ラクサバで他社の独自ドメインを設定する方法

ラクサバは他社で登録管理している独自ドメインを利用することができます。ラクサバや同社のエルドメイン(ELDOMAIN)でも独自ドメインの登録管理は可能ですが、スタードメインやムームードメインなどと比較するとやや割高です。ラクサバでウェブサイトを運用するなら、格安レジストラでドメインを管理しておくことで、ランニングコストを抑えることができます。

ラクサバの詳細については当サイトのレビューをご覧ください。

レジストラの設定変更

ラクサバでは他社管理のドメインを設定するために、事前に他社レジストラでの手続き(DNSサーバーの変更)が必要です。手続き前にドメインの設定を行うと、以下のようなエラーメッセージが表示され登録できません。

ここではレジストラ(リセラー)として、ムームードメイン、スタードメイン、バリュードメイン、お名前.comを例に説明します。基本的な設定方法は同じなので、他のレジストラでも参考になるでしょう。

ラクサバのネームサーバーは以下の通りです。

ネームサーバー  
プライマリネームサーバー ns.rakusaba.jp
セカンダリネームサーバー ns2.rakusaba.jp

ムームードメインでの設定方法

  1. ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「ネームサーバ設定変更」を選択します。
  3. 対象ドメイン(example.com)の「ネームサーバ設定変更」をクリックします。
  1. 「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」を選択します。
  2. ラクサバのネームサーバーのアドレスを入力します。
  3. 「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

これでムームードメインの作業は終了です。

スタードメインでの設定方法

  1. スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「管理ドメイン一覧」を選択します。
  3. ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ドメイン管理ツール」をクリックします
  • 「ネームサーバーの確認・変更」をクリックします。
  1. ラクサバのネームサーバーのアドレスを入力します。
  2. 「確認画面」をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

バリュードメインでの設定方法

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「ドメイン」を選択します。
  1. メニューの「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択します。
  2. ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ネームサーバー」をクリックします。
  1. ラクサバのネームサーバーのアドレスを入力します。
  2. 「保存する」をクリックします。

これでバリュードメインの作業は終了です。

お名前.comでの設定方法

  1. お名前.comのコントロールパネル(ドメインNavi)にログインします。
  2. ドメイン一覧から対象ドメイン(example.com)の「ネームサーバーを変更する」をクリックします。
  1. 「他のネームサーバーを利用」タブを選択します。
  2. ラクサバのネームサーバーのアドレスを入力します。
  3. 「確認画面へ進む」

これでお名前.comの作業は終了です。

ラクサバでのドメイン設定方法

  1. コントロールパネル(ラクサバサーバパネル)にログインします。
  2. サイドメニューより「ドメイン設定」を選択します。
  3. 関連メニューの「ドメインの追加設定」をクリックします。
  1. 「ラクサバのネームサーバを使用する場合(通常)」を選択します。
  2. 「他社にてご取得されたドメインを追加したい場合」を選択します。
  3. 登録するドメインを入力します(例 example.com)。
  4. 「ドメインの追加をおこないますか?」をクリックします。
FTPパスワードについて
FTPのパスワードを入力すると、FTPアカウントも生成されます。このアカウントはドメイン専用のアカウントという位置づけですが、特別なものではありません。FTPのホームディレクトリがドメインのドキュメントルート(公開ディレクトリ)に設定されるだけです。後からでも同様のアカウントは追加できるため基本的に不要です。

確認画面が表示されるので、「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

ドメイン設定の完了画面が表示されます。FTPのアカウントを同時に設定した場合、そのアカウント情報も表示されます。

これでドメイン(example.com)が登録されました。

登録したドメインに対するドキュメントルート(公開ディレクトリ)は「public_html/example.com」となります。ドメイン名で自動設定されますが、ラクサバではドキュメントルートを自由に変更することができます。必要に応じて変更すると良いでしょう。

ドメイン設定後の注意点

これらの設定で、独自ドメイン(例 example.com)でラクサバのサーバーにアクセスできるようになりますが、少しだけ注意があります。

  • DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
  • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

関連記事