お名前.com レンタルサーバーに独自ドメイン対応のWordPressを簡単にインストールする方法

お名前.comレンタルサーバーには「かんたんブログインストール」と呼ばれる、WordPressを簡単に導入するための機能が標準装備されています。この機能を利用してWordPressをインストールしてみましょう。

注意
インストール機能を利用するとプラグイン「Jetpack」が自動的に追加されます。初期設定は無効となっているので、必要に応じて有効にしてください。

独自ドメインの設定

お名前.comを含め他社の独自ドメインを利用する場合、予めサーバーに追加しておく必要があります。下記を参考にドメインの設定を行ってください。

WordPressのインストール

  • サーバーのコントロールパネルにログインします。
  • 「Web設定」の「WordPressインストール」を選択します。
  • 「かんたんブログインストール」が表示されます。
  • 「新規インストール」をクリックします。
  • 「新規インストール」が表示されます。
  • WordPressの「作成」をクリックします。

WordPressの設定

下記を参考に、選択または入力してください。

インストールURL
インストールするドメインとディレクトリを設定します。後述する「インストールディレクトリ」や下記を参考に設定してください。
WordPressはどこのディレクトリにインストールすべきか?
データベース
「MySQL/新規作成」のままで問題ありません。
もし1つのデータベースに複数のWordPressをインストールする場合は、既存のデータベースを選択できます。
テーブル接頭辞
そのまま (wp_) で構いません。詳細は下記を参考にしてください。
WordPressインストール時に設定するデータベースのテーブル接頭辞とは?
ブログのタイトル
WordPressサイトのタイトルとして表示されます。インストール後に変更可能です
管理者パスワード
WordPressの管理画面 (ダッシュボード) へのログインに利用されます。メモしておきましょう。
管理者メールアドレス
管理者用アドレスとして利用されます。アップデート通知やコメント通知などにも利用されます。

全ての入力を終えたら「確認画面へ進む」をクリックします。

インストールディレクトリ

他のレンタルサーバーのインストール機能と異なり、必ず「/wp」ディレクトリが生成されます。そのためドキュメントルート (公開ディレクトリ) にインストールすることはできません。

他のレンタルサーバーのように「http://www.example.com/wordpress」と設定すると、実際にインストールされるディレクトリは「/example.com/wp/wordpress/」となるので注意しましょう。

初期設定のまま「http://ドメイン/」でインストールすると、Webサイトへは「http://ドメイン/」でアクセスできますが、実際のインストールディレクトリは「/example.com/wp」となり、ダッシュボード (管理画面) へアクセスするURLは「http://ドメイン/wp/wp-login.php」となります。

意味が分からない場合は、初期設定のままドメインのみ変更することをお薦めします。

  • 確認画面が表示されます。
  • 問題がなければ「決定」をクリックします。

これでインストール作業は終了です。ダッシュボードへのログインに必要な「管理者ユーザ名」は自動生成されるため、忘れないようにメモしておきましょう。

WordPressの操作に慣れていないのであれば、「管理画面URL」もメモしておくと良いでしょう。

「簡単ブログインストール」にWordPressが追加されます。

さきほどの「管理画面URL」にアクセスすると、ログイン画面が表示されます。「管理者ユーザー名」と「管理者パスワード」でダッシュボード (WordPressの管理ツール) にログインできます。

関連記事