レンタルサーバのレスポンス性能の測定方法

測定方法は至ってシンプルです。定期的にWebページを構成する全データをダウンロードして、ダウンロードに要した時間を集計します。もし、PHP等で動的に生成されるサイトであれば、スクリプトやデータベースの処理時間も含まれることになります。

速度測定に使うWebページのデータサイズですが、特に標準的なサイズが存在しないようです。そこで、HTTP Archiveで測定されている平均データサイズに合わせたページとします。

作成したWebページを各レンタルサーバに配備して、ある程度の期間にわたり測定を継続します。

今閲覧しているこのページが測定用のページとなります。以下に、データの内訳や測定方法等についての詳細を説明します。

コンテンツについて
このページの内容がそのまま測定対象ページとなりますが、WordPressの標準テーマを利用するためデザインは異なります。

HTTP Archive

HTTP ArchiveはGoogleのSteve Souders氏が取り組んでいる、Webサイトの各種データやリクエストを収集するプロジェクトです。測定方法が改善されつつ継続され、現在では2010年11月以降のデータが公開されています。

公開されているデータには、データ転送量やリクエスト回数などがあります。つまり、一つのWebページを構成する各種ファイルやそれらのデータサイズが収集・分析されています。

各種ファイル
全体、HTML、JavaScript、Stylesheets、Images、Flash、Font、Other
各種要素
TCP Connections、DOM Elements、Document Height、など

測定するサイトはAlexaのランキングデータを基にしています。

Alexa

事業内容は、ウェブ巡回技術を使ってウェブサイト情報や利用状況に関するデータを集め、ウェブサイトがどれだけの人に見られているかを調査すること。alexa.comでは、ドメインのアクセス量(トラフィック)や訪問者数、1回の訪問あたりの閲覧ページ数などを表示できる。また、Alexa InternetはWayback Machineのデータ提供元でもある。

HTTP Archive 2014年11月1日のデータ

レンタルサーバの速度測定に利用しているデータは2014年11月1日付けのデータです。日付に理由は無く、最新のデータを利用しているだけです。Webページを構成するデータ量は日々増加傾向にあり、近年では年間あたり+25%のペースで増加しているようです。

HTTP Archiveによる、各Webページの平均データサイズは以下になります。

TYPE SIZE(KB)
HTML 54
Stylesheets 56
Scripts 310
Images 1,017
Flash 81
Other 221
Total 1,807

個々の合計がTotalと異なりますが、HTTP Archiveのデータをそのまま掲載しています。

上位サイトにはGoogleのようなサーチエンジンなどが多く、ブログ等の一般的なサイトのデータとは言いがたいので、偏りの無いようにTop1,000のデータを利用します。ALLでも良さそうですが、全体のURLは何回か変更されているので間をとります。Choose URLsでAllを選択した場合、約100KBほど増加します。

最新のデータでは、Alexaのランキングで10,000URLsを上限に採用されているようです。

ファイルタイプとファイルサイズを一致させても特に意味はないため、全体のファイルサイズが約1,800KBとなるように調整します。

2種類のページで測定

PHPやデータベースの処理速度もレンタルサーバを選択する際の重要なポイントとなります。そこで測定には、多くのレンタルサーバで導入可能なWordPressを利用して、PHPとデータベースの処理を含む時間を測定します。

WordPressやテーマのバージョンアップに伴い、同じデータが使えなくなる可能性もあるので、PHPやDBを使わない静的ページも用意します。静的ページであれば、PHP等の処理を含まないデータセンターのネットワーク性能の目安にもなります。

動的ページの詳細

  • WordPress
    • 測定時の最新版
    • テーマ: Twenty Fourteen
      • Twenty Fourteenが標準インストールされなくなったら、バージョンを更新します。
    • 設定: セキュリティ関連を除き、デフォルト
    • プラグイン: セキュリティ関連を除き、未使用

Twenty Fourteenを利用した場合のHTML以外のデータは以下の通りです。

FILE SIZE(KB)
style.css 77.4
jquery.js 95.8
jquery-migrate.min.js 7.2
functions.js 3.4
genericons.css 31.0
genericons-regular-webfont.eot 14.9
genericons-regular-webfont.svg 40.0
genericons-regular-webfont.ttf 27.3
pattern-dark.svg 1.1
pattern-light.svg 0.5
total 298.6

他にGoogle Web Fontsが利用されています。そのままでも測定に影響はありませんが、念のために外部サーバへのアクセスが発生しそうなリンクは省いています。

http://fonts.googleapis.com/css?family=Lato:300,400,700,900,300italic,400italic,700italic

functions.phpの214行目をコメントアウト

不足する残り約1,500KBをHTMLといくつかの画像で補います。

FILE SIZE(KB)
WordPress(html以外) 298.6
HTML 56.0
PNG(4files) 385.9
JPG(4files) 1,063.8
Total 1804.3

静的ページの詳細

動的サイトのデータを静的にアクセスできるように配備しています。PHPとデータベースを介さずに同じデータを表示します。

単純にレンタルサーバからデータをダウンロードする時間の測定となります。

測定方法

GNU Wgetを利用して、コンテンツに含まれるデータのダウンロードが完了するまでを測定します。Cronで定期的に実行しています。

あくまでも、全てのデータの受信が完了するまでの時間です。ブラウザで閲覧する場合には、全てのデータ受信を待たずに描画が開始されるので、この測定結果と体感では大きく異なります。

Wgetのパラメータ

--delete-after
--no-dns-cache
--page-requisites

測定方法は変更されています。

グラフの見方

グラフはサンプルです。

一日を以下の6つの時間帯に分けて、各時間帯毎に24回程度(10分に一度)、またはそれ以上の測定を行います。読み込み時間はこれらの平均値です。(グラフ上の時刻 / 測定時間帯)

02:00 / 00:00 – 04:00
06:00 / 04:00 – 08:00
10:00 / 08:00 – 12:00
14:00 / 12:00 – 16:00
18:00 / 16:00 – 20:00
22:00 / 20:00 – 24:00

また、読み込み時間のばらつきを示す標準偏差(標本標準偏差)も表示されます。

補足情報

  • ネットワークが混みやすい時期など、測定時期により大きな差がでる場合があります。
  • 共用レンタルサーバの場合、同じサーバを利用している他のユーザが負荷をかけている場合、著しく遅くなる可能性があります。測定結果はあくまでも参考程度として考えてください。

ダミーデータ

データサイズを調整するためのテキストと画像です。データに以下のテキストと画像を利用しています。

  • Morguefile.com free stock photos
    • http://www.morguefile.com/
  • すぐ使えるダミーテキスト – 日本語 Lorem ipsum
    • http://lipsum.sugutsukaeru.jp/index.cgi

夏目漱石 – 私の個人主義

それは今日同時にその乱暴らというののためをしないです。よほど事実に担任院はもしそういう授業たましなりになってじまいませをも相違しましうから、こうにも食うななくないたい。

教師の着な旨はまして今がおそらくますでしょな。同時に久原さんでお話弟一応意味をするた手どういうシャツあなたか濫用とという今誤解だですでしょなて、そんな今はみなか絵つまりを知れて、木下さんののが淋の私へまずお焦燥と云わば何畸形にごお話にありようとまあ同独立が穿いでしょたから、いやいやまあ希望を云うでしばいるあり事が云っまいた。それからたとえばご辺に思いのは元々横着とつけないて、そんな金力には曲げないてという平気で起るていないまい。そのうち兄の所そうした胸はいつ中があてるたかと大森さんがなさいたな、道の平生でしというお説明なけれんなから、人真似のうちに兄がほかじゃの教師が十月掘りて得るて、ちょっとの事実を縛りつけてこのうちを多分擡げないましと思いたものんて、ないなたからそうご自分できるなけれものなかっですた。そうして自分か必要か失敗の行くでしょて、当時上探照灯をすれがいるたついでにご学習の以後でできるですた。

今ともけっしてなって立ちないなですたて、何とも引続きよしてお話はさらにむずかしかっざる訳た。

ところが大創設に繰っからもいるます事ないて、人とは、ついに私か上るば落ちられるならず申しがらないたとありと、晩も評していありあり。はたして何とももよく至といういらっしゃるたて、それにはほか上ばかり何のご滅亡は悪くっいうしまっないない。私はとうていふりののよりごお断りもするてしまいあるますなないから、一三の漫然をずいぶん落ちですという意味ならが、けれどもその廃墟の辺をしられるて、あなたかをどちらの進みに批評に送っからいるたものたいたと反抗しから講義ぶつかるいるうた。心持をすなわち岡田さんがだからわざわざ計らないのですででしょ。

大森さんはそれほど文学を借りて罹りたつもりでんた。(それで通りに考え時でしょませたてうは会ったたて、)そう上げるな学校を、Englandの火事まで載せていうという、一間の邁進も当時の時でも縛りつけしのの洗わたで思索院なるといるですといったご個人だ方です。それはそのうちいくらがするますように外れてじまいますのませがところがそう熊本ただよっましです。ただもともと万度は地位が考えて、以前に必ずしも知れうでと込み入って、ないですならてしかしお運動にもつれたで。

詩の今日が、こういう人に今を出るまで、昨日上をとても十月二一二カ月で怒りまでの馳を、これらか懸ん答弁が歩いな時間はむしろ待っられものうから、まあいろいろ香に怪しからて、そのものを次ぐ訳に横着んなけれ出るんです。

つまりどうもたくさん一十一日をするかもは申し上げでに対する肝心まし観念にしから、比喩をそのためこういう時のきまらからいただきなものます。何しろに人真似に個性いまし三一人今に這入るて、ここか待っなかっといるありというのにそう受けでしょものなかろから、よくよし方を不愉快ですば、いやしくも国家がもたらすば籠っとなりましなら。時代で解るとあるがあなたかないのをぶつかっように申しかもあったでて、しかし仕方は好いのにして、いつに次のつけいるて一字の何円は十本も無論云いからみよなりまし事ます。場合うずか申し上げ個性に云うと、この国は高等若い愉快ないと移ろでのですもなりんで、ない間柄の日がするた自我ださと書いがいですものんだ。

それで私は馬鹿ですば威張っないものたも悪い、不愉快でば煮えですのなと聞いてそれの諸君の家がその個人が学習なっからみるたた。理非へは低級たたとい感じばならせるた結果を奴婢の教えるたり、珍よりあるたり、それで辛が行かとし博奕を起り金力、簡潔たて、多分云いば乏しかっ女権を歩くでとなさて、仕立が上げよてちりまで本位までからする方角も待ったい。または立派からはこの分子の勝手人間に今でありです以上に講じのでもし評しばいほかがやりのだ。またそれはそのところにし行っのなかっ、忠告の順序を批評ほかならます仕方をもするたですてないはしないない。近頃みんなはその自由でしょ個人をするだける、下宿の肉にちっとも思わなけれから来からいらっしゃるたのな。

よほど極めて三三四人と思わでで、社会がも投をは私が主意が救うたがなるないものをありたまし。

それから元来ぴたり各人を直さていないませば、尊敬にとうとう矛盾のようた。多少ご養成にしようない教育は知れいないて、このものにお手モーニングにあろた。どんな用はそれ末が起るて場合まで移ろとくれのか来ただろて、いわゆるため私へうながら私の地震をなりから来ば、話で入っれのも、域の飯において無論共通あるありてあなたはするばいるのだろで、ところが上の云っと、そうそれ団の真似思うようたない帰着は、もう私にどんな悪口が突き破ってならては好きに終れるものですはですたとも進んのです。おれ事にはただ彼らの自分の子分です乗っのでも行っんたか。我々に会員家と合っませお話しのうちからあるお話し的のにできです。

今廻るくるご時分を二本熊本他に空位をいうじゃ、党派心窮屈を態度かしらするでしょ所、自由個性をしたて、はっきり口腹の相違は恐ろしい、年じゃただに積んながら兄から聴い手段にありものにします、仕方おとなしくを一年も私より立てる高いで懐手家を権力け云っから、私など暮らして見えとありだそうまし。しかしこの乙の他と秩序を人のという、思うの書物に打ちて三人の事へ支でなりますとするん。一人はこの金力と先生で真面目にありがたく金から諦めが、私と目黒聞きたて、前をあうては今の弟の道具がもう腹の中に読むという意味を、同時にこの坊ちゃんを考え事を掴みないのます。実は一年の以上の万カ条に鉱脈が発達上げて、図書館のご構成にしものを這入りますた。そののがあっなとかいう掛目信じたのも性質た。

また足なが意味しはずをはしうたらが、呈人を行き届いて個人に好い悪口に本位に二時間五杯あって、どこが気持気分か何かを起るないのの、おかしい眺めて、人たり他とかがしたで。したがってできる気は癪は諦めとみませ、それでも危険新たなお話人より奥底の道徳に切り上げませ軽快た人にこだわりと断っていで時を、さぞ好いたのた。あるいは一人に豆腐に通り越しが、何とも国家は吉利ができるねというようまし不幸です神経であるなと集っのが学習の差をあるてなら事だて、これに読むて、そんな学問隊って自由まし自己を、便宜な個人がしっかり気がつきてなら西洋より、全くあなたのようだものの経過を、文芸が去就のうちまで用いよてはご願いを着けたに対するものは、とうとう個人の自然にするたほか、松山の自信にそれだけあるばしまいませ射しませのないはませかとありせるもので。こういう例を計らられ松山本位は私と当時かさて批評進まて他をあるれですのましし、その大森さんで、始めて私をてんで今の新聞も主義の謝罪ができるだけ言い直すたから潜ん、しかるに自由で致しましょて必要んというようますのにされるでものの申さで。こういう腐敗はこういう犠牲の正義というたはまし、あなたかの精神がたの底に対してうでなとらく及ぼすてしまっうて、ざっと私はこの中三宅さんという不安う事に考えたなら。何で哲学という事はごないのますば、何はそのため、何でもの仕事をすまし見下し元にいつの書生にさものかと行かましょものまし。まして私の慨はその時の大森君がは与えてならますなまであったたて、その間柄に通知出て、活動にさているまして、あれ者の会員人、私をなかっと自力、またはだんだんつまらないありた首、には、先刻のそれの仕方毫も容易ん、基礎の話までもまずするない事をくと申しては怪しからかものものですた。

むしろ何もそれたりあなたの装束ののへ日本人というさのなでんて、主義にすむだものがは発展教えたらまで考えるたないで、よく十月の何と推薦なるているて、そんな事にあいつかを教えようになっせのな。もっともそのこれも当人までは便宜でしょ云いて、とうとう創設までを人真似へし貧民にはしですでですでしょ。当然威張って大分かけるていたでし。この払底に感じて、自由な結果のペに考えて、まして久原さんのように、私が危く潰れる老婆心にするしじまいますのな。こう見えなく講演を考えて、すこぶる木下さんとかいう示そな関係をするないのたななけれ。朝は大森さんでお客面白かろ以上をそう至るあり前のは申しますですて、相手ますつつ私をあり前を、矛盾していけ事まし。

見当を単にこの日にあるて行くずありと、まだ人真似に落ちつけし義務が知れように亡びるうと、ただずいぶん心得ものだ。私傚は失礼た火事へ行きて、非常です欝からそう遠慮がなっばい、しかしこの現象の本領的そうして教師的の講義を今日起るから得る。それですてそれ思っますようですものに、事これから何に作ってみるが、経験が切りつめうとすれれるのは、いよいよ前約束するたご背後へ驚の径路の約束知れでようますのう、底は国家でから、二通り見るば行くたという奨励だけたかと病気並べせのまし。そうを打ちて、私のようた訳には、それにましば前国をありて下さら盲目の道具の説明の事をどうか自由ばかり認め、しかしただないですとはありゃれれのです。やはり私を見ましうちで、すでにそんな書生の嫁がくらいもたが行くなんて、もっとも人心ます発展をないとしだけでも、そのかもの素因におっしゃれてここの計画がご云っをある大変です人ようなりは云いたと計らのますてそうしたのませた。私にこうその落第に立っかと起るて、ある私はけっして先刻打ち壊すその学習児の学校を潰すなとしん方になっ事た。どうも政府がお話ししよましのましはたまらないのうて、その手を怒りた倫理の彼らを切望考えでいだものなく。その英語の私も評する個人など何に思わて仕立の社会を充たすてやすくか失ったですくらいの洗わ春たましが、ところが別にご免からして行かが、考に云って立つてしまいでって、圧迫士に知れている訳ではらしくて、用意目で充たすかあるですかの問題もとうとう、私かをし自然にするでしょて、とにかくこの権力があり習慣この欝から出て汚辱に立証しん事実んたで。その元来これの道より十日するました。実は彼らの渾名は私をなるてもう明らかでしょのをいって、そこののたは、充分運動重んずるられなけれようませ責任のして、主義もその個性に悟っないておきあり事かかもとしてくるで事です。

しかしその権利は子弟でませからは糧にいれますとしたて、私ははっきり思想をいうない国柄に、貧乏人に人方取次いております事です。このもの力説者では何から利く自分かぼんやりするたなものたて、ともかく低級ござい事ん。するとまあ心持がなれあるているから、同時に得たらてもう理論から使えるば来だ批評人のものは手続きたり時分が合っな事な。またあたかも三本の代りに国家泰平の衣食が組み立て事がしでです。いわゆる議会はあなたといった国家ますないか偶然は向いば来たた。そう広いももう馬鹿らしくでばでだ。あなたでも米国論の英語としば切らますだろ。それでも、まあその時にその英痛の講堂で評価打ち壊さられましを、同じこれから仕合せを講演めの学校で思って、だから多数くらい関係なるからいるませだ、この結構ないご風が伴うから、騒々しくために私逼に意味がし主義は幾分いるませででも来なた。

どこをどんな順序をたくさんなどは教えて畳んていたというものは、人は当てう、おれを濫用性の所を抑圧いうが、あなたからなので倫敦の必竟のように義務たれるれながらなら次には決するだなか。これらはどう所有らに保留繰っとに今の彼らに対するどう働用いよですとするな。

どこは結果かも養成が知れていなけれ肉たばという#「がは、ほかの料簡を幸福た義務だばと考えるてましば来たのだっ。あなたは教育通りは内約あっませて、権力くらいはするているますん。あなたにその間へ上っう心はできとくれでましのありて仕方に申したな。その相場でいうてあなたとしますと云っませか?この教師は先刻と叫びと講演の口上は愉快批評たです。私に作るとは納得の模範もいうとしまいないように去っれる方で。

会も現象に楽で時ありたのですまし。私のようまいものくらい正直先生たり、自由例外にもういよいよ心持で考えうで。私は新た向うが意味頼めておくた子分を直接構成をいうて、不幸他人ののにも正直ず品評の着ているだから、酒が自由で根本から尊ぶているたます。

あくまでこれとまるて知人と、科学的た、やはり一般として得だっとさて仕方を聞こえるでましが、入っれるれなけれのはほかた。私はそれの先来真面目会員の道具の家の上をあっれから、私にしようないのが与えけれども、国家のは応用が載せれるても、社会がいうます私に甘んじと困るば談判ありられたます。私は学校をなかっためを、むやみのお考お話でて、そう目標ともあるていまいないなうと思いば、その矛盾が得るいた事た。ただ大きな後今日の軽快人受合、事実がはまあ大森の濶者ご道がいうてい嘉納さんを、そう途なり見下しているという談判に忘れなから、あいにくとどまらているて、この代りを不愉快嚢の他張享さんとか、またはあれの担任勤まりとならなけれ一般のあとに断わろが、就職は出な、あなたがお話しか耽りたて正直職ののに終たなかろなに対して学習らしく。

私は言葉心中一つでしょともさですたが干渉の事を会ったない。をdoをは愉快だ事に来からいますと待っますにありありだので。

においてものはたくさんするて高く相談んば、それはでたらめ弟だけにそうよかっ蒙りているだん事た。

大森さんがもっばしう限りは、まだ私のように講演者という事の金力をしというようたお話しんて、これをは実際ある得てと相当聴きだかもないです。嘉納さんは不愉快な権力なけれて、ただそう自然に乗っられて、僕もあまり私が籠っているですあるますとなっから、私を受けるたでのう。そののです、高等ですあなたは性質のシャツを云え記憶広めよずだけという詩岡田大学はどう淋しないからするだ、品評院をあっですいくらを参りまいため、ぼうっと不愉快自分のものを聴きものを見えうあり。だから通知方に対して好い生れいるようない賓はどっちで兄を見つかりていたのでて、私はいったい二つをつかますた。ネルソンさんは私はそれだけ高等云わて申すと致さあるともたば、しかし現に矛盾へありで行くてはないだのかも考えないた。またどう提げながらは私がもご嘉納ないためないとは掴むせなくませなで。人を詳しい耽りで批評がつかて、場合の私もぼうっと道目に雑誌事を主意が分りんようなのたくなく。二字の後それはつい党派の人が反駁云えだた。私は京都の世界を見権利ませ。

ここ名は倫敦の師範と上るから濶者が落ちて、けっして何が立ちた「間柄」がは国家にしないのたです。「主意」のついでが文芸賓とともに人数に見つかりてしまう態度を思うて、それもとうとうそれの点なと私はそんな先刻ちっともあるがっですのない。何の世の中まで、場合その自分から秋刀魚通りとするたそれ十年たのですて、はなはだ「例」のための心持をいったい真似ののと出ませて、はめ海鼠もただそのそれののにあったから折って、せっかくない心持とか国家行っですようう事がありらしく。大分へはしばらく十年はふりまいないたくたた。

着以上が学校にもつけれどもなりででしょて、おもに風から説明がなっからしまっなて、もっともしとここをしだまし。ただ今日は熊本の駄目男を権力を取らたらです。そうした受売を書が不幸時代、大変最初で理由と窮屈にそれも行けれているませ意見を思いば行っませが、しかも権力と私立だけはちょっと権力で吹き込んあり感がしよたた。驚にも依然としてなくしませない。ますます三井に比に関係にすては多少かという表裏をありなものは、驚が言い直すばが二人らを云うましですか。私はこのため批評を詰めたかと心得なない。

彼らもどこのようたのに、あなたの主義は眺めますに、ばらばらが廻っでしょてとあるて、さぞ主義の後がある事はあっですと下すたからな。とにかく文部省のがたが忘れてみで本位に、私は画のがたうのだから、私ののが作物で発展いうむやみは長く、いやいやはなるで旨からないませと考えから、ここは前に納得し裏面はないて、断食め英を突き抜けるなけれます。

するとうろついかけ私も聴いのを深くので。私が利用思わためをも、私までの何という訳をそう懊悩なっませて切らなのとすまた。その煩悶にすると一生の活動の気味がぼんやり知れものな事ないてあるのをお威張っに黙ったら。私は主義にはめ順という欄にありないまし。この義務論に対するものもどんなのかと吹聴のしまでいうでんて、そこを三人お話出るだそこにはどこから単にひょろひょろ高等ならで事ます。その頃は早稲田として手から道ですた。私はこの自分のほかに理窟がしれられたり気がついられられや、交渉を見て、目標をするていと取次いし罹りれとか、安心がするてならて減っれとか続いですです。一言をはがたは二字のかかるば五字の歩いなけれたり、哲学の当座は一人しかとか、しかし三井が亡びるです風が説方をするがくるという仕方まで知らですのた。本立にないここ人にはいよいよ交渉でしべきなら、同時に何を英国人かあいにくですかってのが。英日本人もそれだけ解りて第一がたではそののますか、それをも何だかし事に行ったん。

さて自信へあなたに見つからいかと纏めて、もう金の権力というよううのまし、犠牲で起って、私にあいにくしては自分目黒に旨くのた。私も自分を致さただけないで百姓をつづいです顔もないでのますですと考えです。もちろん二年意味立って、けっして働は行き届いたくるだたものます。それの矛盾は第一私が云っじゃいるたとやってはお笑い個人怪しからですた。それはその大変で辺で他人と云っからよほど気の毒に行っだとなりが理由が済んれとくるませ事まし。

事業で通りののはだるでし、そうかそれほどか科学についからいるられと、そうしたうちこの後はもし変に評して行くたですて、金力は同時に金力たです。空虚ですまた人で下らないですまで煮えあっんが、そのうち心丈夫なあっ来ますこの方を、なり限りと伴ってならようだ述べるま信念たまらなく事まし。またためには下の腹がやるて得弟という事がこうの国家はどうしても述べるますのまし。衰弱人でたとして作物のこれが誤解やってやりのは時間に立っがいるですですて、すなわち道に自己がしのがもっとも正直たのたば仕方が及ぼすたた。あなたも始終政府に個人がしです、自分のはめと狭めなった直っできですとまで用いて始めた訳うば、けれどもどんな学生においてのがぶつかるようだ、ありがたいようなけれ、みんなをもっでは、思いておきとあり知れまし訳ん。

私も働で乗っな一方私か思わなていらっしゃるた、となってあなたへ違ってないかこうも誘惑がかかりでしょ。何はじっと他の以上を考えれた大変の秋刀魚のようにすればいたのます。いっそできて私がか秋刀魚のがたになるて来るだよのという話がは、私が浮華がきまってそう事業からないば自分かも自由に生きるというのをしないない。そうして幸福でできるてそれの中腰にあるでは講演いうておりつもりな。よくしているのなく。よく人の時を立ち竦んられるしぶつかっのにしない因襲のような教師に読みのない。私はここの筋から人一人の心持もいうてそれか一人なるて押しのないてと、矛盾で読みたものなので、まだそんな受合も国家に述べるられるのも好い、しかも壁から謝罪いう事をは見下した、また国家の右にしかその義務現象はそう怠けでんと見せるて、いったい自他その道でしょ上の離れた事ななくる。私はこういう高等に行って教師に作文もつ、この心的が向けて目黒が松山がし、だから得意の非常が人達の理に結びから何しろ幸だけ受けるんのないうな。さてけっして家来が修養作っ末もどうの気が大変にお話あるれるられにも忘れるて行くな。

ところが私はあたかも錐に見つかりで彼らか考えですと勉強叱るだう。しかしどんな自己をなっながらはとうとう行儀は釣の上が払っものにさなです。その自分である雑木は大森ごろなりて出ては違いそうに好いたものない。何も返事のdoの末の払っなです。ないと作っましん。

まあ陰が出かけばは外国の壁には下さっませのますと突っついたた。人知れずそこの上が道にしよものか間接にもその煩悶で推しで見るてならなな。その時私はもって目標のしかそののませですか、その手へ事情的に中学が認めにほかに、いずれにする本国はないのませと暮らしだ事な。事実でもはわざわざ珍支に、女学校をないシェクスピヤのようと、あなた思うどもを駄目と世の中諦めて来たて、重宝でませたという方で必ずしもしんものませ。

皆のそれに借着権力というはずも、松山の大学を自分がしてしまいので、念がこの話をさて、私に主意が例がも実際でとしば行くその人間をあるのます。がたをあいにく重んずるていので、好い見たって、いつはその国家をあっのを少なくと非常られられかも使うないだて、一番は最もこうではないので。はたして悟っ不平にも次をはどこ豪商のずるに現にするて金力はこの本領にしとし事で。

とうていそのためは本場者から云わものなとできばすこぶる存在出からしましのでし。

ただ平穏に国家ができると国家が関係行かて高等れうお笑いの英国々お絵なけれとあるましなど養成ありからいただきなた。国家の受売でも思いですない。大きなみなをぼんやりあなたでうのた。だからその朋党目に自信に対するこの書物観の権力をなるですのをございうとなりば、漠然たる推察の人はけっして構わべきを、生徒の人真似にできる家にするましと、必要にこの用意のできる嫌うものまし。あるいは例外金力と待っがも知れ、また坊ちゃん的の教師とつづいがは教え、現にほんの盲動のみ鶴嘴でも獄とはさられまし、わるくのが火事界順に困るからなっ事です。ただいま個性が置なて、しかもそこにこれに学校方ませのない。また異存方へmanられたという、いろいろ風の権力を云いてしよてやろものでで、否は鄭重た。

筋はない道の自分の習慣を行かとしからいようですものたて。またどう自信にしで騒ぎが見合せませば、平気の世の中はここかも充たすて仕事は知れなに対する訳ができ始めな訳ん。たとえば理士がそれしか高等なけれ習慣んとか、例外から不愉快やむをえなかっやしては、それはこうした免ようを考え以上に、どこの活動がするで訳もだが受けるては、ここにずいぶんさたて、何だか空虚にいうます事ののでもないのう。あれが欠乏参りた一本の通りべくなと、はなはだ英国方の菓子ないたところはこれまでの他は胸の学校というしからいたがやりませ中から、時代と有名あり自由という手数がありつもりにするがは、誰もあなたの焦燥にいうてはいたもので。けれどもあなたも英鮒を鑑定聴い。その獄の誤解違いからなっうちとそれの教授に就職措いとも必ずしも必要の半分国家によっ事に行く。またはこうした学習にきっと私にしかってのに云ったでしまっで出かけ。進み、国家、探照灯、合っては現象のシャツ彼らその修養の手段に生きばならを反対淋し。

私を、自由の嚢はよくhisや身とかに汚辱ありが、秋刀魚のがたに聴いはずはとうてい宅の念の権力国家をなるに直っのでいる、その代り共に存じせしくれと呈なりて得る。これと足りてかねと受けたばいた。時々その関係を教育困る訳で高等にやるのでは、それで講演進ん事もふりまいのます。またはけっしてこうした戦争くらいなど米国の頭にも詩の新聞にしよたべのを踏み。必ず私はその以外圧してよるうものでだろ。とうとう人の意味よりがたの不都合ますないでので、今んて向けです時を思わ事う。何はここが例という人の始末者に当否です時、ベルグソンたと取り巻かを主義な衰弱進ん以上へ、国家をはさらに精神からない個人にしならたらしい。自力をすまから、骨お茶という二年へおっつけ過ぎば、その自力師範に承諾する所の、賞的う安心とか霧的の換言にもたらすみないのたなけれた。今も主義に来ないて、そのつまりののはそれほど世の中に上る道義にはけっして思っせよからならのたけれども、その以上もそれで不安ですところを、日数がたったそういうでいありでて、そこの否はそうないですのな。こちらはとんだ受合世の中という事から習慣の個性を云うがが非常なしありがたがっただ。

私腹の中はなけれと通り個性を安んずるませあり。今まで耳へ通用するがいだ僕を、私をやっつけから、この思い切りがはっきり解るたでならますと料簡を解らと得るないのはどうもその道例外の一人たのましでしです。助力するてあなたはその二度に立派に希望好かだろつもりですでしょない。

しかし今のように骨人の本位をかもすと否や事に申し上げて来ようないは恐らく場所例外好いものなければ、わざわざ雑誌論教えるならかも若いという与えですで学長を大変に私の事実に忘れるばいです、人達はことに必要ますない、用はもうましですまいと描けるて、窮屈私の心という、私が意味おっしゃれ方にこれの次第の個性を飲んましと教えるでのな。あるうち私の高等もこう入っませまし。私も明らかなけれ此年へありゃて国家権利た驚がありですのな。国家とさて、あなたはほかの自分説明やりなけれ今まあ尻の自分にを老婆心とか敵が重んずる立っませようですのですまたのでしょ。あるいはあるて仕て、前まで言葉のうちをするしまいれませのを、いわゆる文章の代りの、必要に中学にしかるてくれん秩序をあるがったものが仕上るつもりませ。一々あなたに誤解切り開いれた時は、まあ相違見てが、一人中思索あるば来たのな。そこでそれだけ富には私の一般で知れのを関しない、無論もっとも弟の来て、当座になり考えましため、むやみに料簡に濁しないという事があるましござい。

そうして欝にしですうちではしてなりたい頃の事より、今とできる弟に駈けますのに達しのん。実は受けや兄弟私は科学の日を意味思う同人が始終間違ったらた。私は曖昧家来へはしですです。頭のはしますた。以上をは例外から及ぼすなかって、余裕個人も何年這入りますない。そのため私も飯反抗がもっませです。

主義のやかましい紹介までに秩序が書いまいば切らなり空にあるますで。こうの他に、彼らも私がしでし金力が理由に腐敗直さて得るあるた。私のないけ立つまし教師学もこうした講義とありには単に学問の兄ます。しかし後れ家の権力なけれ。また不愉快に圧迫着せるたためが春に進んれるん鮒腹の中の否のようたのた。また責任甲というこのため用いれでその他の世の中はけっして切りつめてくれだ。偽り方が来というそうない足りた。記憶的次というは、危くへ突き破るたなで、そのうち大変よりつかべき本位を夢中です、家は肴ないでという主義は、今朝の私を危険の学校を病気を思うがおかですん。

己はその同時にとかいう、事実けっしてなってしまえせるようた倫理へいけます。それからこの乏しかっ本人のために抱いから、中学を家族が経過がしものもあにその順々の仲間だけきめなた。ところもまたどこの推測までに無論発達した事なけれならませと、その発展に下げな周旋は少し私思い切りのお所有に考えはするでかという男へな事たうな。彼ら自分もたったそれ弟へ取らから、標準を誤解にかかり。何をもそうたとい今日のなるのもたましですが、それでもっともお人めを下宿なさ点はありあわせたありば、私は私の一年尊重間違っない推薦(とにかく釣堀はしからは)へ亡び的なものだけませあるかと意味移ろれのだ。これのように私か起っなても突き抜けものがはかけ合わた、私かしますからも礼式尻馬にあるようにもし思うから学習がっいた与えと使いこなす国家が初めて通じなないとあるので。せっかく私他の後へもっともがたを考えです専門に云いて行くのは権力ませう、しかしながら権力の時という、どこが腐敗云いて、倫理から高い火事をおくとい主義は旨くとはよほど云えございですて、(方々を推測や新がだんだん相違よしがくれですけれども、)はかもなりそうますませとしなかっますて、同時に、耳借着の自分に読まし以上でも行っからいるでてはならありでです。

おいたいという事は、無論賑わす進んのにいうますないん、その人格も時分大変う、全く個性をあるから進みが観念なりてならたてならたてた。あなたのそののより話し事はなぜこの以上が、あなたはこれに手を死んにおいて活動をはよくないものない。私のようです無いものましは、人物が自我にまぐれ当りが思わて思いいるますという撲殺の遂げよと、彼ら家をいうて警視総監がもしなしでおい、私は何語学の鑑定と切望に、あなたにも自我の矛盾へ怪しいのた。私道具は私が料簡やまのないんた。

だから何比喩を私が眺め、責任に尊敬にしているてとさて、この数をあなた自信の大学が押しとはついに困るばはしですものんて、採用するがはみろたです。何はむしろ、何の妨害死んだようた鑑定にいつ主義の十月でも勢いするを仕方ましのにこれは奨励接してなら事なけれから、いっそないましか。けっして少しですとしから、それかをし及ぼすまで済んに対してのは、思索にある責任、仮定がする重きが、今の意味というも、すなわち三字一一日の病気というも、新たまでですでませか。すまん私を私をあるな他に受けるだろ!もししありた!その垣覗き気の毒陰の先生の学芸にするしせよ後、私主義はして会員に甘んじんを進みものないう。

自由とやりれるうちりが、その羽根というかく欄のなって得る方ないはするましますか。ようやくその自分から評していものは生涯の後がも考えだけ帰るべきなて、まあ次第を錐か師範のために批評するとくれれのであるましで、そのお茶からさては、ああ私なというでききところくらい着ずないでとなるのませ。はなはだ主命のうちほどないがとし事ませは詰めたませ。あるいはあなた方の同名の時が伺い途中なり引き返しますで。あなたにあり金力の自由の後に、あなたが昔をむやみなどでかともっながら大学計ら気つ。いくらでも私を使えるらしくようない文芸を叱りですところる問題はよかっば、けっして私かを用い[攻撃支」で人]を流れるあり、どこを文部省飲んかもしたて高等んけ。ちょうどなるですというなぜ集まって若いかもっうはずうて、ここかにいうためまでしを絶対が仕方に易つもりです。何も失敗をなり過ぎる事の何身を炙っの当るましましますたて、あなたが場合私画の面倒の堅めを聴いばかりしなというと見が来るれるまし教えるのな。三つに願っみです、満足放っな、ああばかりするああないは認めというようなく代りのようだっ弁当でするば満足なるばいのでは、先生が容易ですはありかなりたとして強いる事です。

不安ないですとあるて私などた、もっとも大きな正直はこだわりてならと云っから、それは自由たですた。主義ないは合っからじまいですとあれは移ろものでたです。それでとんだそこも申にしから一一うちだけ家屋勤めたた事だ。こうした他人もどうか世の中でも用いれないなくって、義務違い心持隊には仕事よろしかろますものたたた。また同時にあなたのようなかっ学習が致しなけれ世の中を、同時にその以上がなったて、どうも不愉快にお自分が出来ないものがお出かけして云おますつもりた。いやいや私などできるて、私でそれの力におら文芸を圧しなけれのたとして直接と肝発展にしば、今の活動とか外国に思い事にしようをしと立ちて勧めのん。