FC2レンタルサーバーにWordPressを簡単にインストールする方法

この記事の内容は古いため現状と異なる可能性があります。新しい記事も参考にしてください。

FC2レンタルサーバーにWordPressをインストールする手順を説明します。ここではPLESK (コントロールパネル) にあるインストール機能を利用します。この機能を利用するとデータベース設定などが不要となり、初心者でも簡単にWordPressを使い始めることができます。何かしらの特別な設定が不要であれば、このインストール機能を利用すると良いでしょう。

独自ドメインの設定

example.com ような独自ドメインを利用する場合、予め登録しておく必要があります。ドメインの登録は下記を参考にしてください。ここでは、独自ドメインを example.com、対応するドキュメントルートを /httpdocs として説明します。

WordPressのインストール

  • PLESKにログインします。
  • インストールしたいドメインの ホスティング管理 をクリックします。
  • アプリケーション タブをクリックします。
  • インストール機能に対応したアプリケーションが表示されます。
  • WordPress のインストールをクリックします。
  • 「ライセンス条項に同意します。」をチェックします。
  • 次へ をクリックします。

インストール設定

最も簡単にインストールするなら、ドメインとディレクトリを選択するだけです。ドメインとディレクトリの関係は下図を参考にしてください。

このままインストールすると、MySQLは自動設定され、WordPressの管理者アカウントはPLESKのアカウントと同じものが設定されます。

WordPress専用 (PLESKとは無関係) のアカウントを設定するなら、管理者アクセス の 「特定のユーザに関連付けられていない管理者クレデンシャルを使用してください」をチェックして、WordPress管理者アカウントを入力します。

インストール先を http://example.com/wp としてインストールすると、ディレクトリは以下のようになります。

WordPressのみ利用するならドキュメントルートにインストールしても良いでしょう。しかし他のアプリケーションやWordPressと無関係なファイルを利用する予定があれば、http://example.com/wp として、WordPress専用のディレクトリを割り当てると後々困りません。

オプション設定

「すべての設定を表示」をクリックすると詳細な設定が可能となります。

  • 管理者のメールアドレス
    • 管理者アカウントのメールアドレスとなります。
  • サイト名
    • 「サイトのタイトル」として利用されます。
  • インターフェース言語
    • 初期設定は英語です。「Japanese」を選択すると日本語表記になります。
  • データベース名、データベースユーザ名、データベースのユーザーパスワード
    • MySQLのデータベース名などに任意の文字列を指定できます。

インストール完了

インストールが完了しました。Administrative interface をクリックすると、WordPressのダッシュボードが開きます。このPLESKからアクセスした場合、ダッシュボードへのログイン作業は自動化されます。

インストール段階でオプション設定をしなければ、英語表記となります。WordPressは多言語対応なので、簡単に日本語表記に変更できます。

WordPressの日本語化

  • ダッシュボードにログインします。
  • メニューの Settings > General を選択します。
  • Site Language から 日本語 を選択します。
  • Save Changes をクリックします。

これで言語設定が日本語になります。

データベース情報について

インストール機能を利用すると、データベース名やデータベースユーザ情報が分からなくなります。単にWordPressを利用するだけなら意識する必要もありませんが、スクリプト等でデータベースにアクセスする際に必要となります。

自動生成されたデータベースの設定情報は、WordPressのインストールディレクトリにある wp-config.php で確認することができます。

URLについて

この記事では /httpdocs/wp にインストールしているため、WordPressを開くためには http://example.com/wp/ にアクセスする必要があります。http://example.com/ でアクセス可能とするためには、下記の記事を参考にWordPressの設定を変更してください。

関連記事