ロリポップ!のビジネスプランは本当に高性能なのか調べてみよう

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

ビジネスプランはロリポップ!(Lolipop!)の最上位プランとして、2014年10月に開始されました。個人利用を目的としたコロリポ、ロリポ、チカッパと異なり、ビジネスプランはその名の通り、ビジネスサイトにも耐える仕様で構成されたプランです。

ビジネスプランの特徴を挙げてみましょう。

  • 転送量無制限
    • 例えば、チカッパプランなら10GB/日が転送量の上限となっており、訪問者の多いサイトであれば心許ない数値です。ビジネスプランであれば、転送量に制限がないので訪問者数を気にする必要がありません。大規模なサイト運営にも向きます。
  • 電話サポート
    • 電話による問い合わせが可能です。他のプランでは、お問い合わせフォームとライブヘルプ(チャット)のみでしたが、ビジネスプランでは予約制(日時指定可能)の電話サポートが利用できます。
  • ハイパフォーマンス
    • 1つのサーバーに収容するユーザー数を制限することで、パフォーマンスと安定性を強化しています。また、ビジネスプラン専用のハードウェアの採用により、レスポンス性能が向上しています。
  • バックアップ
    • 他のプランでは有償のバックアップ機能が標準装備となっています。バックアップは自動的に実行され、過去7日分のデータを簡単に復元可能です。

公式サイトの説明だけを見ると、下位プランより大幅に性能が向上しているように読み取れます。そこで、実際にビジネスプランのレスポンス性能を測定して、下位プランと比較してみましょう。

測定方法

測定方法の詳細は下記のページを参照してください。

家庭用回線に接続したサーバーから定期的にアクセスして、Webページのダウンロードに要する時間を測定します。測定対象として動的ページ静的ページがあります。

  • 動的ページ
    • WordPressによるサイト(PHPとデータベースを利用)
    • コンテンツは平均的なWebページの構成を採用
      • HTTP Archiveのデータを利用
  • 静的ページ
    • htmlファイルによるサイト
    • WordPressが生成したデータを静的ファイルに変換したものを利用

測定期間

2015年7月9日より9日間

測定と言っても一度きりでは意味がないので、一定期間の継続した測定を行っています。一定期間測定することで、夜間と日中の差や休日と平日の差を見ることができます。もしかしたら、曜日毎の変化があるかもしれません。

測定ルート

データセンターの所在地については、下記の記事を参考にしてください。

家庭用回線からの測定となります。家庭用回線は測定中であってもサーバー以外のPCで普通にインターネットを利用しています。家庭用回線のサーバーは測定専用として測定以外の処理は行っていません。

  • 家庭用回線の測定環境
    • eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
    • ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  • 測定失敗: ダウンロードが失敗した割合
  • 3秒以上: ダウンロードに要した時間が3秒を超えた割合
  • 10秒以上: ダウンロードに要した時間が10秒を超えた割合
  • 平均時間: ダウンロードに要した時間の平均値
  • ばらつき: 母標準偏差(グラフ上の値は標本標準偏差)
  動的サイト 静的サイト
測定回数 5,280 5,280
測定失敗 0%(0) 0%(0)
3秒以上 1.70%(90) 1.48%(78)
10秒以上 0%(0) 0.06%(3)
平均時間(秒) 1.24 0.86
ばらつき(秒) 0.55 0.55

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(旧ビジネスプラン) 1.24 0.55 0.86 0.55
52. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
53. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
54. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
55. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
56. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
57. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
58. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
59. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
60. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
61. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
62. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
63. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
64. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
65. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
66. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
67. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

ユーザーが待てる時間は3秒以内

調査では、3秒を過ぎると57%のユーザーがしびれを切らし、訪問を諦めることがわかった。どんなに美しいサイトを作ったところで、3秒以内に表示されなければユーザーの目に触れるチャンスすらないということになる。

3秒が許容範囲 – Webサイトのパフォーマンスが重要な理由 | マイナビニュース

快適なWebサイトの条件として3秒以内のレスポンスが1つの基準となります。

静的ページの結果は1秒未満と必要十分な結果となっています。しかし、動的ページの結果は1秒を超えており、他社と比較しても特にレスポンスが良いわけではありません。

公式サイトに他プラン比速度4倍と書かれていますが、あくまでもデータの読み書きが4倍となっているので、実際のレスポンスが4倍になるわけではありません。

過去に測定したロリポップ!の下位プランと比較すると、確かにレスポンス性能は向上しています。しかし、謳い文句ほどの性能ではありません。

プラン 測定時期 動的ページ(秒) 静的ページ(秒)
下位プラン(ロリポ) 2015年6月 1.58 0.86
ビジネスプラン 2015年7月 1.24 0.86

静的ページの結果がほとんど変わらないことから、PHPやデータベースの処理速度が向上していることが分かります。単純に高性能サーバーを割り当てているだけかも知れませんね。

下位プランの測定結果は、下記の記事をご覧下さい。

あまり有意な差とは言えませんが、測定期間中のエラーは皆無です。サーバー1台あたりに収容されるユーザー数が制限されるので、下位プランと比較するとはるかに安定したWebサイト運営が可能でしょう。

ただし、それなりにばらつき(0.55秒)があるので、エラーは起きにくいかも知れませんが、レスポンスは変化しやすいかも知れません。

時間帯による変化は明確となっており、利用者の多い夜間が負荷のピークとなっています。ピーク時は平均値が1.5秒(動的ページ)を超えるため、おそらく訪問者はレスポンスの変化を体感するでしょう。

今回の測定では、曜日(休日等)による変化が少しあります。平日と比較すると休日の負荷が小さいようです。特に平日の夜間は明らかにレスポンスが低下しています。ビジネスプランと名乗るなら、もう少し夜間のレスポンスを改善して欲しいと感じます。

ロリポップ!ビジネスプランの評価

宣伝文句ほどレスポンスが良くないというのが正直な感想です。月額2,000円(長期契約の場合)となれば、他にも選択肢はあります。例えば、ロリポップ!の姉妹サービス「ヘテムル」は月額1,500円ですが、ロリポップ!よりレスポンス性能は優れています。

ビジネスプランの最も大きなメリットは「転送量無制限」「収容人数の制限による安定性」でしょう。マルチドメインが無制限となっていても、転送量に制限があれば絵に描いた餅です。

例えば、チカッパプランの転送量制限は10GB/日、マルチドメイン数は100個となっています。上限である100個のWebサイトを立ち上げると、単純計算で1サイトあたりの転送量制限は100MB/日となります。平均1MB/ページのWebサイトであれば、僅か100回/日のアクセスで上限に達してしまいます。

このように考えると、転送量無制限のビジネスプランは、低コストで多くのWebサイトを公開したいというニーズにぴったりのサービスです。この料金帯で転送量を明確に無制限としているサービスはほとんどありません。

スペックは「ストレージ容量:400GB」「MySQL:100個」「マルチドメイン:無制限」となっており、ストレージ容量も十分で、多くのサイト運営に適しています。1つのWordPressに1つのデータベースを割り当てたとしても、100個のWordPressサイトを公開できます。

レスポンス性能を求めるなら他社のレンタルサーバーを選択する方が賢いでしょう。それでも、1つの契約で多くのWebサイトを運営するなら、転送量無制限を特徴とするビジネスプランは、コストパフォーマンスに優れるお勧めのレンタルサーバーです。

電話サポートは便利かも知れませんが、ロリポップ!はユーザー数が多いので、検索すれば大抵のトラブルシューティングは見つかります。他のプランも基本仕様は同じなので、ビジネスプランの情報でなくとも参考になるでしょう。

関連記事