アダルトサイト対応FUTOKAのレンタルサーバーにWordPressを手動でインスト−ルする方法

FUTOKA (フトカ) には自動インストール機能があるため、基本的には手動でWordPressをインストールする必要はありません。もし、最初から最新バージョンをインストールする必要があったり、データベース名やユーザー名を任意に決めたい場合は、手動でインストールすることもできます。

インストール手順は以下の通りです。

  • データベース (MySQL) の追加
  • データベースユーザーの追加
  • データベースとユーザーとの関連付け
  • WordPressのダウンロードとサーバーへの配備
  • インストール実行

データベースの追加

  • サイドメニューの MySQL設定 を選択します。
  • 登録済みのデータベース一覧が表示されます。
  • MySQL の追加をクリックします。

データベース名を入力します。データベース名は サーバーID_任意の文字列 となります。例えば、example.futoka.jpで契約している場合、example_任意の文字列となります。

ここでは、WordPress用のデータベースなのでexample_wpとします。

MySQLの追加(確認) をクリックします。

確認画面が表示されるので、間違いがなければ MySQLデータベースの追加(確定) をクリックします。

新しいデータベース (example_wp) が追加されました。

ユーザーの追加

データベース一覧に戻ると、新しいデータベース (example_wp) が追加されていることが分かります。

アクセス権所有ユーザが「ユーザーが存在しません」となっており、追加したデータベースにアクセス可能なユーザーがいないことが分かります。新しいユーザーを追加し、データベース (example_wp) に設定する必要があります。

もちろん既存のユーザーを設定することもでき、この例であれば、すでに存在するexample_1を利用することもできます。

関連メニューの MySQLユーザの追加 をクリックします。

MySQLユーザIDとパスワードを入力します。ユーザIDはデータベース名と同様に、サーバーID_任意の文字列 となります。この例では example_任意の文字列となります。

ユーザIDとパスワードはWordPressのインストールに必要なので、メモをとっておきましょう。

MySQLユーザの追加(確認) をクリックします。

確認画面が表示されるので、間違いがなければ MySQLユーザーの追加(確定) をクリックします。

ユーザ (example_2) が追加されました。

WordPress用データベースexample_wpにアクセス可能なユーザーを追加します。先ほど作成したユーザー(example_2)を選択し、 追加 をクリックします。

ユーザー (example_2) に対する、データベース (example_wp) へのアクセス権を設定します。後からでも変更可能なので、ここでは すべて選択 をクリックします。

アクセス権の追加(確認) をクリックします。

確認画面が表示されるので、 アクセス権の追加(確定) をクリックします。

これまでの作業により、WordPress用データベース (example_wp)が作成され、それにアクセス可能なユーザー (example_2) が登録されました。このデータベースを利用してWordPressをインストールします。

WordPressの配備

ここでは、http://example.com/wp/でWordPressサイトが開くようにしましょう。インストールディレクトリについては以下の記事も参考にしてください。

予めサーバーパネルで独自ドメイン example.com を登録しておきます。登録方法はレビューを参考にしてください。

サーバーパネルでexample.comを登録すると、ディレクトリ/public_html/example.comが生成され、http://example.com/のドキュメントルートとなります。

次に、WordPressの公式サイトからZIPファイルをダウンロードします。ZIPファイルを展開するとwordpressというフォルダが生成されます。フォルダ名をwpに変更して/public_html/example.comにアップロードします。

様々な方法がありますが、ローカルPCで展開・名称変更してからFTPクライアントでアップロードするのが簡単でしょう。FUTOKAはSSHも利用できるので、サーバー上で直接ダウンロードすることもできます。

WordPress › 日本語
https://ja.wordpress.org/

WordPressのインストール

ここからの作業は一般的なWordPressのインストールとなり、FUTOKAとは無関係な作業です。

  • http://example.com/wp/にアクセスすると、インストール画面が表示されます。
  • さあ、始めましょう! をクリックします。
  • データベース作成時に登録した情報を入力します。
    • ここの例であれば、データベース名:example_wp、ユーザー名:example_2となります。
  • データベースのホスト名は初期設定のlocalhostです。
  • テーブル接頭辞も特別な理由がなければ初期設定のwp_のままで構いません。

送信 をクリックします。

  • データベースとの通信が成功するとこの画面が表示されます。
  • インストール実行 をクリックします。
サイトのタイトル
Webサイトのタイトルとして表示されます。
ユーザー名・パスワード
管理者アカウントとなります。
ダッシュボード(WordPressの管理ツール)へのログインに必要な情報なので、忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
管理者のメールアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知にも利用されます。
プライバシー
チェックすると検索エンジンのクローリング対象となります。もしテストサイトであったり公開したくない場合はチェックを外します。
オフにしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

全ての項目は、ダッシュボードで変更可能です。

WordPressをインストール をクリックします。

これでインストールが完了しました。先ほど入力したユーザー名とパスワードでダッシュボードにログインできます。

関連記事