コアサーバーでWordPressを独自ドメインで運用する方法

内容を整理した新しい記事があります。

コアサーバー (CORESERVER) でWordPressを独自ドメインで運用する手順を説明します。独自ドメインについては下記のように、同社の バリュードメイン で取得している場合と、 他社 レジストラで取得している場合があります。それぞれの環境に合わせて読み進めてください。

  • バリュードメインで取得した独自ドメインを利用する
  • 他社 (お名前.comやスタードメインなど) で取得した独自ドメインを利用する

バリュードメインで取得した独自ドメインを利用する

バリュードメインで取得した独自ドメインの場合、ドメインとサーバーを関連づける設定が必要です。

  • バリュードメインのコントロールパネルを開きます。
  • 登録済みドメインの一覧を表示します。
  • 対象ドメインの DNS/URL をクリックします。
    • ここではexample.comとします。

当サービス内サーバーの自動DNS設定 のリストから、独自ドメインを適用するサーバーを選択します。契約時に選択した初期ドメインを選択します。

もし初期ドメインがわからない場合、契約時のメールを確認するとよいでしょう。また、以下のようにサーバー関連のコントロールパネルでも確認できます。

保存する をクリックして「正常に更新されました。」と表示されれば設定完了です。例えば、s1.coreserver.jpを選択すれば、example.coms1.coreserver.jpが関連付けされます。

独自ドメインの設定 へ進んでください。

他社で取得した独自ドメインを利用する

バリュードメイン以外で取得した独自ドメインを利用する場合、ネームサーバーの設定が必要です。ここの設定で独自ドメインとコアサーバーのサーバーとの紐付けを行います。

  • バリュードメインのコントロールパネルを開きます。
  • メニューから 無料ネームサーバー を選択します。
  • 他社登録しているドメインを登録 をクリックします。
  • 利用する独自ドメインを入力します。
    • ここではexample.comとします。
  • 登録 をクリックします。
  • 「ドメイン名example.comでデータベースに登録しました。」と表示されれば設定完了です。
  • 「ドメインのDNS情報の変更は こちら」をクリックします。
  • 登録した独自ドメインをクリックします。

当サービス内サーバーの自動DNS設定 のリストから、独自ドメインを適用するサーバーを選択します。契約時に選択した初期ドメインを選択します。初期ドメインは契約時のメールに記載されています。また、コントロールパネルでも確認できます。

保存するをクリックして、「正常に変更されました。」と表示されれば設定完了です。

DNSサーバーの変更

他社レジストラで取得した独自ドメインを利用する場合、その他社のコントロールパネルでDNSサーバーの変更が必要です。

レジストラのコントロールパネルで、対象ドメインのDNSサーバーの設定をコアサーバー (バリュードメイン) のアドレスに変更します。

プライマリネームサーバー NS1.VALUE-DOMAIN.COM
セカンダリネームサーバー NS2.VALUE-DOMAIN.COM
  NS3.VALUE-DOMAIN.COM
  NS4.VALUE-DOMAIN.COM
  NS5.VALUE-DOMAIN.COM

以下は、ムームードメインとスタードメインの例です。お名前.comやほかのレジストラであっても、基本的な設定方法は同じです。詳細な説明は省きますが、各レジストラのマニュアルやヘルプを参考にすれば簡単にできるでしょう。

独自ドメインの設定

これまでの操作でDNSサーバーの設定が完了しました。ここでは、コアサーバーで独自ドメイン (マルチドメイン) を利用するための設定を行います。

  • コアサーバーのコントロールパネルを開きます。
  • メニューの ドメインウェブ をクリックします。ドメインウェブはマルチドメイン機能のことです。
  • 図のようにMainblankSub1に独自ドメインを入力します。
    • ここではexample.comとします。
  • ドメイン設定 をクリックします。

上記はあくまでも基本的な設定例です。ドメインウェブについては、コアサーバーのレビューに簡単な説明があります。

しばらくすると/public_html以下にディレクトリexample.comが生成されます。このディレクトリが独自ドメインexample.comのドキュメントルートとなり、example.comへアクセスしたときに参照されます。

ここまでの操作により、独自ドメインでコアサーバーにアクセス可能となります。FTPで/public_html/example.com/に適当なindex.htmlを置いてみましょう。ブラウザでhttp://example.com/へアクセスすると、/public_html/example.com/index.htmlの内容が表示されます。

注意点
DNSサーバーの設定変更はすぐには反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。その場合は、キャッシュが原因です。

データベース作成

ここからはWordPressのインストール作業となります。

コアサーバーにはインストール補助機能 (CGIインストール) がありますが、WordPressで利用するデータベースを予め作成しておく必要があります。

  • メニューの データベース を選択します。
  • 操作対象のラジオボタンを選択します。
  • DB/ユーザー名を入力します。契約時のアカウント名を接頭辞とし、アカウント名_任意の文字列となります。データベース名とユーザー名は共通です。
  • パスワードを入力します。
  • 文字コードはUNICODEを選択します。
  • メモ欄は自由に利用できます。「WordPress用」と入力してもよいでしょう。
  • 作成 をクリックします。

DB/ユーザー名パスワード はWordPressのインストール時に必要なので、メモをとっておきましょう。

WordPressのインストール

CGIインストール機能を利用します。

  • メニューの CGIインストール を選択します。
  • 設置場所・パスでインストールディレクトリを設定します。

これまでの設定で、独自ドメインexample.comのドキュメントルートは/public_html/example.comとなっています。WordPressだけ利用するなら/public_html/example.comでも構いません。もし、WordPress以外のスクリプト等を利用する予定があれば/public_html/example.com/wpとするとよいでしょう。インストールディレクトリについては下記も参考にしてください。

すでにディレクトリがあると上書きされるので、パスに間違いがないかをしっかりと確認してください。

ここではwpディレクトリにインストールします。インストールに成功すると「正常に送信されました。反映には1-3分程度掛かります。」と表示され、しばらくするとpublic_html/example.com/wpにWordPressのファイルが展開されます。

WordPressの設定

上記の設定が完了したら、Webブラウザでhttp://example.com/wp/にアクセスします。もしインストールディレクトリが/public_html/example.comならhttp://example.com/となります。

ここからはコアサーバーに関係なくWordPressの一般的な作業となります。

  • これまでの設定が正しく終わっていれば、この画面が表示されます。
  • さぁ、始めましょう! をクリックします。
  • データベース作成 で登録した情報を入力します。データベース名とユーザー名は共通です。
  • データベースのホスト名は初期設定のlocalhostです。
  • テーブル接頭辞も特別な理由がなければ初期設定のwp_のままで構いません。
    • テーブル接頭辞については下記も参考にしてください。
  • 送信 をクリックします。
  • データベースが正しく設定されていれば、この画面が表示されます。
  • インストール実行 をクリックします。

WordPressのサイト情報と管理者アカウントを登録します。

サイト名
Webサイトのタイトルとして表示されます。
ユーザー名・パスワード
管理者アカウントとなります。
ダッシュボード(管理ツール)へのログインに必要な情報なので、忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
管理者のメールアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知にも利用されます。
プライバシー
チェックすると検索エンジンのクローリング対象となります。もしテストサイトであったり公開したくない場合はチェックを外します。
オフにしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

全ての項目は、インストール後にダッシュボードで変更可能です。

間違いがなければ WordPressをインストール をクリックします。

インストール完了

これでWordPressのインストールが完了しました。

/public_html/example.com/wpにインストールした場合、WordPressにアクセスするためにはhttp://example.com/wpとする必要があります。ダッシュボードへのアクセスはhttp://example.com/wp/wp-admin/となります。

トップページをhttp://example.com/とするには、下記を参考にWordPressの設定を変更してください。

関連記事