ロリポップの初期ドメインで運用しているWordPressを独自メインに変更する方法

ロリポップでは初期ドメインを利用できるため、独自ドメインを持たなくてもサイト運営が可能です。初めのうちは初期ドメインでWordPressを運用しても、しばらくすると独自ドメインに変更したくなることもあるでしょう。

最初から独自ドメインで運用していた場合と比較して、初期ドメインから独自ドメインへ変更するのは少し面倒です。ここでは、初期ドメインで運用していたWordPressを独自ドメインへ移行する方法から、注意すべきポイントまでをまとめています。

初期ドメイン
ロリポップの契約時に設定するドメインです。例えば、example.lolipop.jpexample.main.jp など、ロリポップ!が保有する 約100個 のドメインのサブドメインを利用できます。

WordPressのインストール状況

ここでは以下の様にWordPressが導入されていることを前提とします。インストールディレクトリが異なる場合は、適宜置き換えてください。おそらく、公開ディレクトリ (ドキュメントルート) に直接インストールすることは稀だと思うので、サブディレクトリにインストールしていることにします。

各設定は以下の通りです。自分の環境に置き換えてください。

設定  
初期ドメイン example.lolipop.jp
初期ドメインのWP インストールディレクトリ /wp
初期ドメインのWP URL http://example.lolipop.jp/wp/
変更後の独自ドメイン example.com
変更後のWP URL http://example.com/

独自ドメインの設定

サーバーの設定を行う前に、独自ドメインの設定を変更しておきましょう。利用する独自ドメイン (example.com) がロリポップのサーバーへアクセスされるように設定します。

独自ドメインの設定変更はインターネット (DNSサーバー) に反映されるまで少し時間がかかります。前もって済ませておけば、サーバーやWordPressでの作業が終わる頃には、ドメイン設定が反映されているためスムーズに動作確認ができます。

ここでは、ムームードメイン、スタードメイン、バリュードメイン、お名前.comの手続きについて説明しますが、他のレジストラ&リセラー (以下、レジストラ) でも手続きは変わりません。

ムームードメインでのドメイン設定

ムームードメインはロリポップの姉妹サービスなので、他レジストラより簡単に設定ができます。

  1. ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの ネームサーバ設定変更 を選択します。
  3. 独自ドメイン (example.com) の ネームサーバ設定変更 をクリックします。
  1. ロリポップ!レンタルサーバー を選択します。
  2. ネームサーバ設定変更 をクリックします。

これで、ムームードメインでの手続きは完了です。ネームサーバーの設定が以下の通りになっていることを確認します。

ネームサーバ  
ネームサーバ1 uns01.lolipop.jp
ネームサーバ2 uns02.lolipop.jp

この情報 (ネームサーバのアドレス) はムームードメイン以外での設定に必要となります。

スタードメインでのドメイン設定

  1. スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの 管理ドメイン一覧 を選択します。
  3. ネームサーバの設定を変更したいドメイン (example.com) の ドメイン管理ツール をクリックします
  1. ネームサーバーの確認・変更 をクリックします。
  1. ロリポップ のネームサーバのアドレスを入力します。
  2. 確認画面 をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

バリュードメインでのドメイン設定

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの ドメイン を選択します。
  1. メニューの ドメインの設定操作 (登録済みドメイン一覧) を選択します。
  2. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ネームサーバー をクリックします。
  1. ロリポップ のネームサーバのアドレスを入力します。
  2. 保存する をクリックします。

これでバリュードメインの作業は終了です。

お名前.comでのドメイン設定

  1. お名前.comのコントロールパネルにログインします。
  2. ドメイン設定 タブを選択します。
  3. メニューの ネームサーバーの変更 をクリックします。
  4. ネームサーバの設定を変更したいドメインを選択します。
  5. 他のネームサーバーを利用 を選択します。
  6. ロリポップ のネームサーバのアドレスを入力します。
  7. 確認画面へ進む をクリックします。

これでお名前.comの作業は終了です。

ドメイン設定後の注意点

これらの設定で、独自ドメイン (例 example.com) でロリポップのサーバーにアクセスされるようになりますが、少しだけ注意があります。

  • DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
  • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

ロリポップ!サーバーの設定

それではロリポップ!で、独自ドメインを利用できるように設定します。

独自ドメインの設定により、ロリポップの (DNS) サーバーまではアクセスできるようになりました。ロリポップでは多くのサーバーが運用されており、これまでの設定だけではあなたのサーバー (そして、対応するディレクトリ) を特定できません。そこで、独自ドメインと対応するディレクトリを登録する必要があります。

  1. ロリポップ!のコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの独自ドメイン設定を選択します。
  3. 設定する独自ドメインに「example.com」を入力します。
  4. 公開フォルダに「wp」を入力します。
    • 初期ドメインで利用しているWordPressがインストールされているディレクトリを指定します。
  5. 「独自ドメインをチェックする」をクリックします。
  6. ムームードメインとそれ以外で表示される内容が異なりますが、気にする必要はありません。
    • ムームードメイン以外 (または未設定) の場合は、「あとでネームサーバーを設定する」をクリックします。
    • ムームードメインの場合は、「設定」をクリックします。
  7. 「戻る」をクリックします。

これで独自ドメイン「example.com」がサーバーに登録され、「example.com」に対応するディレクトリ (ドキュメントルート) が「wp」となりました。

現在の設定では、初期ドメイン「http://example.lolipop.jp/wp」と独自ドメイン「http://example.com」のアクセス先が同じです。

WordPressの設定

これまでの設定により、独自ドメイン (example.com) へアクセすると、初期ドメインで運用していたWordPressサイトが開きます。実際に「http://example.com/」へアクセスしてみましょう。

問題なく動作しているように見えます。しかし、他ページへのリンクを確認すると、初期ドメイン (example.lolipop.jp) を参照していることが分かります。ここを変更するには、WordPressでの設定が必要となります。

初期ドメイン のアドレスでWordPressのダッシュボードにアクセスします。これまでの説明であれば、ダッシュボードのURLは以下の様になります。

  • http://example.lolipop.jp/wp/wp-admin
  1. メニューの「設定」を選択して「一般設定」を表示します。
  2. 「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を独自ドメインに変更します。
    • 最後のスラッシュ (/) は不要です。
    • 変更前の両アドレスを正確にメモしておきしょう。トラブル時に必要となります。

特にWordPressアドレスの変更は慎重に行ってください。間違えるとサイトやダッシュボードにアクセス不能となります。しかし、間違ったとしても慌てる必要はありません。

もしトラブルが起きてサイトにアクセスできなくなった場合は、データベースを編集します。

  1. ロリポップのコントロールからデータベースにアクセスします。
    • phpMyAdminを利用します。
  2. 「wp_options」テーブルの「siteurl」と「home」を元の値に戻します。

これだけで、初期ドメインの状態に戻せます。

siteurl = WordPressアドレス
home = サイトアドレス

リダイレクトの設定

このままでも問題ありませんが、初期ドメインでも独自ドメインでも同じディレクトリ (WordPress) にアクセスできる状態となっています。もちろん、初期ドメインでのアクセスはほとんどの場合エラーとなるため、致命的な不都合はありません。

しかし、初期ドメインでの運用時に行われた他サイトからのリンクは無効となり、検索エンジンによる評価は別サイトと見なされるためリセットされます。

そこで、リダイレクト設定 (転送設定) を行い、初期ドメインへのアクセスを独自ドメインへ転送するための設定を行います。例えば以下の様なイメージです。

http://example.lolipop.jp/wp >自動転送> http://example.com/
http://example.lolipop.jp/wp/category >自動転送> http://example.com/category

WordPressのインストールディレクトリに.htaccessというファイルがあるので、それを編集します。

# ここから
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.lolipop\.jp [NC]
RewriteRule ^(.*) http://example.com/$1 [R=301,L]
# ここまでを追記

# BEGIN WordPress
省略
# END WordPress

ファイルの先頭に上記3行を追記してください。他の設定はそのままにしておきましょう。この設定で初期ドメインへのアクセスが全て独自ドメインへ転送されます。

注意
転送設定を間違うとサイトにアクセスできなくなります。意味が分からない場合は、他のサイトで学習するなり、利用していないドメインやディレクトリでテストしてから変更すると良いでしょう。
編集前に.htaccessファイルをコピー (バックアップ) しておくことをオススメします。

R=301 はリダイレクトの種別を示しており、恒久的な転送 (301) を意味します。この設定により検索エンジンへ「同じコンテンツですが、新しいドメインへ引っ越しました」ということを伝えることができます。つまり、検索エンジンによる評価を初期ドメインから引き継ぐことができます。

Chromeのリダイレクトキャッシュを無効にする方法

リダイレクトの設定を行う場合、ブラウザで動作確認をすると思います。しかし、ブラウザにはリダイレクトの設定をキャッシュする機能が備わっており、同じURLへアクセスする場合、キャッシュにある結果を利用します。つまり、いくらサーバー上でhtaccessを編集しても全く反映されなません。おかしいなと思ったらキャッシュを疑ってください。

各ブラウザには、キャッシュを一時的に無効にする機能が備わっています。例えば、下記はChromeの設定ですが、Firefoxにも同様の仕組みが存在しています。

  1. ウィンドウの右上にある をクリックしメニューを表示します。
  2. 「その他のツール」にある「デベロッパーツール」をクリックします。
  3. デベロッパーツールパネルの右上にある をクリックしてメニューを表示します。
  4. 「Settings」をクリックすると、設定パネルが表示されます。
  5. 「Disable cache (while DevTools is open) 」をチェックします。

これで、デベロッパーツールが表示されているタブのみキャッシュが無効化されます。デベロッパーツールが開いているときのみ有効となるので、理由がなければそのままにしておいても問題はありません。

関連記事