JETBOYのレスポンス性能を評価し、他のレンタルサーバーと比較しよう

JETBOYのサービスは国内に移行しました。新しい測定記事があります。

JETBOYは海外データセンターを採用するレンタルサーバーです。海外サーバーだからという訳ではありませんが、アダルトサイト (アダルトコンテンツ) にも対応しています。全てのプランでSSD搭載の高性能サーバー、高負荷に強いOSやNginx (Webサーバー) が採用されています。新しいサービスなので、既存のレンタルサーバーと比較すると全体的なスペックが優秀です。

レンタルサーバーは使いやすさや機能よりも安定性とレスポンス性能が重要です。いくら機能が充実していても、Webサイトが不安定であったり読み込みに時間がかかれば、訪問者はすぐに別のサイトへ移動してしまうでしょう。また、レスポンスの悪いサイトは検索エンジンの評価も低くなります。

それでは、JETBOYレンタルサーバーのレスポンス性能 (応答性能) を評価し、他のレンタルサーバーと比較してみましょう。

JETBOYのWebサーバー

JETBOYではキャッシュ機能を備える Nginx がフロントエンドに、Apache がバックエンドに採用されています。

キャッシュ機能について簡単に説明すると、一般的なレンタルサーバーで採用されている Apache であれば、ユーザーからリクエストを受けると、その都度PHPでWebページを生成してレスポンスを返します。もちろん必要に応じてデータベースへのアクセスも発生します。

JETBOYのサーバーでは、1回目のアクセスは同様の処理が発生しますが、処理結果(Webページ)をキャッシュし、2回目以降のアクセスにはそのキャッシュデータをレスポンスとして返します。PHP処理やデータベースへのアクセスが不要となるので、レスポンスが高速になります。

測定方法

家庭用回線に接続したサーバーから定期的にアクセスして、Webページの取得に要する時間を測定します。測定対象として動的ページ静的ページがあります。

動的ページ
WordPress によるサイト(PHP&データベース)
コンテンツは平均的なWebページの構成を採用 (HTTP Archiveの統計データより)
静的ページ
htmlファイルによるサイト
WordPressが生成したデータをhtmlファイル化

測定期間

測定期間は 7日間です。

測定と言っても一度きりでは意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果を出すことが (完全ではありませんが) 省けます。

一定期間測定することで、利用者数 (訪問者数) が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

家庭用回線からの測定となります。測定用サーバーは 測定専用 として測定以外の処理は行っていません。

家庭用回線の測定環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  動的ページ 静的ページ
有効測定数 (回) 4,032 4,031
Grubbs’ testによる除外割合 (回) 1.29% (52) 1.41% (57)
Grubbs’ testによる閾値 6.09秒 5.97秒
エラーの割合 (回) 0.00% (0) 0.00% (0)
3秒以上の割合 (回) 98.71% (3980) 98.59% (3974)
中央値 (秒) 4.53秒 4.22秒
平均値 (秒) 4.56秒 4.24秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.31秒 0.34秒

有効測定数はエラーを省いた回数を示します。測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態 (混雑具合) が変動するため、集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定Grubbs’ test (α=0.001) により省いています。生データ (未加工データ) の測定結果は最後に掲載しています。

JETBOYレンタルサーバーの評価

様々な調査結果により3秒という時間がキーワードとなります。

コンテンツが表示されるまでに3秒を超えてしまうと、

  • 訪問者の40%がサイトから離脱 (データによっては57%)
    • 訪問者の47%は2秒以内の読み込みを希望
  • 訪問者の79%は、そのサイトを再訪しない

レスポンス性能の影響は様々です。

  • 1秒遅くなると、ページビュー11%減、コンバージョン率7%減、顧客満足16%減
  • 10万ドル/日を売り上げるサイトであれば、1秒の遅れで250万ドル/年の損失
    • Amazonであれば1秒の遅れで、16億ドルの機会損失
  • モバイル環境 (スマートフォンなど) ではネットワーク環境が貧弱なこともあり、より厳しい評価となります
参考
How Loading Time Affects Your Bottom Line
The Cost of Poor Web Performance – INFOGRAPHIC

快適なWebサイトの条件は、 「最低でも3秒以内」 「理想は2秒以内」 のレスポンスとなります。それを越えてしまうと、どうしても必要な情報がない限り目に触れる機会すらなくなります。


JETOBYレンタルサーバーは「海外サーバーの中では」という条件がつきますが、非常に優秀な結果となりました。hostingstock.netでは、他にも海外サーバーを採用するレンタルサーバーを測定していますが、ここまで安定したサービスはありません。

エラーや時間帯による変動がほとんどなく、特にばらつきは国内サーバーと比較しても非常に小さく、いつでも安定したレスポンス性能を維持していることが分かります。

動的ページと静的ページの差はPHPとデータベースの処理時間の差となります。比較してみると非常に差が小さく安定しており、WordPressのようなCMSによる安定したサイト運営が可能でしょう。

国内サーバーと比較すると、物理的距離によるネットワーク遅延があり、どうしてもレスポンス時間は劣ってしまいます。この点を理解していれば、十二分な性能があることが分かります。また、簡単に契約できるアダルトサイト対応の海外サーバーの中では文句のない性能です。

もし、アダルトコンテンツを中心としたサイト運営であれば、冒頭で紹介した「3秒以内」もあまり関係ないでしょう (理由を書く必要ないですよね)。一般的なコンテンツであれば、国内のサービスがコストパフォーマンスも良く、あえてJETBOYを選択する必要はありません。

ばらつき (標準偏差)
統計的な話ですが、アクセスの 約68%平均値 ± ばらつき に、 約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほどレスポンスが安定しているといえます。

フレンドサーバー、FUTOKA、KAGOYAとの比較

動的ページ (WordPress) の比較となります。グラフのX軸は7日間を4時間毎に区切ったものです。つまり、7×(24÷4)=42 となります。また、色の付いている部分は夜間(18:00~02:00)を示しています。

比較データについて
各レンタルサーバーで条件をそろえるために、集計期間が少し異なる場合があります。
  JETBOY フレンドサーバー FUTOKA KAGOYA
有効測定数 (回) 4,032 3,136 4,032 4,032
除外割合 (回) 1.29% (52) 0.00% (0) 2.01% (81) 0.25% (10)
閾値 6.085 40.897 2.095 2.232
エラーの割合 (回) 0.00% (0) 28.57% (896) 0.00% (0) 0.00% (0)
3秒以上の割合 (回) 100.00% (4032) 100.00% (3136) 1.09% (44) 0.12% (5)
中央値 (秒) 4.53 7.30 0.77 0.46
平均値 (秒) 4.56 10.21 0.81 0.62
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.31 7.38 0.26 0.33

ここでは他のアダルトサイト対応レンタルサーバーである、フレンドサーバー、FUTOKA (フトカ)、KAGOYA (カゴヤ) と比較してみましょう。フレンドサーバーは海外サーバー、FUTOKAとKAGOYAは国内サーバーです。一般的にアダルトコンテンツの許容範囲は 海外サーバー > 国内サーバー です。とは言え、Webサイトの運営者 (管理者) が国内にいれば、いくらコンテンツが海外にあったとしても、運営者には国内の法律が適用されます。海外サーバーだからと言って何でもOKという訳ではありません。しかし、海外サーバーであれば、レンタルサーバー事業者の判断でコンテンツが削除されるようなトラブルが発生する可能性は低いでしょう。

比較結果を見れば一目瞭然ですが、国内サーバーには全く及びません。ネットワークの物理的距離があるため比較してもあまり意味がありません。そもそも、FUTOKAとKAGOYAは国内レンタルサーバーの中でも上位の性能があります。もし、レスポンス重視のサイトを運営するならFUTOKAかKAGOYAがよいでしょう。

フレンドサーバーと比較すると、JETBOYの優秀さがわかります。フレンドサーバーはレスポンスの問題もありますが、PHPやデータベースを利用した際にエラーが発生しやすく、安定していないようです。とは言え、フレンドサーバーのランニングコストは安価なので、スクリプトやデータベースを必要としない静的サイトの運営であれば十分な性能があります。もし、PHPやデータベースが必要であれば、少し高くてもJETBOYを選択しておくと後悔しないでしょう。

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

hostingstock.netで測定済みのレンタルサーバーとの比較です。他のレンタルサーバーと比較すると劣るように見えますが、海外サーバーであることを考慮する必要があります。海外サーバーとしてはばらつきが小さく、非常に優秀な結果です。

Grubbs’ test
棄却検定により異常値を除外しています。一時的なネットワークやサーバーの高負荷状態による異常値 (外れ値) を省きます。棄却検定を適用していないデータと比較して、良い結果となる傾向があります。

測定結果 (未加工データ)

  動的ページ 静的ページ
3秒以上の割合 (回) 100.00% (4032) 100.00% (4031)
中央値 (秒) 4.53秒 4.22秒
平均値 (秒) 4.60秒 4.29秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.46秒 0.52秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス (プラン) に対して多数のサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。

関連記事