GMOインターネット Z.comのレンタルサーバーを利用してみよう

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

GMOインターネット株式会社が運営する、世界展開を目的としたサービス Z.com を利用してみました。 Z.com はサービス名ですが、その名の通りドメイン名でもあります。ローマ字1文字のドメインは、6個 (gTLD) しか存在せず非常に貴重なものです。Z.comは2014年11月に 8億円 で取得されたことが話題になりました。高額なドメインはいくつもありますが、さすがに8億円は桁外れです。

話がそれましたが、Z.comのサービスはお試し期間がないため、使い勝手を確かめるには実際に契約するしかありません。お試し期間がないのは残念ですが、初期費用は不要となっており、1時間単位で利用できます。安いプランであれば1日 (0.5円×24時間) で12円しかかかりません。じっくりと1週間ほど利用してもたいした金額ではないでしょう。ただし、初回利用時は最低 500円 のチャージ (前払い) が必要です。

ここでは共用レンタルサーバーの利用方法を紹介しますが、WordPressサーバーやCloudサーバーも同様の手続きで利用できます。

Z.comのアカウントを作成する

レンタルサーバーを利用するには、Z.comのアカウントが必要です。このアカウント一つで、レンタルサーバー以外のサービスも利用することができます。

それでは、アカウントを作成してみましょう。利用可能なメールアドレスがあればアカウントを作成できます。

  • Z.comの公式サイトに移動します。
  • 画面右上の新規登録 をクリックします。
  • 新規登録画面が表示されます。
  • メールアドレスパスワード を入力します。
    • どちらもアカウント作成後に変更可能です。
  • 新規登録 をクリックします。

登録時の確認画面はありません。メールアドレスが正しければ、すぐに Z.com ご登録ありがとうございます というメールが届きます。メールには自動的に割り当てられたZ.comの アカウントID が記載されています。このアカウントIDをサービスで利用することはありませんが、サポートを受けるときに必要となるのでメモに控えておきましょう。

この段階でアカウントが作成されており、コントロールパネルにログイン可能となります。それでは、ユーザー情報の登録に進みましょう。

  • ユーザー情報を登録する画面が表示されます。
    • 他にも、ログイン情報ソーシャルログイン設定表示設定などがありますが、まだ操作する必要はありません。
  • 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号など、 必須 となっている箇所を入力します。

ここで重要となるのは、電話番号 です。保存をクリックすると本人確認のために 電話認証 が行われます。認証方法は以下の2種類です。

電話認証
認証用の音声発信が行われます。
SMS
認証番号 (認証コード) を記載したメッセージが送信されます。

スマートフォンやフィーチャーフォンであればSMSで良いでしょう。SMSを利用できない固定電話であれば、電話認証を利用します。

ここではSMSについて説明します。

  • SMS認証 を選択します。
  • 電話番号が正しければ、送信をクリックします。
  • すぐに4桁の認証コードが記載された、以下のようなメッセージが届きます。
    • SMS AuthorizationNumber 9999
  • 認証コードを入力して、送信をクリックします。

これで、Z.comのアカウントを作成する作業は終了です。次は、レンタルサーバーを利用してみましょう。

共用サーバー (レンタルサーバー) を利用する

Z.comのコントロールパネルにログインします。もし、アカウント作成から継続して作業を行うなら、ログイン済みなので、そのまま手続きが行えます。

上部メニューの 共用サーバー をクリックします。すると、 「最低500円のチャージが必要です」 と表示されます。無料のお試し期間がないので、支払い方法を設定する必要があります。

支払い方法の設定

Z.comでは クレジットカードチャージ方式 の2種類の支払い方法が選択できます。クレジットカードはカード情報を登録して、そのカードにより自動的に支払いが行われます。チャージ方式は、いわゆるプリペイド(前払い式)タイプとなっており、Z.comに予め入金しておくことで、各種サービスに利用できます。

チャージ方式には、以下の支払い方法を選択できます。

クレジットカード
MasterCard / VISA / JCB / DISCOVER
銀行決済 (ペイジー)
インターネットバンキング、ATM
コンビニ
ローソン / ファミリーマート / サークルKサンクス / ミニストップ / デイリーヤマザキ / スリーエフ / セイコーマート
その他
PayPal、Alipay

すぐに利用するなら、即座に入金確認のできるクレジットカードまたはPayPalを選択すると良いでしょう。

メモ
初回は最低 500円 のチャージが必要です。
  • メニューの 支払設定 をクリックします。
  • 支払方法の Z.comチャージ をクリックします。
  • チャージ をクリックします。
  • 選択したチャージ方法により、画面が切り替わります。特に理由はありませんが、ここでは ペイパル を選択します。他の支払い方法であっても、Z.com独自の手続きはないので、好みの支払い方法を選択してください。
  • ここでは最低条件の500円とします。
    • いつでもチャージできるので、手数料不要の支払い方法であれば金額に悩む必要はありません。本格的に利用するわけでなければ、少額にとどめておくと無駄がなくて良いかもしませんね。
  • PayPal を選択し、PayPalへ をクリックします。
  • PayPalの手続き画面に移動します。普段通りに手続きを行います。
  • PayPalの手続きを終えると、すぐに反映されます。

契約に必要な額をチャージしたので、サーバーの設定を行ってみましょう。

サーバーの設定

  • 再び、上部メニューにある 共用サーバー をクリックします。
  • 共用サーバーリスト が表示されます。
    • 契約中 (稼働中) のサーバー一覧が表示されます。
  • サーバーを追加 (契約) するために、+サーバー をクリックします。

以下の説明を参考に、サーバーの仕様を選択します。

設定を行ったら 追加 をクリックします。確認画面はなく、すぐにサーバーが準備され稼働します。設定を間違えないように気をつけましょう。

  • プラン
    • リージョン
      • 少し語弊はありますが、サーバーのある場所です。国内のユーザー (訪問者) を対象としたWebサイトを運営するなら 東京 を選択します。ネットワーク速度を考慮すれば、海外リージョンを選択する必要はありません。
      • 申込み後に変更はできません。
    • プラン
      • 希望するプランを選択します。申込み後の変更が可能です。
  • cPanel (コントロールパネル)
    • ドメイン名
      • Z.comの提供するサービスドメイン (webstarterz.comのサブドメイン) です。独自ドメインがなくとも、とりあえずこのドメインでWebサイトの動作確認が行えます。もちろん、普通にWebサイトの運営にも利用できますが、今後Z.comから他のレンタルサーバーへ移行する場合、このドメインは利用できなくなります。
      • 例では example としていますが、(登録済みでない) 任意の文字列を設定可能です。
    • パスワード
      • サーバーのコントロールパネル (cPanel) へのログインに利用します。忘れないようにメモを残しておきましょう。
  • オプション
    • ネームタグ
      • 管理者 (あなた) がサーバーを識別するための名称を自由に設定できます。サーバー一覧の表示に利用されるので、複数のサーバーを契約する際に役立つでしょう。
      • ここでは zeta-20160201 としてます。後から変更可能です。
    • 固定IPアドレス (有料)
      • 固定IPアドレスを利用できます。後からでも設定可能なので、意味が分からない場合は OFF のままにしておきましょう。
    • DNS自動設定
      • 理由がない限り ON のままにしておきます。cPanelで設定したWebサーバー、メールサーバーなどのDNSレコードがZ.comのネームサーバーに自動設定されます。
  • 登録したサーバーのステータスが 構築中 となり、数分も経たないうちに 稼働中 となります。
  • ネームタグ (この説明ではzeta-20160201) をクリックすると、サーバー情報を確認することができます。
  • サーバー情報が表示されます。
  • サーバーを管理するコントロールパネル (cPanel) へのリンクがあります。
    • cPanelのパスワードを設定していますが、Z.comのコントロールパネルからアクセスする場合はログイン作業は不要です。

それでは、 cPanel Login をクリックして、サーバー管理画面を確認してみましょう。

cPanelの日本語化

  • 初期設定は英語表記なので、必要に応じて日本語に変更します。
  • ユーザーメニューにある Change Language を選択します。
  • メニューから Japanese (日本語) を選択します。

日本語表記に変更されました。

すでにさきほど設定したドメイン (ここではexample.webstarterz.com) でWebサイトにアクセスすることが可能ですが、アクセスしても何も表示されません。

まずは、cPanelでFTPアカウントを作成して、ファイルを転送する等いろいろと試してみると良いでしょう。残念ながらZ.comはサービス開始間もないためマニュアルが充実していません。しかし、cPanelは非常に汎用的なコントロールパネルであり、多くのレンタルサーバーで採用されています。日本語での情報も豊富なので、困ることは少ないでしょう。

cPanelのカスタマイズ

おまけ的な機能ですが、cPanelのデザインを変更することができます。デフォルトはZ.comオリジナル (Basicベース) のデザインで表示されます。他に RetroBasic があります。Retroは名前の通り、旧バージョンのデザインでしょう。Basicは現在の標準デザインであり、レスポンシブ対応など、画面の小さなスマートフォンでも利用しやすくなっています。

関連記事