KAGOYAのレンタルサーバーはアダルトコンテンツを許可しているのか?

アダルトコンテンツを許可している大手のレンタルサーバーとして、よく目にするのがKAGOYAFC2です。

ただ、KAGOYAについては公式サイトに明記されているわけではありません。いろいろなレンタルサーバー系のサイトを見ても具体的な根拠が見当たりません。中には「最近は厳しくなってきている」という意見もあります。

サポートに問い合わせてみました

それにしてもKAGOYAのサポートは対応が早いですね。午前中に問い合わせましたが、1時間ほどで返事がありました。早くてちょっと驚きですが、よくありそうな質問なのでテンプレート的な回答があるのかもしれません。

回答を掲載するのは問題がありますので、簡単にまとめます。

禁止ではないけど積極的に許可はしていない

回答を読むと「許可している」という表現は見当たりません。「規約を守るならアダルトでも何でも問題ありません。」という感じでしょうか。他のレンタルサーバーだと規約でアダルトを禁止していることも多いので、そういう意味では制限の緩やかなレンタルサーバーといえます。

具体的な禁止事項

以下のルールに違反しなければ、アダルトサイトも運営可能です。

(5) わいせつ、児童ポルノもしくは児童虐待に相当する画像、映像、音声もしくは文書等を送信または表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示または送信する行為。

KAGOYA Internet Routing / 利用規約 第11条(禁止事項)

具体的な内容は以下のページが参考になります。

わいせつ性の判断基準につきましては、一般的な書店に流通している書籍や、大手レンタルビデオショップなどで流通している作品をひとつの目安とお考えください。

違法・有害情報への KAGOYA Internet Routing の取り組み

回答としては、積極的に許可しているわけではないので、ルールを守って運営してくださいという感じです。

ただし、同じKAGOYAでも、カゴヤ・クラウド/VPS、マネージドクラウド for WEBはアダルト系コンテンツは禁止とのこと。

(5)アダルト系コンテンツ及びそれに関連するサイト、又これらを助長するコンテンツやそれに関連するリンク

カゴヤ・クラウド/VPS / 利用規約 第27条(利用者の禁止行為

最後に一言「事前にコンテンツの判断や審査はしておりません」とありました。

他のアダルト対応レンタルサーバー

FC2はアダルトプランと明記するほどで、違法なものでなければアダルトサイトの運営が可能です。

関連記事