JETBOYレンタルサーバーに簡単インストール機能でWordPressをインストールする方法

JETBOYレンタルサーバーにWordPressをインストールする手順を説明します。ここではcPanelに用意された簡単インストール機能を利用します。この機能を利用することでデータベースの設定などが不要となり、初心者でも簡単にWordPressを使い始めることができます。

何かしらの特別な設定が不要であれば、このインストール機能を利用すると良いでしょう。手動でインストールする場合は下記を参考にしてください。

独自ドメインを利用する場合

example.comのような好みのドメインを利用する場合、予め登録しておく必要があります。ドメインの登録方法は下記を参考にしてください。

WordPressのインストール

  • cPanel (コントロールパネル) にログインします。
  • ソフトウェアにある サイト ソフトウェア をクリックします。
  • WordPress をクリックします。

インストール情報の設定

WordPressのインストールに必要な下記の情報を入力します。

  • 管理ユーザー
    • WordPress管理者のユーザー名。ダッシュボードへのログインに利用します。
  • Admin Pass/Admin Password (Again)
    • WordPress管理者のパスワード。ダッシュボードへのログインに利用します。
  • 電子メール
    • WordPress管理者のメールアドレス。WordPressの自動更新や、ブログにコメントがあったとき等の通知に利用されます。
  • Installation URL
    • インストールするドメインとディレクトリを選択します。ここでは http://example.com/wp とします。
    • 後述する「ドメインとインストールディレクトリ」を参考にしてください。
  • Blog name
    • 「サイトのタイトル」として利用されます。
  • Blog description
    • 「キャッチフレーズ」として利用されます。標準のテーマであれば、「サイトのタイトル」の下部に表示されます。
  • Table Prefix
    • テーブル接頭辞のことです。意味が分からなければ初期値のままにしておきます。
  • MySQL DB
    • データベースを自動的に生成する場合、新しいデータベースの作成 を選択します。作成済みのデータベースがあれば、それを指定することも可能です。

ドメインとインストールディレクトリ

ドメイン example.com のドキュメントルートを /home/ServerID/public_html/example.com とした場合、上図のような関係となります。WordPressのみ利用するならドキュメントルートにインストールしても良いでしょう。もし他のアプリケーションも利用する予定があれば、http://example.com/wp として、WordPress専用のディレクトリを割り当てると後で困りません。

インストール完了

インストールが完了しました。

この例であれば、http://example.com/wp/wp-admin/ でダッシュボードにアクセスできます。

インストールされたWordPressの言語設定は英語になっています。これを日本語に変更します。

WordPressの日本語化

  • ダッシュボードにログインします。
  • メニューの Settings > General を選択します。
  • Site Language から 日本語 を選択します。
  • Save Changes をクリックします。

これで言語設定が日本語になります。

データベース情報について

インストール機能を利用すると、データベース名やユーザ情報が分からなくなります。単にWordPressを利用するだけなら意識する必要もありませんが、スクリプト等でデータベースにアクセスする際に必要となります。

自動生成されたデータベースの設定情報は、WordPressのインストールディレクトリにある wp-config.php で確認することができます。

関連記事