FC2レンタルサーバーLiteのデータセンターはどこにあるのか?

FC2レンタルサーバーLiteの公式サイトをみると、データセンターは米国西海岸にあるようです。

世界トップクラス環境のデータセンター

レンタルサーバーLiteで使用しているサーバーは、多重電源や空調設備が整った米国西海岸のデータセンターに設置しています。また、日本国内に比べ大地震などの災害リスク対策が整備されており、お客様の大切なデータは世界トップクラス環境で守られています。

環境について-FC2レンタルサーバーLite

それだけでは面白くないので、いつものようにTracerouteで調べてみます。

Tracerouteの結果

hostingstock.netで契約しているレンタルサーバーに対して実行しています。

さくらインターネット(東京)から

重複したりドメインを取得できないルーターは省いています。

No. ASN Domain(IP) IP
1 [AS9370] – . – . – . – ( – . – . – . – )
4 [AS9370] tkcrt2-grt1s.bb.sakura.ad.jp (157.17.130.49)
5 [AS2914] xe-4-0-3.a21.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net (61.120.145.169)
8 [AS2914] ae-8.r20.osakjp02.jp.bb.gin.ntt.net (129.250.6.189)
9 [AS2914] ae-6.r20.lsanca03.us.bb.gin.ntt.net (129.250.4.38)
11 [AS2914] xe-0-3-0-13.r04.lsanca03.us.ce.gin.ntt.net (204.1.253.222)
13 [AS40263] —.fc2.com ( – . – . – . – )

[ASxxx]はAS番号(Autonomous System number)と呼ばれ、ネットワーク内にある組織の識別名のことです。

  • AS9370: SAKURA Internet Inc.(さくらインターネット – 東京)
  • AS2914: NTT Communications Global IP Network
  • AS40263: FC2 INC

さくらインターネット(東京/日本) > NTT(東京/日本) > NTT(大阪/日本) > NTT(ロサンゼルス/カリフォルニア州) > FC2となっているようです。また、ae-6.r20.lsanca03.us.bb.gin.ntt.netの応答時間が100msを超えるので地理的に離れている、つまり海外であることが分かります。

NTTのグローバルIPネットワーク(ネットワークマップ)を見ると、大阪とLos Angelesが接続されています。東京からも接続されいるのに大阪を経由する理由はわかりません。

eo光(関西圏)から

No. ASN Domain(IP) IP
1 [eo光(関西)] – . – . – . – ( – . – . – . – )
5 [AS17511] 203.140.81.209 (203.140.81.209)
7 [AS2516] obpjbb206.int-gw.kddi.ne.jp (113.157.227.125)
8 [AS2516] lajbb002.int-gw.kddi.ne.jp (203.181.100.150)
9 [AS2516] ix-la2.kddnet.ad.jp (59.128.2.106)
12 [AS40263] —.fc2.com ( – . – . – . – )
  • AS17511: K-Opticom Corporation(eo光)
  • AS2516: KDDI CORPORATION
  • AS40263: FC2 INC

KDDIのルータは、おそらくobpが大阪ビジネスパーク(KDDI大阪ビル)を示すようなので、laはロサンゼルスだと予想できます。ちなにみoteが付くルーターは東京の大手町のことだと思います。ケイ・オプティコム(大阪) > KDDI(大阪) > KDDI(ロサンゼルス) > FC2という感じですね。 こちらもlajbb002.int-gw.kddi.ne.jpの応答時間が100msを超えています。

ちなみにAS40263(FC2)はNTTとKDDIのみ接続されているようです。

関連記事