ロリポップ!スタジオならWebブラウザだけで簡単に美しいホームページを作成できます

ロリポップ!に新しいオプション機能「ロリポップ!スタジオ」が追加されました。

  • ホームページを作成したいけど、HTML?CSS?JavaScript?PHP?って何?
  • ホームページ作成ソフトを購入したけど、それからどうすればいいの?
  • 見栄えの良いコンテンツにしたいけど、デザインセンスに自信がない⋯⋯
  • よく分からないけどスマートフォンやタブレットにも対応させたい

という、ホームページ運営初心者におすすめのオプションです。

ロリポップ!スタジオはデジタルステージ社のBiND Cloudをロリポップ!向けにカスタマイズしたものです。「じゃあBiND Cloudを使えばよいのでは?」と思うでしょう。もちろんホームページの公開だけなら本家(BiND Cloud)でも問題ありません。

しかし、BiND CloudはMySQLやPHPに非対応です。ロリポップ!ならWordPress等を利用しつつも、簡単なホームページは「ロリポップ!スタジオ」で作成するという、一つのサービス内での使い分けが可能となります。

ロリポップ!スタジオは難しいインストール作業が不要であり、Webブラウザだけで簡単に操作できます。50種類以上のテンプレート(デザインの雛形)が用意されているため、画像やテキストを置き換えるだけでも、美しいホームページが簡単にできあがります。もちろんホームページ形式だけでなく、ブログ形式のテンプレート(BiND Press対応)も用意されています。

ロリポップ!の全てがわかる
ロリポップ!のレビュー

利用条件など

ロリポップ!のオプションなので、レンタルサーバーの契約が必要です。すでにロリポップ!を利用していれば、手続きはオプション契約だけです。

  • 初回に限り10日間の無料お試し期間があります。
  • 利用料金は980円/月です。
  • 複数利用の場合は、1サイト(1ドメイン)ごとの契約が必要です。

オプション申し込みの前に

「example.com」などの独自ドメインで「ロリポップ!スタジオ」を利用するなら、あらかじめドメインを設定しておく必要があります。下記を参考にドメインを設定しましょう。

オプションの申し込み方法

  • コントロールパネルにログインします。
  • メニューにある「ホームページ作成」を選択します。
  • 「ロリポップ!スタジオ」を利用するドメインを選択します。
    • ここでは「example.com」を選択します。
  • 支払い方法を選択します。
    • ここでは「クレジットカード」を選択します。
  • 「お申込み内容確認画面へ」をクリックします。
  • クレジットカード情報を登録していない場合、この登録画面が表示されます。
  • カード情報を入力して「新規登録」をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。
  • 間違いがなければ「〜特約に同意します」をチェックします。
  • 「この内容で申し込む」をクリックします。

これでオプション(ロリポップ!スタジオ)の申し込み手続きは完了です。

初期設定からホームページ公開まで

ここではとりあえずホームページの公開までを説明します。コンテンツの編集等については別の記事を参考にしてください。

  • 「公開フォルダ」に表示されるディレクトリをメモに残しておきましょう。
    • ドメイン設定時に指定したドキュメントルートが表示されます。
  • 「ロリポップ!スタジオを起動する」をクリックします。
  • ロリポップ!スタジオが起動します。
  • 好みのテンプレート(デザインの雛形)をクリックします。
  • 一つのテンプレートに複数の色合い(ベースカラー)が用意されています。
  • 「このテンプレートを使用」をクリックします。
  • 「サイトを作成中⋯」と表示されるので、しばらく待ちます。
  • 「編集モードの選択」ダイアログが表示されます。
  • 初めてなら「スマートモード(簡易)」をおすすめします。
    • スマートモードからエディタモードへは変更できますが、反対は不可です。
  • 「スマート(簡易)」をクリックします。
  • 選択したテンプレートが表示されます。
    • 複数ページに対応する場合、左のリストから選択できます。
    • コンテンツを編集する場合、上部メニューの「ページを編集する」をクリックすることで編集モードに切り替わります。この記事では編集機能の説明は行いません。
  • 申し込み完了時に指示された設定を行いましょう。上部メニューの「サイト設定」をクリックします。
  • 「プロパティ設定」が表示されます。
  • 「サーバーディレクトリ」にメモしたディレクトリを入力します。
  • 「適用」をクリックします。

これで初期設定は完了です。テンプレートのままホームページを公開してみましょう。

  • 上部メニューの「サイトを公開」をクリックします。
  • 幾つかの確認ダイアログが表示されるので指示に従います。
    • とりあえず(今は)意味が分からなくても「はい」を選択しておきましょう。公開されてもテンプレートの内容なので、個人情報が含まれることはありません。
  • 最後の「Webフォントを設定したサイトをアップロードしました。」が表示されると、公開(アップロード)が完了したことになります。
  • 「アップロードされたサイトを見る」をクリックします。

テンプレートのままですが、編集画面の見た目通りのホームページが公開されていることを確認できます。

これでオプションの申し込みからサイトの公開までを一通り紹介しました。ロリポップ!スタジオで編集したコンテンツがそのまま公開される機能と思えばよいでしょう。

50種類以上のテンプレート

順次追加されると思いますが、現在でも50種類以上のテンプレートが用意されています。レスポンシブ対応のテンプレートもあるので、スマートフォンやタブレットへの対応も容易です。

関連記事