GMOインターネット Z.comのデータセンターを探してみよう

Z.comはレンタルサーバーとしては珍しく、リージョンを選択することができます。リージョンとして 東京、アメリカ、シンガポール から自由に選択可能です。国内のユーザー (訪問者) を対象としたWebサイトを運営するなら、国外のサーバーを選択する必要はないでしょう。遅延を含むネットワーク速度など、国外サーバーのメリットはありません。

今回は東京リージョンを対象に調査してみます。公式サイトに 東京 と明記されているので調べる必要もありませんが、何か面白い情報が得られるかもしれません。

Z.comへの経路探索

hostingstock.netで契約しているサーバーに対して、家庭用回線 (k-Opticom) から経路探索 (traceroute or tracepath) を実行します。

No. ASN 組織名 ドメイン/IP IP
1 AS17511 K-Opticom Corp. *.*.*.* (*.*.*.*)
7 AS17511 60.56.5.130 (60.56.5.130)
8 AS7527 JPIX/Japan Internet Exchange Co., Ltd. as7506.ix.jpix.ad.jp (210.171.224.65)
9 N/A GMO Internet, Inc. 133.130.12.34 (133.130.12.34)
10 N/A 133.130.12.66 (133.130.12.66)
11 AS7506 INTERQ/GMO Internet,Inc c-5en-a11-1-v-711.interq.or.jp (157.7.41.126)
12 AS7506 ***.tyo1.cloud.z.com (*.*.*.*)
ASN
ASN (Autonomous System number)。AS番号と呼ばれ、ネットワークを管理する組織を示します。

JPIXを経由しているので、おそらく東京へ移動していることが分かる程度でしょうか。

これだけでは何とも言えないので、他のネットワークを利用してみましょう。

XServerからの経路探索

hostingstock.netで契約しているエックスサーバー (大阪) から経路探索を実行します。

No. ASN 組織名 ドメイン/IP IP
1 N/A XSERVER Inc. ***.xserver.jp (*.*.*.*)
3 AS9371 SAKURA-C (OSAKA) / SAKURA Internet Inc. osnrt102b-nrt127c.bb.sakura.ad.jp (157.17.150.89)
5 AS9371 oshrt3-hrt1s-2.bb.sakura.ad.jp (157.17.146.133)
6 AS9370 SAKURA-B (TOKYO) / SAKURA Internet Inc. tkcrt2-oshrt3.bb.sakura.ad.jp (157.17.131.237)
8 AS9370 tkert1-ort3.bb.sakura.ad.jp (157.17.130.114)
9 AS7506 Equinix Japan 7506.tyo.equinix.com (203.190.230.99)
11 AS7506 INTERQ/GMO Internet,Inc c-5en-a11-1-v-711.interq.or.jp (157.7.41.126)
12 AS7506 ***.tyo1.cloud.z.com (*.*.*.*)

tracepathの結果を確認すると、大阪から東京にパケットが流れていることが分かります。当然の結果ですが、Z.comは東京にあるデータセンターを利用しているようです。

他のレンタルサーバーと比較してみよう

これらの結果を眺めていると、似ているレンタルサーバーがあることに気づきました。例えば、COREPRESS CloudやWP Cloud、 ロリポップ!なども、経路探索を実行すると同じような結果となります。特にWP Cloudはすでに新規申込みが終了しており、代替サービスがZ.comのWordPressサーバーとなっています。サービス内容もほとんど同じなので、もしかしたら名称だけ変更してデータセンター (環境) はそのままなのかもしれませんね。

あくまでも推測ですが、ロリポップ!などはビットアイル(Bit-isle)の品川データセンターにあるようなので、Z.comも同じ可能性があります。

関連記事