タイプ別で考えるアダルト対応レンタルサーバー

国内外のサービスに関する比較記事があります。
国内外のアダルトサイト対応レンタルサーバー レビューと比較
国内のおすすめアダルトサイト対応レンタルサーバー5社のレビューと比較

「アダルトサイト対応レンタルサーバー」と聞くと、「あんなこと!」や「こんなこと!」まで可能になると思うかも知れませんが、そう甘いものではありません。

アダルトサイト対応レンタルサーバーは、運用方法も含めると大まかに3種類に分けることができます。

  1. 海外でアダルトサイトを運営する
    • 一般的にアダルトサイトと聞いて思い出すサイトがこれにあたります。
    • 無修正のコンテンツを含むアダルトサイトを公開可能な国のサーバーを利用します。さらに、運営者(管理者)もその国に住んでいる必要があります。
    • サーバー、運営者共にその国の法律が適用されるため、無修正のコンテンツであっても問題ありません。ただし、児童ポルノはどの国であっても絶対にNGです。
  2. 海外のサーバーで、国内にいる管理者がアダルトサイトを運営する
    • 1.と同様に海外にサーバーがありますが、運営者(管理者)は国内にいるパターンです。
    • サーバーにあるコンテンツ(データ)については、そのサーバーのある国の法律が適用されます。
    • しかし、運営者の行為に関しては、住んでいる国の法律が適用されます。つまり、海外のサーバーであっても、無修正のコンテンツを「国内から」アップロードすれば違法行為となります。
  3. 国内でアダルトサイトを運営する
    • アダルト対応を謳う国内サーバーで運営するパターンです。
    • サーバーも運営者も日本の法律が適用されるため、無修正のコンテンツをサーバーに置くと「わいせつ物陳列罪」で御用となります。
    • アダルトサイト対応と言っても、あくまでも日本の法律の範囲内で許可しているに過ぎません。つまり、国内で正規販売されている雑誌やDVD程度の内容が許可されるということです。

アダルト対応を謳うサービスの多くがアメリカ西海岸のデータセンターを利用しており、アメリカ(または州)の法律が適用されます。

ここでは、初心者でも簡単に利用できる日本語で契約可能なレンタルサーバーを紹介します。古くさいサービスや稼働しているのか分からないサービスは省いています。また、基本的に共用レンタルサーバーのみの紹介となります。VPSや専用サーバー等はリンク先の公式サイトを確認してください。

海外でアダルトサイトを運営する

あまり現実的ではないので省略します。日本国内に住んでいる限り、無修正コンテンツの取扱いは違法なので、本気でアダルトサイトを運営するなら、海外に移住することになりますね。または、現地の人を雇う方法もありそうですが・・・

例えば、XVIDEOS.COMはアメリカ西海岸にデータセンターを保有する「ServerStack.com」で運営されています。もしその国(州)に住んでいれば、あの規模のアダルトサイトを運営しても問題がないことがわかります。

海外のサーバーで、国内にいる管理者がアダルトサイトを運営する

もっとも多いパターンがこれですね。国内から海外のレタルサーバーを契約します。ただし、運営者には国内の法律が適用されるため、何をしてもOKになるわけではありません。サーバーにあるコンテンツはその国の法律が適用されるので、無修正のコンテンツも公開可能です。

しかし、運営者が「日本から」無修正コンテンツをアップロードすると、違法となる可能性があります。実際に大規模なサービスでの逮捕例もあるので、グレーゾーンと言うよりはアウトなのでしょう。

運営者自身はコンテンツに関与せず、他人がアップロードする環境を構築すれば上手くいきそうですが、これもまた管理者責任が生じるためNGになる可能性があります。

海外レンタルサーバーを利用するメリットは、国内のサーバーと比較してはるかに規制が緩くなることでしょうか。国内のレンタルサーバーで(違法でなくとも)アダルトサイトを公開しようものなら、削除要請がすぐに届きそうですが、海外のサーバーであればそのようなことはまずありません。「コンテンツには一切関知しません」というレンタルサーバーもあります。

無修正コンテンツにこだわらなければ、面白いアダルトサイトが作れる環境ではあります。

WEB750

これでもかとアダルトサイト対応を主張しています。サイトの不自然な日本語を見れば分かりますが、本社はアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコにある海外のサービスです。東京にも支社があり、契約やサポート対応は日本語で可能です。

データセンターはアメリカ西海岸にあります。共用タイプ(クラウド)と専用サーバーがあり、Windowsサーバーを選択することもできます。

最低契約期間は3ヶ月となっており、とりあえず$27で試すことができます。2015年8月時点で、初期費用が無料となっています。

LINUXアダルト エコノミー デラックス ウルティメイト
初期費用 $50 $50 $50
3ヶ月契約 $27 $57 $87
月額換算 $9 $19 $29
転送量 無制限 無制限 無制限
ディスク容量 10GB 100GB 無制限
マルチドメイン 1 10 無制限
サブドメイン 25 250 無制限
MySQL 10 25 無制限

ATrentalserver

運用実績13年超の老舗のアダルト専門レンタルサーバーです。レンタルサーバーのプランは、共用サーバー、VPS、専用サーバーとなっています。データセンターはアメリカ合衆国カリフォルニア州のラ・バーンにあります。

880円からとなっていますが、最廉価プランのプランCは独自ドメイン利用やMySQLが有料となっており、まともにサイト運営を行うならプランB以上が必要です。また、仕様を確認するとマルチドメインに対応してるか不明で、転送量制限も少し厳しい感じがします。料金を考慮しても他のサービスに見劣りしてしまいますね。

プラン S A B C
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額費用 4,500円 3,000円 1,800円 880円
転送量 180GB 120GB 60GB 30GB
ディスク容量 160GB 80GB 40GB 20GB
独自ドメイン 無料 無料 無料 2,400円
MySQL 対応 対応 対応 オプション

フレンドサーバー

フレンドサーバー(Friend Server)は、ディスク容量を除けば非常にコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーです。月額費用も安く、初期費用も無料です。なんと言っても、ベーシックプラン以上であれば、マルチドメイン、MySQLが無制限となります。もし転送量無制限が必要であれば「スーパーレンタルサーバー」サービスもあります。

お試し期間はありませんが、最低利用期間は一ヶ月となっています。初期費用は無料なので、興味があれば$3で試してみると良いかも知れません。

データセンターはアメリカ西海岸にあるようです。

個人的にはアダルト対応でなくともお勧めのレンタルサーバーです。

プラン ビギナー ベーシック スタンダード アドバンス プレミアム
初期費用 $0 $0 $0 $0 $0
月額費用 $3 $4.80 $14.80 $34.80 $69.60
ディスク容量 2GB 7GB 15GB 30GB 60GB
独自ドメイン 1個 無制限 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 3個 無制限 無制限 無制限 無制限
メールアカウント 5個 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 5個 無制限 無制限 無制限 無制限
転送量/月 150GB 300GB 1,000GB 2,000GB 3,000GB

FC2レンタルサーバー

アダルト対応レンタルサーバーとしては有名なので特に説明の必要はありませんね。様々なサービスを展開するFC2のレンタルサーバーです。通常プランとアダルトプランがあり、当然ですがアダルトプランのみアダルトサイト対応です。データセンターはアメリカ合衆国ロサンゼルスにあります。

個人的には他のサービスと比較して、レスポンスが良くないような感じがします。

プラン 通常 アダルト
初期費用 3,000円 7,000円
月額費用 1,500円 3,500円
転送量 無制限 無制限
ディスク容量 30GB 10GB
マルチドメイン 10 10
サブドメイン 100 100
MySQL 10 10

初期費用は他社からの乗り換えの場合、半額となります。

INETDEDI

残念ながら割安となる共用サーバーはありません。VPS、専用サーバー、クラウドから選択することになります。もっとも安いKVM VPSで2,580円~となります。

データセンターはアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンノゼにあります。VPSなのでOSの設定から各種アプリケーションのインストールまで契約者が行う必要があります。気軽にアダルトサイトを始めたいという目的には向きません。

プラン HK-1 HK-2 HK-3 HK-4
初期費用 3,380円 5,480円 9,980円 16,680円
月額費用 2,580円~ 4,180円~ 7,580円~ 12,680円~
転送量 1,500GB/月 2,000GB/月 2,500GB 3,000GB/月
ディスク容量 40GB 50GB 60GB 70GB

ストレージは、HDDにRAID10とSSDキャッシュを組み合わせたHYBRIDなディスクアレイを採用しています。

POPWONDER

運用実績は15年とアダルト対応レンタルサーバーとしては老舗のサービスです。共用サーバー、VPS、専用サーバーと、一通りのサービスが揃っています。

データセンターは「QuadraNet」を利用しており、アメリカ合衆国のダラス、ロサンゼルス、マイアミにあります。POPWONDERの利用しているデータセンターは、おそらくロサンゼルスのDCでしょう。

WordPressの簡単インストール機能に対応するなど、他のレンタルサーバーと比較して、機能面でもサポート面でもしっかりしている印象があります。ただし、転送量の制限はあるようですが、課金なしとだけなっており、具体的な数値が分かりません。興味があれば気軽に確認してみましょう。日本人スタッフが対応するため、サポートに関しては一般的なレンタルサーバーとほとんど変わりません。

10日間の無料お試し期間もあります。

プラン ビギナー エントリー ミドル アドバンスド
初期費用 3,500円 3,500円 3,500円 3,500円
月額料金 880円 1,980円 2,980円 5,980円
最低契約期間 12ヶ月 12ヶ月 6ヶ月 3ヶ月
ディスク容量 60GB 100GB 200GB 300GB
転送量制限 課金なし 課金なし 課金なし 課金なし
マルチドメイン 5 無制限 無制限 無制限
MySQL 5 20 50 100
PostgreSQL 5 20 50 100

マジックボックス

公式サイトのドメインを調査するとデータセンターは「さくらインターネットの石狩データセンター」にあります。しかし、公式サイトを確認すると、共用サーバーのDCは不明、VPSのDCは都内、専用サーバーのDCは海外(シリコンバレー)となっています。FAQに「アダルトプランは全て海外サーバー」と明記されているので、(アダルト)共用サーバーも海外サーバーなのでしょう。

おそらくマルチドメイン非対応となっており、一つのWebサイトのみ運営可能のようです。サブドメインもオプション対応ですし、MySQLも1つか2つのみと寂しいスペックです。転送量制限も一月か一日か不明です。さすがに20GB/月や30GB/月ではまともなサイト運営はできないので、1日あたりの制限だといいですね・・・

プラン アダルトS アダルトM アダルトL 風俗プラン
初期費用 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円
月額料金 1,000円 2,000円 5,000円 2,000円
ディスク容量 3GB 10GB 100GB 10GB
転送量制限 20GB 30GB 30GB 60GB
MySQL × 1 2 1

6ヶ月以上の契約で初期費用が0円となります。

風俗プランは他のプランと別回線となっており、安定した運用が可能です。

その他

  • 80code.comホスティング・レンタルサーバー
    • http://www.80code.com/
    • データセンター:アメリカ西海岸のサンノゼ、ロサンゼルス、シアトル

国内でアダルトサイトを運営する

国内にいる運営者が国内のアダルトサイト対応サーバーでサイトを運営します。最も気軽にアダルトサイトを運営できますが、制約が最も厳しくなります。運営者もコンテンツも日本の法律が適用されます。ですので、どのレンタルサーバーの規約を見ても「日本の法律に則ったサイト運営に限る」となっています。

各レンタルサーバーのデータセンターの所在地を掲載していますが、あくまでも公式サイトのドメインで調査した範囲内です。推測に過ぎないので、あまり信用しないようにしてください。公式サイトと契約者に提供するサーバーが異なることは希にあります。

FUTOKAとKAGOYAで悩む方が多いようですが、基本的には同じ範囲のことしかできません。アダルト対応を明記しているFUTOKAの方が、アダルトコンテンツに対する基準が緩いのかも知れませんね。

GMOクラウド

GMOが運営する法人向け(ビジネス向け)レンタルサーバーです。法人向けとなっていますが、個人でも契約可能です。データセンターはおそらくGMOが保有する東京のDCを利用しています。

初期費用は少し高額ですが、最廉価プランでもディスク容量が200GBとかなりお得なスペックとなっています。マルチドメイン対応、データベース数も十分です。さらに転送量無制限なので、アクセス数の多いサイトにも適しています。

共用レンタルサーバーでは珍しくSLA(品質保証制度)に対応しています。サーバーにアクセス不可能な状態になった場合、その障害時間に応じて利用料金が返金されます。それだけ安定稼働に自信があるのでしょう。

国内サーバーでアダルト対応と言えば、FUTOKAやKAGOYAが有名ですが、こちらもお勧めです。

プラン ミニ レギュラー プロ
初期費用 5,000円 5,000円 5,000円
月額料金 934円 1,410円 2,362円
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
マルチドメイン 60 90 120
MySQL 30 60 120
転送量 無制限 無制限 無制限

ドライブネットワーク(Drive Network)

静岡県にある株式会社シーポイントが運営するレンタルサーバーです。データセンターは「石川県にある@ネスク」を利用しているようです。

「カフェテリア・スタイル」と呼ぶ、ディスク容量、マルチドメイン数、データ転送量の組み合わせで料金が決まります。それにしても、アダルト対応とは言え、このスペックでこの料金は高すぎるような気がします。

ディスク容量 40GB 80GB 120GB
料金 1,080円 2,160円 3,240円
ドメイン 10 20 40
料金 1,080円 2,160円 4,320円
転送量 1GB/日 5GB/日 10GB/日
料金 無料 1,080円 2,160円

例えば、ディスク容量80GB、マルチドメイン10個、転送量5GBを選択すると、(合計)月額料金は4,320円となります。これに初期費用2,160円が必要です。

最低料金にするには、ディスク容量40GB、ドメイン10個、転送量1GB/日となり、月額2,160円となります。ディスク容量とドメイン数は問題ありませんが、転送量が少なすぎて普通のサイト運営にも支障が出てしまいます。

FUTOKA

アダルト対応となっていますが、国内サーバーなので日本の法律内で可能な範囲に限られます。転送量が無制限なので、アダルトサイト以外でも使い勝手が良さそうです。他のサービスと比較すると、初期費用が高いかもしれませんね。

NTTPCコミュニケーションズ(WebARENA)のデータセンターを利用しているようです。

プラン スタンダード プレミアム
初期費用 6,000円 6,000円
月額料金 2,080円 2,860円
ディスク容量 10GB 20GB
転送量制限 無制限 無制限
マルチドメイン 10個 20個
MySQL 無制限 無制限

月額料金は長期契約ほどお得になります。

KAGOYA

アダルトサイトと言えば「KAGOYA」がなぜか検索上位に現れます。しかし、KAGOYAの公式サイトを見ても「アダルトサイト対応」との記述は見当たりません。あくまでも「アダルトサイトを禁止していない」というスタンスなので、法律の範囲内なら特に制限はありませんということでしょう。

規約を確認すると、他のアダルトサイトへのリンクもNGと読み取れる記述があります。そうなると、よくある「まとめサイト」のようなものは公開しにくいのかも知れません。

プラン S10 S20 S30
初期費用 無料 3,240円 3,240円
月額料金 1,080円 2,160円 3,240円
ディスク容量 100GB 200GB 300GB
転送量制限 120GB/日 160GB/日 200GB/日
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
MySQL × 10GBまで 20GBまで

データベースは複数利用でき、個数ではなく利用量に制限があります。月額料金は、長期契約ほどお得になります。

アナハイム エレクトロニクス

国内のデータセンターを利用していますが、希望によっては海外サーバーも選択できるようです。公式サイトのドメインでデータセンターを調査すると、関東にあるGMOのデータセンターを利用しているようです。

アダルト対応でデータ転送量無制限のレンタルサーバーが1,050円はお得感があります。

プラン Mini Basic Super
初期費用 2,100円 2,100円 2,100円
月額費用 1,050円 2,625円 8,400円
ディスク容量 10GB 20GB 30GB
データ転送量 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 複数対応 複数対応 無制限
MySQL 対応 対応 対応
日本語ドメイン

初期費用無料キャンペーンを行っています。(2015年8月現在)

その他

  • わいにじ アダルト可レンタルサーバー
    • http://www.y2ji.com/

まとめ

アダルトサイト運営の初心者であれば、月額料金が安く、初期費用無料で最低契約期間が1ヶ月のフレンドサーバーから始めるのが良さそうですね。契約するときもサポート対応も日本語で可能なので、初心者にも安心感があります。