さくらインターネットのレンタルサーバーを契約する

さくらインターネットの共用レンタルサーバーを契約する手続きを紹介します。

さくらインターネットには2週間の無料お試し期間があります。全てのプランに適用され、お試し期間が終わるまでに契約(本登録)するかどうかを決めることができます。もし、機能的に満足できない場合はキャンセルすることも可能なので、気軽に試してみましょう。

特に難しいところはないので、気をつけたいポイントだけ説明しています。基本的には、赤枠部分を入力または選択していきます。契約という言葉が出てきますが、お試し期間のための仮契約のことです。ただ仮契約とはいえ、ここで入力された情報はそのまま本登録にも利用されるので正確な情報を入力しましょう。

プラン選択と初期ドメイン名の決定

プランの選択

希望するプランを選択しますが、さくらインターネットでは契約中に他のプランへの変更ができません。もし、将来的にスペック不足で上位プランに移行したいと思ってもできないので注意が必要です。

プランを変更するためには、新規にそのプランを契約して、全てのデータを手動で移行させる必要があります。簡単にファイルを移動させるだけなら楽ですが、データベース等設定が必要なサイトを運営していた場合は少し面倒です。

しっかりとプランの内容を確認して、必要十分なプランを選択するようにしましょう。

初期ドメイン名の入力

他社ではブログなどのWebサイトを公開するために独自ドメインが必須なところもあります。さくらインターネットでは初期ドメインとして、[自由な名前].sakura.ne.jpを使うことができます。他にもさくらインターネットが保有する2つの(サブ)ドメインを追加することができるので、計3つのドメインを無料で利用することができます。

さくらインターネットは、全てのプランでマルチドメインに対応しています。独自ドメインを持たなくても、最初から3つのサイトを運営することが可能です。ただし、初期ドメインは後から変更できません。利用する予定があれば、公開しても問題のない名前にしましょう。

初期ドメイン名は、様々なところで利用されます。以下、一例です。

  • データベース名
  • データベースユーザ名
  • FTPアカウント

規約確認

契約者情報の登録

手続き終了後に申し込み受付等のメールが届くので、特にメールアドレスは間違えないようにしましょう。また、支払い方法に「請求書払い」を選択すると請求書が郵送されるので、住所もしっかりと確認しましょう。

パスワードの入力

契約後に管理パネル(会員メニュー)のログインに必要となります。忘れないようにメモしておきましょう。

支払い方法の選択

クレジットカードを選ぶ場合は注意が必要です。本契約前提なら問題ありませんが、クレジットカードの場合、試用期間が過ぎると自動的に本登録(本契約)となってしまいます。もちろん、試用期限前にキャンセル操作を行えば問題ありませんが、心配な方は銀行振込を選択しておくと良いでしょう。ただし、そのまま本登録する場合は振り込み手数料が必要となります。初回の支払い方法は変更ができませんが、次回以降は変更することができます。

入力・選択内容の確認

間違いがなければ申し込みを確定します。

受付完了

もし満足できなかったら

試用期間を経て、「思っていたのと違う」「使いたいと思っていた機能がなかった」など、残念ながら満足できなかった場合は会員メニューからキャンセルすることができます。

クレジットカードを選択した場合は、他の支払い方法と異なり期日までにキャンセル手続きを行わないと自動的に本登録となってしまうので、終了期日には注意しておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • 更新履歴
    • 2015年2月27日:初期ドメイン名の利用例を追加。

関連記事