Lolipop!(ロリポップ!)にWordPressをインストールする

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

WordPressのインストール手順を説明します。基本的にはロリポップ!が用意しているマニュアル通りに進めるだけです。

WordPressをインストールする前に

運用方法により、いくつかの選択肢があります。

初期アドレスを利用する場合
ロリポップ!契約時に初期アドレスとしてユーザID.lolipop.jp(取得したドメインにより異なる)を取得できます。このアドレスを利用してWordPressを利用する場合、ドメインの設定は不要です。
  1. 自動インストール機能を利用します

データベースがない場合、自動的に作成されます。

独自ドメインを利用する場合
example.com等、保有する独自ドメインを利用する場合は、予めドメインを追加しておく必要があります。また、ムームードメイン以外で取得したドメインであれば、ネームサーバの設定も必要となります。
  1. ドメインを設定する。下記のページを参考にしてください。
  2. 自動インストール機能を利用します。

データベースがない場合、自動的に作成されます。

データベース名を自分で決めたい場合
自動インストールで作成すると、ランダムなデータベース名となります。データベースを操作する予定がないなら問題ありません。もし、複数のWordPress(ドメイン)を利用するつもりであれば、ドメイン名と紐付けた名前にしておくと、データベースを参照する時に分かりやすくなります。インストール前にデータベースを作成する必要があります。
  1. データベースを作成する
  2. 自動インストール機能を利用します

データベースを作成する

  1. 管理画面のメニュー「WEBツール > データベース」を選択します。
  1. データベース作成をクリックします。
  2. 作成するサーバーを選択します。どれを選択しても問題ありませんが、もし同じサーバに負荷を掛けるユーザがいた場合、レスポンスが悪くなる可能性があります。
  3. データベース名を入力します。ユーザー名-xxxとなり、xxxの部分を任意で決められます。ユーザ名はあらかじめ決められており固定です。
  4. パスワードを入力します。WordPressのインストールに必要となるので、メモをとっておきます。
  5. 試しに、phpMyAdminを利用してみます。

ユーザー名パスワードを入力して、サーバの選択でデータベース作成時に選択したサーバを選択します。下の画面が表示されれば登録した情報でデータベースを利用することができます。

WordPressをインストールする

基本的には、ロリポップ!のマニュアル通りにするだけで問題ありません。少し悩みそうな部分だけ説明します。

インストール先URL

図のように選択したドメイン(サブドメイン)に設定されているディレクトリにインストールされます。ロリポップ!のルートディレクトリは、”/home/users/0/lolipop.jp-ユーザID/web”となります(lolipop.jpはユーザにより異なります)。

インストールURLに何も入力しなければドメイン毎のルートディレクトリにWordPressのファイル群が展開されます。WordPressしか使わない予定であれば問題ありませんが、将来的に静的サイトと混在させたり、WordPressとは関係のないファイルを置いたりする場合、WordPressのファイルとそれらが混在してしまうので管理が面倒になります。特に、初期ドメインにインストールする場合は、ルートディレクトリに展開されてしまうので、注意が必要です。

そこで、WordPress用のディレクトリへのインストールをおすすめします。インストールURLにwpを追加してhttp://example.com/wpとします。このwpは他の文字列でも構いませんが、後からの変更は少し面倒なのでシンプルで分かりやすい名前にします。ここに入力した文字列で自動的にディレクトリが生成され、そこにWordPressがンストールされます。

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLを変更する

インストール時にサブディレクトリwpにインストールした場合、当然ですがhttp://example.com/にアクセスしてもWordPressにアクセスできません。正確には、http://example.com/wpとURLの最後にwpを付ける必要があります。

WordPressでブログを運営するのであれば、http://example.com/でトップページが開くようにしたくなります。ここでは、/wpを省略する方法を説明します。手順としては、WordPressの設定変更とFTPによるファイル編集の2つが必要です。

詳しい説明は公式サイトを確認してください。

WordPressの設定変更

  1. WordPressの管理画面にアクセスします。
    • 例:http://example.com/wp/wp-admin
  2. ログイン画面が表示されるので、インストール時に設定したユーザ名とパスワードを用いてログインします。
  3. 管理画面の設定 -> 一般設定を開きます。
  4. サイトアドレス(URL)からwpを削除します。
    • http://example.com/wp -> http://example.com
  5. 画面下部にある変更を保存をクリックします。

FTPによるファイル編集

FTPクライアントを利用すると簡単です。FTPクライアントを利用する場合、ロリポップ!にあるFTPソフトの設定方法を参考にして下さい。

  1. WordPressをインストールしたディレクトリwpを開きます。
  2. index.phpと.htaccess(存在すれば)をexample.comのルートディレクトリへコピーします。
  3. コピーしたルートディレクトリのindex.phpを編集して保存します。
修正前
require( dirname( __FILE__ ) . ‘./wp-blog-header.php’);
修正後
require( dirname( __FILE__ ) . ‘./wp/wp-blog-header.php’);

以上でhttp://example.com/にアクセスするとWordPressのトップページが開くようになります。もしアクセスできない場合はキャッシュが残っている場合があるので、ブラウザを何度か更新してみましょう。

http://example.com/wpへのアクセスに対応する

このままだとhttp://example.com/wp/にアクセスしてもhttp://example.com/と同じトップページが表示されてしまいます。WordPressのパーマリンクの設定を変更するか、.htaccessでリダイレクトさせることで対応できます。

WordPressのパーマリンク設定

一番簡単な対応方法です。

  1. WordPressの管理画面で設定->パーマリンク設定を開きます。
  2. デフォルトでは、http://example.com/?p=123となっているので、他のパーマリンクを設定します。
  3. http://example.com/wpへのアクセスが、Not foundとなります。

トップページにリダイレクトする

.htaccessファイルを作成(または修正)してhttp://example.com/wpへのアクセスをhttp://example.com/へリダイレクトさせます。

.htaceesファイルがなければルートディレクトリに作成します。もしWordPressの管理画面でパーマリンクを変更してるとすでに.htaccessファイルは作成されているはずです。.htaccessに下記のルールを追加します。

RewriteRule ^(wp/ wp)$ http://example.com/ [R=301,L]

または

RewriteRule ^(wp/ wp)$ / [R=301,L]

これで、http://example.com/wp/へのアクセスがhttp://example.com/へリダイレクトされます。

関連記事