Z.com レンタルサーバーにWordPressをインストールする方法

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

Z.com レンタルサーバーでWordPressを運用する手順を紹介します。

ここでは、cPanel (コントロールパネル) にある簡単インストール機能を利用します。手動インストールとの違いは、この機能を利用してインストールすると、cPanelのWordPress管理機能が有効になることです。特に自動バックアップ機能は便利なので、手動インストールの必要性がなければ、簡単インストール機能を選択してはいかがでしょうか。

もちろん手動インストールであっても、Z.com特有の作業はなく、一般的なレンタルサーバーと何も変わりません。

独自ドメインを利用する場合

予め独自ドメインを登録しておく必要があります。ドメインの登録方法は下記を参考にしてください。

WordPressのインストール

  • cPanel にアクセスします。
  • Web Applicationsの もっと見る をクリックします。
  • 簡単インストール対応のアプリケーションが表示されます。
    • 機械翻訳のため、かなりひどい日本語ですが無視しましょう。
  • WordPress をクリックします。
  • WordPressの紹介ページが開きます。
  • このアプリケーションをインストール をクリックします。

ここからの説明は分割されていますが、実際には一つの画面に表示されています。

ドメインとインストール場所

予め登録しておいた example.com にインストールすることにします。

  • ドメイン
    • www付きを選択した場合、www無しでアクセスした場合、www付きのアドレスにリダイレクトされます。www無しを選択した場合は、その逆となります。例えば、http://www.example.com/ を選択すると、http://example.com/ にアクセスした場合、http://www.example.com/ にリダイレクトされます。
    • インストール後にダッシュボードで変更可能なので、悩む必要はありません。

例として、独自ドメイン example.com のドキュメントルートは /home/cp999999/public_html/example.com としています。WordPressのみ運用するなら、インストール先はそのまま (空欄) でも問題ないでしょう。もし、WordPress以外のCMS等を利用する予定があれば、 /public_html/example.com/wp とWordPress専用のディレクトリを割り当てておくと、後で困りません。

インストールディレクトリについては下記も参考にしてください。

バージョンとアップデート設定

インストールするWordPressのバージョンと言語を選択します。

  • バージョン
    • 推奨となっているバージョンを選択します。
  • 言語
    • Japaneseを選択します。
  • WordPress x.x.x EULA
    • 私は、使用許諾契約書に同意 をチェックします。

他のアップデートやバックアップに関する項目は、cPanelに装備されたWordPress専用の機能となります。インストール後に変更できるため、意味が分からない場合は初期設定でも大丈夫です。

WordPressの設定

  • 管理者ユーザー名、管理者パスワード
    • ダッシュボード (管理ツール) へのログインに利用します。
  • 管理者の電子メール
    • 自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知に利用されます。
  • ウェブサイトのタイトル
    • サイトのタイトルとして表示されます。
  • ウェブサイトのタグライン
    • キャッチフレーズのことです。標準のテーマであれば、タイトルの下に表示されます。
  • Two-Factor Authentication
    • モバイル端末による2段階認証に対応するプラグイン Clef がインストールされます。後からでもインストール可能です。
  • ログイン試行回数を制限する?
    • プラグイン Limit Login Attempts がインストールされます。後からでもインストール可能です。
  • マルチサイトを有効にしますか?
    • 後からでも変更可能です。理由がない限り いいえ (推奨) を選択します。

高度な設定

自動的に私のための高度な設定を管理します。 を選択しておくと、データベースの生成とWordPressとの関連づけが自動的に行われます。任意のデータベース名をつける必要がなければ、そのまま インストール をクリックします。

高度な設定では、データベース (MySQL)、電子メール通知、バックアップの設定が可能です。もし、データベースを予め用意しているのであれば、ここで設定を行います。

バックアップ機能

非常に便利なバックアップ機能を備えています。設定したスケジュールに従い、WordPressの全ファイルとデータベースのダンプをバックアップします。バックアップはアーカイブされ (.tar.gz) サーバーに保存されます。また、FTP等 (FTP / FTPS / SFTP / WebDAV / Dropbox) でバックアップファイルを転送することも可能です。

バックアップスケジュールとして、日毎、週毎、月毎を設定できます。

インストール完了

インストールが完了しました。example.com/wp/wp-admin/ をクリックすると、ダッシュボード (WordPressの管理ツール) に自動ログインします。

関連記事