フレンドサーバーに独自ドメイン対応のWordPressをインストールする方法

フレンドサーバー(Friend Server)にWordPressをインストールする方法を紹介します。

フレンドサーバーにはインストール支援機能があるため、データベースの作成や設定が難しいと感じるならこの機能を利用しましょう。データベースの生成から各種設定までが自動化され、誰でも簡単にWordPressの導入が可能です。

ここでは支援機能による導入だけでなく、初心者には難しい独自ドメインの設定方法から手動でのWordPress導入までを紹介します。手動でのインストールと言っても難しいことはありません。データベースを作成して、WordPressファイルをアップロードするだけです。

独自ドメインの設定

例えば「example.com」など、独自ドメインでWordPressを運用するなら、あらかじめドメインの設定が必要です。下記を参考に独自ドメインの設定を行っていください。

サーバーの初期設定

もし、ドメインの設定を終えてもWebサイトにアクセスできないなら、下記設定も確認してください。

インストール支援機能による導入方法

  • コントロールパネルにログインします。
  • 対象ドメイン(を含むドメイン)を選択します。
  • メニューの「アプリケーション」タブを選択します。
  • 左メニューにある「すべてのアプリケーション」をクリックします。
  • 検索機能を利用して「wordpress」を検索します。
  • WordPressの「インストール」をクリックします。
  • インストール先(ドメイン=ディレクトリ)を選択します。
    • 手動インストールの「インストールファイルの配備」を参考にしてください。
  • 「インストール」をクリックします。

これだけです。簡単ですね。

  • 管理者アカウント情報など、WordPressのインストールに必要な設定は自動的に行われます。
  • 管理者メールアドレスには、契約時に登録したアドレスが設定されます。
  • データベースとデータベースユーザーも自動的に生成されます。
    • デーベース名は「wordpress_○○」、ユーザー名も「wordpress_○○」となります。○○は重複しないランダムな英数2文字。

データベース以外はダッシュボードで変更可能です。

クレデンシャル
ログインに必要なIDやパスワードのことを指します。コンテキストに依存しますが、アカウントとも置き換えられます。

インストール支援機能により導入されたアプリケーションは「マイ・アプリケーション」のリストに追加されます。

カスタムインストール

インストール(カスタム)を実行すると、以下の項目を任意に設定できます。

インストール(カスタム)時の設定項目
管理者アカウント(ダッシュボードへのログインに使用) / 管理者メールアドレス / サイト名 / インターフェース言語 / データベース設定(データベース、テーブル接頭辞、データベースユーザー)

手動でのインストール方法

インストールには「データベースの作成」と「インストールファイルの配備」が必要です。

MySQLデータベースの作成

WordPressをインストールするデータベースを用意します。

  • ホーム(図は省略)でインストール対象のドメインを選択します。
  • 対象ドメインでなくとも構いませんが「データベースを追加」をクリックします。
  • データベース名を入力します。
    • 任意の文字列を設定できます。接頭辞は付与されません。
  • 関連サイトは後述します。後からでも変更できるので「関連サイトなし」とします。
  • データベースユーザー情報(ユーザ名とパスワード)を入力します。
    • データベースへのアクセスに必要なアカウントです。
    • ユーザー名は任意の文字列を設定できます。接頭辞は付与されません。
  • 「ユーザーは選択した契約内の〜」をチェックすると、全てのデータベースにこのユーザーが割り当てられます。
    • データベースごとにユーザーを用意するなら、このチェックは不要です。
  • 「OK」をクリックします。

データベース名とデータベースユーザー情報は、WordPressのインストール時に必要です。忘れないようにメモに残しておきましょう。

これでWordPress用データベースの準備が完了しました。

関連サイトの設定

データベース作成時の「関連サイト」を指定すると、ドメインリストのデータベースに追加されます。データベースの機能的には無関係ですが、どのサイトでどのデータベースを利用しているかが分かりやすくなります。

インストールファイルの配備

ここでは独自ドメイン「example.com」にWordPressをインストールします。

フレンドサーバーではドキュメントルートを自由に設定できるため、ユーザーによってディレクトリ構成が異なります。あくまでも一例ですが、インストールディレクトリとドメイン(URL)の関係は以下の様になります。

ドキュメントルートではなく、WordPress専用ディレクトリ(/httpdocs/wp)にインストールします。Zipファイルを展開すると wordpress という名称のフォルダが生成されるため、wp に変更して、example.comのドキュメントルートにアップロードします。

インストールディレクトリは慎重に決定しましょう。後から変更することも可能ですが、サイトの作りによってはデータベースやコンテンツの大幅な修正が必要となります。インストールディレクトリの説明は こちらの記事 も参考にしてください。

WordPressはファイル数が多く、展開してからアップロードすると非常に時間がかかります。Zipファイルのままアップロードして、ファイルマネージャ(サーバー側)で展開するという方法もあります。

これでインストールファイルの配備が終わりました。

WordPressのインストール

ここからは一般的な手続きとなるため、フレンドサーバーでも他のレンタルサーバーでも同じです。ウェブブラウザでWordPressのインストールディレクトリ(http://example.com/wp/)にアクセスします。

  • この画面が表示されたら、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベース情報を入力します。

  • 「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」は、データベース作成時にメモした内容を入力します。
  • 「データベースのホスト名」は「localhost」のままです。
  • 「テーブル接頭辞」は特別な理由がなければ初期設定の wp_ のままで構いません。
    • 一つのデータベースに複数のWordPressをインストールする場合、接頭辞を既存のものと重複しないように変更します。
    • テーブル接頭辞については この記事 を参考にしてください。
  • 正しく入力できたら「送信」をクリックします。
  • この画面が表示されれば、データベースと正しく接続されたことになります。
  • 「インストール実行」をクリックします。

サイト情報と管理者情報を設定します。下記を参考にしてください。

項目 説明
サイトのタイトル ウェブサイトのタイトルとして表示されます。ダッシュボードでの「サイトのタイトル」に利用されます。
ユーザー名・パスワード 管理者アカウントとなります。ダッシュボード(WordPressの管理ツール)へのログインに必要な情報なので、メモを残しておきましょう。
メールアドレス 管理者のアドレス以外に、コメント、トラックバック、ピンバック、アップデートなどの通知にも利用されます。パスワードを忘れた際の手続きにも利用するので、有効なアドレスを入力します。
検索エンジンでの表示 チェックすると検索エンジンのクローリング 対象外 となります。テストサイトなど公開したくない場合はチェックします。ただし、チェックしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

間違いがなければ「WordPressをインストール」をクリックします。

メモ
全ての項目をインストール後にダッシュボードで変更可能です。
  • インストールが完了しました。
  • 「ログイン」をクリックすると、ダッシュボードのログイン画面へ移動します。
  • 設定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

この記事ではWordPressを /wp ディレクトリにインストールしています。そのためウェブサイトを開くには http://example.com/wp/ へアクセスする必要があります。http://example.com/ でトップページを開くためには、この記事を参考にWordPressの設定を変更してください。

関連記事