カゴヤに独自ドメイン対応のWordPressをインストールする方法

カゴヤ(KAGOYA)のレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法を紹介します。

初心者には難しい独自ドメインの設定についても分かりやすく解説しています。KAGOYAには「簡単インストール」と呼ばれる機能が備わっていますが、インストールファイルの配備を補助するだけであり、データベースの作成などはユーザー自身で行う必要があります。

簡単インストールのWordPressはバージョンがやや古く、さらに作業の手間は手動インストールとあまり変わりません。そのため、ここでは手動でのインストール方法についても解説しています。

独自ドメインの設定

独自ドメインでWordPressサイトを運営するなら、予めドメインを設定しておく必要があります。下記を参考にカゴヤとレジストラ(ドメイン事業者)でドメインの設定作業を行ってください。

簡単インストール機能を利用する

インストール前にデータベースの設定が必要です。この段階で「簡単」とは言えませんね。

データベースの初期化

契約後、データベース機能は無効となっているため、有効(初期化)にする必要があります。

  • コントロールパネルにログインします。
  • サイドメニューのシステムにある「データベース」を選択します。
  • 上部メニューの「MySQL」を選択します。
  • 下記の説明を元に「外部接続」を許可するかどうかを選択します。
  • 「ご利用料金についての〜」をチェックします。
  • 「利用開始」をクリックします。
外部接続が可能
ウェブサーバーからの接続が自動的に許可されます。
許可したIPアドレスからのアクセスが可能となります。外部サーバーとの連携やMySQLクライアントでの操作が可能となります。
予め導入されているphpMyAdminを利用できます。
外部接続が不可能
ウェブサーバーからのみの接続に限定されます。
バックアップサービスが利用できなくなります。
phpMyAdminを手動でインストールする必要があります。

外部接続の設定は再設定できますが、データベースを全て削除する必要があります。ウェブサイトの運用後にデータベースを削除することは難しいため、初回設定は重要となります。

外部から完全に隔離したいという セキュリティ重視 であれば、外部接続を不可とします。ただし、IPアドレスによるアクセス制限が機能するため、利便性を考えての「許可」をおすすめします。

データベース容量の割り当て

カゴヤはデータベースの制限がデータベース数ではなく、データベース容量(ディスク容量)となっています。

プラン S10 S20 S30
MySQLとPostgreSQLの合算 オプション 10GB 20GB

データベース容量はMySQLとPostgreSQLとの合算になります。PostgreSQLが不要であれば、MySQLに全て割り当てても問題ありません。この設定は後からでも変更可能です。

  • 先ほどの続きです。「DB容量」を選択します。
  • 「最大容量」に必要な容量を入力します。ここでは「5GB」としています。
    • 標準容量を超えるとオプション対応(1GB 756円/月)となります。
  • 「変更」をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。
  • 「最大容量変更に〜」をチェックします。
  • 「変更」をクリックします。

これでデータベースの初期設定が終わりました。

データベースの追加

それではWordPress用のデータベースを追加しましょう。

  • 「DB追加」を選択します。
  • 「データベース名」を入力します。
    • データベース名は「アカウント名_任意の文字列」となります。ここでは「アカウント名_wp」とします。
  • 「文字照合順序」は特別な理由のない限り「utf8_general_ci」のままにしておきます。
  • 「パスワード」を入力します。WordPressのインストール時に必要となるので、メモに残しておきましょう
  • 「データベース追加」をクリックします。
メモ
カゴヤは一つのデータベースユーザーで全てのデータベースにアクセスする仕様となっています。パスワードの設定は初回のみであり、2個目以降のパスワード設定は不要です。
パスワードの変更は可能ですが、データベースを利用する全てのウェブサイト(ウェブアプリケーション)の設定変更が必要となります。変更が必要とならないように、できるだけ強固なパスワードを設定しましょう。

データベースが追加されました。「DBサーバー名」「DBユーザー名」「データベース名」と先ほど設定したパスワードが、WordPressのインストール時に必要となります。

WordPressのインストール

  • コントロールパネルに移動します。
  • サイドメニューの簡単インストールにある「CMS」を選択します。
  • 上部メニューの「WordPress」を選択します。
  • 「確認」の「ライセンス条項に〜」と「インストール上の〜」をチェックします。
  • 「ディレクトリ」でWordPresshのインストールディレクトリを決定します。
  • 「インストール」をクリックします。

これで簡単インストール機能によるWordPressの導入が完了しました。と言っても、単純にWordPressのインストールファイルをディレクトリに配備しただけであり、ここから通常のインストール作業が始まります。これ以降の作業はカゴヤでも他のサービスでも同じです。

WordPressへアクセスするためのURLを見ると、URLが初期ドメインとなっていることが分かります。

初期ドメイン
契約時に発行されるドメイン。セレクトドメインとも呼びます。
アカウント名.kir.jp

このままアクセスすると「初期ドメイン」でWordPressの設定が実行されるます。ここでは独自ドメイン「example.com」での設定方法を説明します。

  • ウェブブラウザで http://example.com/wp または http://example.com/wp/wp-admin/setup-config.php へアクセスします。
    • もし、 インストールディレクトリ = /public_html/example.com とした場合は、 http://example.com/ にアクセスします。
  • この画面が表示されたら、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベース情報を入力します。

  • 「データベース名」「ユーザー名(DBユーザー名)」「パスワード」「データベースのホスト名(DBサーバー名)」は、データベース作成時にメモした内容を入力します。
  • 「テーブル接頭辞」は特別な理由がなければ初期設定の wp_ のままで構いません。
    • テーブル接頭辞については この記事 を参考にしてください。
  • 正しく入力できたら「送信」をクリックします。
  • この画面が表示されれば、データベースと正しく接続されたことになります。
  • 「インストール実行」をクリックします。

WordPressのサイト情報と管理者アカウントを登録します。下記を参考に入力してください。

項目 説明
サイトのタイトル ウェブサイトのタイトルとして表示されます。ダッシュボードでの「サイトのタイトル」に利用されます。
ユーザー名・パスワード 管理者アカウントとなります。ダッシュボード(WordPressの管理ツール)へのログインに必要な情報なので、メモを残しておきましょう。
メールアドレス 管理者のアドレス以外に、コメント、トラックバック、ピンバック、アップデートなどの通知にも利用されます。パスワードを忘れた際の手続きにも利用するので、有効なアドレスを入力します。
検索エンジンでの表示 チェックすると検索エンジンのクローリング 対象外 となります。テストサイトなど公開したくない場合はチェックします。ただし、チェックしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

間違いがなければ「WordPressをインストール」をクリックします。

メモ
全ての項目をインストール後にダッシュボードで変更可能です。
  • インストールが完了しました。
  • 「ログイン」をクリックすると、ダッシュボードのログイン画面へ移動します。
  • 設定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

この記事ではWordPressを /public_html/example.com/wp にインストールしています。そのためウェブサイトを開くには http://example.com/wp/ へアクセスする必要があります。http://example.com/ でトップページを開くためには、下記を参考にWordPressの設定を変更してください。

手動でインストールする方法

簡単インストールが補助するのはインストールファイルの配備のみです。ここさえユーザー自身で行えば、他の手順は同じです。

インストールファイルの配備

ここでは独自ドメイン「example.com」にWordPressをインストールします。インストールディレクトリとドメイン(URL)の関係は以下の様になります。

「example.com」のドキュメントルートは「~/public_html/example.com」となっています。これはユーザーにより異なる可能性があります。

ドキュメントルート直下「/example.com」ではなく、WordPress専用ディレクトリ「/example.com/wp」にインストールします。Zipファイルを展開すると wordpress という名称のフォルダが生成されるため、wp に変更して、「/example.com」にアップロードします。正しくアップロードされると図のような構成となります。

インストールディレクトリは慎重に決定しましょう。後から変更することも可能ですが、サイトの作りによってはデータベースやコンテンツの大幅な修正が必要となります。

WordPressはファイル数が多く、展開してからアップロードすると非常に時間がかかります。PHPの知識があるならサーバー側でダウンロードと展開を行うスクリプトを作成すると効率的です。時間に余裕があるなら展開後にアップロードしても問題ありません。

データベースの作成とWordPressのインストール

データベースの作成は「簡単インストール」で説明した作業と同じです。

データベースを作成したら、ウェブブラウザで「http://example.com/wp/」へアクセスします。これ以降の作業も簡単インストールで説明した内容と同じです。

初期ドメインの無効化

初期ドメインのドキュメントルートが「/public_html」となっているため、「http://初期ドメイン/example.com/wp」としてもWordPressにアクセスできてしまいます。特に問題があるわけでもありませんが、初期ドメインを無効にすることもできます。

ただし、初期ドメインを無効にするとFTPサーバーなどのアドレスも変更する必要があります。

関連記事