WordPressはどこのディレクトリにインストールするとよいのか?

レンタルサーバーにWordPressをインストールするとき、よく下のような設定欄を見かけます。これはWordPressをインストールするディレクトリを指定しています。

インストールするディレクトリによって、アクセス先が変わります。レンタルサーバーによっても変わりますが、基本的には以下の様な構成になります。

レンタルサーバーによっては独自ドメインのみとなっているので、基本ドメイン (プロバイダ提供のサブドメイン) がない場合もあります。基本的にはドメイン毎にディレクトリが用意され、ドメインにアクセスするとそのディレクトリにあるindex.htmlやindex.phpが読み込まれます。

ルートディレクトリ?サブディレクトリ?

ここでの ルートディレクトリ は一般的な最上位ディレクトリのことではなく、ドメイン毎の最上位ディレクトリ (いわるゆドキュメントルート) として利用します。例えば、上図のpublic_htmlなどのことです。

よくあるのが、wpwordpressというサブディレクトリにインストールする設定です。多くのレンタルサーバーがデフォルトで指定しています。もし、これを削除した場合ドメイン毎のルートディレクトリにインストールされます。

WordPressしか使わない予定であればルートディレクトリでも問題ありませんが、将来的に他のCMSや静的サイトと混在させたり、WordPressとは関係のないファイルを置いたりする場合、様々なファイルが混在してしまうので管理が面倒になります。そこで、WordPress用ディレクトリへのインストールをおすすめします。

例えばインストール先をhttp://example.com/wpとします。このwpは他の文字列でも構いませんが、後からの変更は少し面倒なのでシンプルで分かりやすい名前にします。多くのレンタルサーバーでは、指定した文字列で自動的にディレクトリが生成され、そこにWordPressをインストールします。

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLを変更する

サブディレクトリwpにインストールした場合、当然ですがhttp://example.com/にアクセスしてもWordPressにアクセスできません。正確には、http://example.com/wpとURLの最後にwpを付ける必要があります。

WordPressでブログを運営するのであれば、理由がない限りhttp://example.com/でトップページが開くことが自然です。ここでは、URLから/wpを省略する方法を説明します。

WordPressの設定変更とFTPによるファイル編集の2つが必要です。

詳しい説明はWordPressの公式サイトにも掲載されています。また、レンタルサーバーによってはこの設定をワンクリックで行える機能や詳細なマニュアルを備えているところもあります。

WordPressの設定変更

  1. WordPressのダッシュボードにログインします。
    • 例:http://example.com/wp/wp-admin
  2. 設定 > 一般設定を開きます。
  3. サイトアドレス(URL)からwpを削除します。
    • http://example.com/wp > http://example.com
  4. 変更を保存をクリックします。

FTPによるファイル編集

FTPクライアントを利用すると簡単です。FTPクライアントを利用する場合、各プロバイダのマニュアルにあるFTPソフトの設定方法を参考にして下さい。

  1. WordPressをインストールしたディレクトリwpを開きます。
  2. index.phpと.htaccess(存在すれば)をexample.comのルートディレクトリ(public_htmlなど)へコピーします。
  3. コピーしたindex.phpを編集して保存します。
  • 修正前
require( dirname( \__FILE__ ) . ‘./wp-blog-header.php’);
  • 修正後
require( dirname( \__FILE__ ) . ‘./wp/wp-blog-header.php’);

以上でhttp://example.com/にアクセスするとWordPressのトップページが開くようになります。もしアクセスできない場合はキャッシュが原因の可能性があるので、ブラウザを何度か更新してみましょう。

http://example.com/wp/へのアクセスに対応する

このままだとhttp://example.com/wp/にアクセスしてもhttp://example.com/と同じトップページが表示されてしまいます。WordPressのパーマリンクの設定を変更するか、.htaccessでリダイレクトさせることで対応できます。

WordPressのパーマリンク設定

一番簡単な対応方法です。

  1. WordPressのダッシュボードで設定 > パーマリンク設定を開きます。
  2. デフォルトでは、http://example.com/?p=123となっているので、他のパーマリンクを設定します。
  3. http://example.com/wpへのアクセスが、Not foundとなります。

トップページにリダイレクトする

.htaccessファイルを作成(または修正)してhttp://example.com/wpへのアクセスをhttp://example.com/へリダイレクト(転送)させます。ただし、レンタルサーバーによってはmod_rewriteが利用できないこともあり、その場合この方法を利用できません。

.htaccessファイルがなければルートディレクトリに作成します。WordPressのダッシュボードでパーマリンクを更新してるとすでに.htaccessファイルは作成されているはずです。.htaccessに下記のルールを追加します。

RewriteEngine On
RewriteRule ^(wp/|wp)$ http://example.com/ [R=301,L]

または

RewriteEngine On
RewriteRule ^(wp/|wp)$ / [R=301,L]

これで、http://example.com/wp/へのアクセスがhttp://example.com/へリダイレクトされます。

.htaccessの操作に慣れていなければトラブルの原因となるのでおすすめしません。またレンタルサーバーによっては他の記述が必要になることもあります。

リダイレクトの設定はレンタルサーバーの運用になれてきてからでも問題はありません。