHP&MySQL) 1.33 0.26 1.13 0.25
15. Z.com WordPress(SFTP) 1.39 0.14 1.06 0.11
16. スタードメイン 1.44 0.67 1.19 0.29
17. ラクサバ 1.50 0.07 1.33 0.54
18. Quicca 1.53 0.09 0.89 0.09
19. ドメインキング 1.56 0.10 0.97 0.07
20. JETBOY 1.58 0.06 0.98 0.21
21. COREPRESS Cloud(SFTP) 1.61 0.07 1.72 0.12
22. FUTOKA 1.61 0.19 1.13 0.25
23. KAGOYA 1.61 0.10 1.08 0.21
24. ヘテムル 1.62 0.19 1.21 0.10
25. エクスクラウド 1.67 0.15 0.98 0.07
26. Z.com 1.73 0.11 1.06 0.09
27. バリューサーバー 1.77 0.24 1.08 0.14
28. バリューサーバー(SFTP) 1.83 0.27 1.33 0.15
29. アルファメール 1.88 0.69 1.53 0.33
30. コアサーバー 1.98 0.33 1.19 0.11
31. ロリポップ!(新サーバー) 2.11 0.35 1.44 0.40
32. お名前.com 2.14 0.69 1.25 0.16
33. Zenlogic 2.26 0.63 1.33 0.15
34. スマイルサーバ 2.38 0.30 2.46 0.29
35. ロリポップ!(旧サーバー) 2.48 0.55 1.92 0.52
36. WADAX 2.62 1.02 1.84 0.63
37. XREA 2.92 1.12 2.99 1.41
38. さくらインターネット 2.97 1.19 1.39 1.76
39. MixHost(SFTP) 3.00 0.24 1.93 0.13
40. CPI 3.09 0.16 1.36 0.12
41. MixHost 3.41 0.09 1.86 0.08
42. iCLUSTA+ 5.53 3.45 5.86 4.10
43. ちゅらうみレンタルサーバー 6.75 0.73 8.72 0.98
44. FC2レンタルサーバー(海外) 11.60 0.48 6.79 0.28
45. フレンドサーバー(海外) 12.10 0.50 7.47 0.19
46. FC2ホームページ(海外) 12.30 0.52 10.90 1.35
47. FC2 Lite(海外) 16.60 0.56 10.10 0.86
48. JETBOY(旧サービス)(海外) 20.90 0.78 11.40 0.40
49. Hostinger(海外) 33.40 7.13 20.50 1.83

hostingstockで測定した各レンタルサーバーのファイル転送性能です。詳細はリンク先をご覧ください。

注意
最新の測定結果を優先的に表示するため、記事作成時の評価とこの比較結果(表のデータ)が異なる可能性があります。

測定結果(未加工データ)

  アップロード ダウンロード
中央値 2.00秒 1.15秒
平均値 2.01秒 1.19秒
ばらつき/標準偏差 0.57秒 0.17秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他のユーザーの負荷も影響します。

関連記事