ファイアバード(FIREBIRD)のレンタルサーバーにWordPressをインストールする

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

ファイアバードのレンタルサーバーにWordPressをインストールするのは非常に簡単です。他社と異なりデータベースが自動的に設定されるため初心者でも迷うことがありません。

ドメインを選択する

ファイアバードのサーバー管理ツールにログインして、メニューの簡単インストールをクリックします。

WordPressをインストールするドメインを選択します。独自ドメインで運用したい場合、まず以下のページを参考にして独自ドメインを登録してください。スタードメイン以外で取得したドメインを利用する場合は、ミニバードの記事を参考にしてください。

アプリケーションを選択する

選択したドメインにインストールされているアプリケーションが表示されます。初期状態では何もありません。

タブの追加インストールをクリックします。

簡単インストールに対応しているアプリケーション(CMSなど)が表示されるので、WordPressのインストール設定をクリックします。

WordPressの設定

WordPressのインストールに必要な情報を登録します。

  • データベース情報
    • 自動でデータベースを生成するを選択します。何らかの理由でデータベースを手動で設定したい場合は、作成済みのデータベースを利用するを選択すると、データベースの設定欄が表示されます。予めデータベースを作成しておく必要があります。
  • インストール先
    • WordPressをインストールするディレクトリを決定します。下記のページを参考にしてください。
  • ブログ名
    • ブログのタイトルとして表示されます。
  • ユーザ名とパスワード
    • WordPressの管理ツールへのログインに利用します。忘れないようにメモしておきましょう。
  • メールアドレス
    • WordPressで利用されるアドレスです。例えば、あなたのブログにコメントがあった時の通知に利用されます。

ブログ名、ユーザー名とパスワード、メールアドレスはインストール後に変更可能です。

入力が終わったら確認画面をクリックします。

確認画面

間違いがなければ確定するをクリックします。データベース情報は基本的に気にする必要はありませんが、トラブル時にデータベースにアクセスする必要があるのでメモしておきましょう。

これでWordPressのインストールが完了しました。

WordPressログイン画面

ログインフォームのURL(http://hostingstock.firebird.jp[選択したドメイン]/wp/wp-login.php)にアクセスすると、管理ツールのログイン画面が表示されます 。インストール時に設定したアカウントでログインできます。

http://hostingstock.firebird.jp/wp/にアクセスすると、WordPressのサンプル記事が表示されます。

関連記事