ラクサバに独自ドメイン対応のWordPressを手動でインストールする方法

ラクサバにはWordPressの自動インストール機能が備わっているため、簡単にWordPressを導入することができます。データベースやレンタルサーバーの操作に詳しくない初心者であればインストール機能を利用しましょう。

ここでは独自ドメインと任意のデータベースを設定してから、WordPressを手動でインストールする方法を説明します。自動インストール機能で導入されるWordPressのバージョンがかなり古いため、最初から最新版をインストールするなら手動で導入する意味があるでしょう。

独自ドメインの設定

独自ドメインでWordPressサイトを運営するなら、予めドメインを設定しておく必要があります。下記を参考にドメインをサーバーに登録しましょう。

データベースの作成

  • コントロールパネル(ラクサバサーバパネル)にログインします。
  • サイドメニューから「MySQL設定」を選択します。
  • 関連メニューの「MySQLの追加」をクリックします。
  • データベース名を入力します。データベース名は「サーバーID_任意の文字列」となります。ここでは「example_wp」として説明します。
  • 「MySQLの追加(確認)」をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。

これでデータベースが作成されました。これだけではデータベースにアクセスできません。

作成したデータベースへのアクセスに必要な「MySQLユーザー」を作成しましょう。

  • 関連メニューの「MySQLユーザの追加」をクリックします。
  • MySQLユーザIDを入力します。ユーザIDは「サーバーID_任意の文字列」となります。ここでは「example_wpuser」として説明します。
  • パスワードを入力します。データベースへのアクセスに必要となります。ユーザーIDとともにメモを残しておきましょう。
  • 「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。「MySQLユーザーの追加(確定)」をクリックします。

これでMySQLユーザーが作成されました。

次にデータベースにユーザーを設定してアクセス権を与えます。「example_wpuser」の隣にある「追加」をクリックします。

  • データベースに対してどの操作権限を与えるかを選択します。
  • 「すべて選択」をクリックして全ての権限を有効とします(WordPress公式の推奨設定です)。
  • 「アクセス権の追加(確認)」をクリックします。
  • 確認画面が表示されるので「アクセス権の追加(確定)」をクリックします。

これでデータベース(example_wp)に全ての操作権限をもつユーザー(example_wpuser)が設定されました。これでデータベースの準備が完了しました。

WordPressのダウンロードとアップロード

ファイルを展開してからラクサバにアップロードします。転送前に、ディレクトリとドメインの関係を確認しておきましょう。

図のようにラクサバでは、ドメイン毎に公開ディレクトリ(ドキュメントルート)が生成されます。この説明では example.com でWordPressを運用することにします。つまり、対応する /public_html/example.com ディレクトリにアップロードする必要があります。

インストールディレクトリは慎重に設定してください。後からでも修正できますが、データベースの操作が必要であったり、初心者でなくとも面倒です。

この説明では公開ディレクトリ /public_html/example.com ではなく、WordPress用のディレクトリ /public_html/example.com/wp にインストールします。Zipファイルを展開すると wordpress という名称のフォルダが生成されるため、wp に変更して、/public_html/example.com にアップロードします。正しくアップロードされれば、図のような構成となります。

/wp ディレクトリにインストールする理由については、下記を参考にしてください。

メモ
WordPressはファイル数が非常に多いため、展開してから転送すると非常に時間がかかります。ベーシックプラン以上であればSSHを利用して、wget等によりサーバー側でダウンロード・展開すると効率的です。ライトプラン以下でもzipファイルをそのまま転送して、ファイルマネージャ(サーバー側)で展開するという方法があります。

WordPressのインストール

ここからの作業は一般的なWordPressのインストール作業であり、ラクサバであっても他のレンタルサーバーであっても同じです。

  • Webブラウザで http://example.com/wp/ にアクセスします。
    • もし、 インストールディレクトリ = /public_html/example.com とした場合は、 http://example.com/ にアクセスします。
  • この画面が表示されたら、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベース情報を入力します。

  • 「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」は、データベース作成時にメモした内容を入力します。
  • 「データベースのホスト名」は「localhost」のままです。
  • 「テーブル接頭辞」は特別な理由がなければ初期設定の wp_ のままで構いません。
  • 正しく入力できたら「送信」をクリックします。
  • この画面が表示されれば、データベースと正しく接続されたことになります。
  • 「インストール実行」をクリックします。

WordPressのサイト情報と管理者アカウントを登録します。下記を参考に入力してください。

サイトのタイトル
ウェブサイトのタイトルとして表示されます。
ユーザー名・パスワード
管理者アカウントとなります。
ダッシュボード(管理ツール)へのログインに必要な情報なので、忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
管理者のメールアドレスです。例えば、アップデート通知やコメント通知に利用されます。パスワードを忘れたときの変更手続きにも利用されるため、有効なメールアドレスを入力します。
検索エンジンでの表示
チェックすると検索エンジンのクローリング 対象外 となります。テストサイトであったり公開したくない場合はチェックします。ただし、チェックしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

全ての項目は、インストール後にダッシュボードで変更可能です。

間違いがなければ「WordPressをインストール」をクリックします。

  • インストールが完了しました。
  • 「ログイン」をクリックすると、ダッシュボードのログイン画面へ移動します。
  • 先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

この記事では /public_html/example.com/wp にインストールしているため、WordPressサイトを開くためには http://example.com/wp/ へアクセスする必要があります。http://example.com/ でトップページが開くようにするには、下記を参考にWordPressの設定を変更してください。

関連記事