ロリポップ!のパフォーマンス測定の結果

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

レンタルサーバーを契約するときの目安の1つに速度や安定性があります。いくら低料金でもレスポンスが悪ければ意味がありません。そこで、ロリポップ!の性能等を評価してみました。

測定に利用したプランはロリポプランです。

評価方法

測定内容については、下記のページを参考にしてください。

測定期間

2014年12月22日から2015年1月21日の30日間

測定ポイント

サーバー(データセンター)の所在地については、下記のページを参考にしてください。

実環境に近い自宅からの測定と安定しているデータセンターからの測定となります。自宅のネットワークは、関西圏でよく利用されているeo光100Mタイプ、ルーターと測定用サーバーとの接続は有線です。

eo光/K-Opticomのデータセンターは、梅田北、心斎橋、梅田にあるようです。

測定結果

測定はCronによる5分間隔、その都度2回実行。30日間で計17,376回となります。ただし、何かしらの原因でCronが実行されていないことがあるので、計測数は若干少なくなっています。

グラフに利用するデータは、10秒以上の結果を省いています。10秒以上の結果を含めると、他のデータへの影響が大きくばらつきが大きくなるためです。また、何かしらのトラブルやタイミングの問題も考えられ、普段の利用シーンであればリロードするであろうと考えたためです。10秒以上のデータについては、測定結果の表を確認してください。

  • 測定回数: 実行された総数
  • 測定失敗: ダウンロードが失敗した割合
  • 3秒以上: ダウンロードに要した時間が3秒を超えた割合
  • 10秒以上: ダウンロードに要した時間が10秒を超えた割合
  • 平均時間: ダウンロードに要した時間の平均値
  • ばらつき: 母標準偏差(グラフ上の値は標本標準偏差)

eo光(自宅)からロリポップ!

  動的サイト 静的サイト
測定回数 17,366 17,366
測定失敗 0.02%(4) 0%(0)
3秒以上 8.27%(1436) 0.93%(161)
10秒以上 0.61%(106) 0.03%(6)
平均時間(秒) 2.03 1.13
ばらつき(秒) 0.95 0.50

XServerからロリポップ

  動的サイト 静的サイト
測定回数 17,374 17,372
測定失敗 0.006%(4) 0%(0)
3秒以上 9.28%(1612) 0.67%(117)
10秒以上 0.66%(114) 0.03%(5)
平均時間(秒) 1.92 0.71
ばらつき(秒) 1.02 0.41

ロリポップ!の評価

平均時間だけを見れば、3秒以内に収まっており優秀といえます。ただし、動的サイト(WordPress)だと、ばらつきの大きさが気になります。また、夜間にピークを迎えるようで、確実にレスポンスが悪くなる傾向にあります。

静的サイトであれば、ばらつきも少なく安定しているため、スクリプトやデータベース処理がボトルネックになっているのは間違いありません。

年末年始あたりは、インターネット利用者が減るためか安定していますが、後半になると徐々にレスポンスが悪くなっているようです。一カ所からの測定であれば、アクセス元のトラブルも考えられますが、二カ所とも同様の傾向にあるので、やはりロリポップ!の夜間帯はレスポンスが悪くなる傾向にあるようです。

まとめ

  • 夜間帯になるとレスポンスが悪くなる傾向にある
  • PHPやデータベースを介すとレスポンスのばらつきが大きくなる
  • 測定失敗が少なく、サイト閲覧に支障が出るようなことはない
  • 月額を考慮すると、必要十分の安定性があります

関連記事