レンタルサーバー最速のレスポンス性能!シックスコアの評価と比較

シックスコア(SIXCORE)はエックスサーバー社が運営する最上位ブランドのレンタルサーバーです。シックスコアの特徴はハイスペックサーバーの採用とユーザー収容数を明確に制限していることです。他のレンタルサーバーと比較するとやや高額ですが、一つのサーバーで運用されるサイト数を絞るなど、高性能かつ安定性に注力したサービスとなっています。

レンタルサーバーを選択する際、最も大切なポイントは「ウェブサイトのレスポンス性能」です。いくら豊富な機能に対応していても、運営するサイトのレスポンスが悪ければ意味がありません。訪問者を自分に置き換えて考えれば、なかなか開かないページにイライラすることは想像に難くないでしょう。さらにレスポンスの悪さは検索エンジンの評価に悪影響を与えます。

ここではシックスコアで稼働しているウェブサイトのレスポンス性能を評価し、他のレンタルサーバーとの比較を行います。

測定方法

測定用サーバーから定期的にアクセスして、ウェブページの取得に要する時間を測定します。測定対象として 動的ページ静的ページ があります。

動的ページ
WordPress によるサイト(PHP&データベース)
コンテンツは平均的なウェブページの構成を採用(HTTP Archiveの統計データを利用)
静的ページ
htmlファイルによるサイト
WordPressが生成したデータをhtmlファイル化

測定期間

測定期間は 7日間 です。

一度きりの測定では意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果となることを(完全ではありませんが)防げます。

一定期間測定することで、利用者数(訪問者数)が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

シックスコアは同社のエックスサーバー等と同様に、さくらインターネットの大阪データセンターで運用されています。ネットオウルのレンタルサーバーやSova WPでも採用されており、高性能かつ安定性のある高品質なデータセンターです。

経路図は測定元からデータセンターまでのネットワークを示しており、経由するIX(インターネットエクスチェンジ)等を含みます。測定元はK-Opticom(インターネットプロバイダ)のネットワーク内、関西圏(赤い円)にあるサーバーです。

測定用サーバーは 測定専用 として測定以外の処理は行っていません。

ネットワーク環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターとサーバーは有線接続

測定結果

  動的ページ 静的ページ
有効測定 4,032回 4,032回
棄却検定除外 1.26% (51) 1.14% (46)
棄却検定閾値 1.17秒 0.74秒
エラー 0% (0) 0% (0)
3秒以上 0.35% (14) 0.10% (4)
中央値 0.50秒 0.26秒
平均値 0.47秒 0.29秒
ばらつき/標準偏差 0.14秒 0.09秒
測定結果について
有効測定はエラーを省いた回数を示します。
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態(混雑具合)が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値(外れ値)を棄却検定「Grubbs’ test(α=0.001)」により省いています。これは測定サーバー側の異常を省く意味もあります。
生データ(未加工データ)の測定結果は最後に掲載しています。
ばらつき(標準偏差)
統計的な話ですが、レスポンスの 約68%平均値 ± ばらつき に、 約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほどレスポンスが安定していることになります。

レスポンスの基準

様々な調査結果により 3秒 という時間がレスポンス性能のキーワードとなります。

コンテンツが表示されるまでに3秒を超えてしまうと、

  • 訪問者の40%がサイトから離脱(データによっては57%)
    • 訪問者の47%は2秒以内の読み込みを希望
  • 訪問者の79%は、そのサイトを再訪しない

レスポンス性能の影響は様々です。

  • 1秒遅くなると、ページビュー11%減、コンバージョン率7%減、顧客満足16%減
  • 10万ドル/日を売り上げるサイトであれば、1秒の遅れで250万ドル/年の損失
    • Amazonであれば1秒の遅れで、16億ドルの機会損失
  • モバイル環境(スマートフォンなど)ではネットワーク環境が貧弱なこともあり、より厳しい評価となります

快適なWebサイトの条件は、 「最低でも3秒以内」 「理想は2秒以内」 のレスポンスとなります。それを越えてしまうと、どうしても必要な情報がない限り目に触れる機会すらなくなります。

参考
How Loading Time Affects Your Bottom Line
The Cost of Poor Web Performance – INFOGRAPHIC

シックスコアの評価

前回測定時 よりサーバーのスペックが飛躍的に向上しているため、レスポンス性能も改善されています。キャッシュ機能を備えるWordPress専用サーバーを除けば最速のレンタルサーバーでしょう(2016年8月時点)。基本性能が非常に高くどのような用途にも利用できます。

他のレンタルサーバーと比較して利用料金は高いのですが、それだけの価値はあります。

契約時期 スペック
前回(2015年) Xeon E5-2430L (6コア/12スレッド、15MBキャッシュ、2GHz/TB時2.5GHz)、メモリ24GB
今回(2016年) Xeon E5-2630 v3 (8コア/16スレッド、20MBキャッシュ、2.4GHz/TB時3.2GHz)、メモリ96GB

最後の「他のレンタルサーバーとの比較」を見ると分かりますが、記事作成時(2016年8月)では最も優秀な結果となっています。同社のwpXなどのWordPress専用サーバー(キャッシュあり)には劣りますが、キャッシュなしであることを考慮すれば文句のない性能でしょう。シックスコアにも「Xキャッシュ」というキャッシュ機能があるため、それを利用すればWordPress専用サーバー並のレスポンス性能を出すことも可能です。

夜間にレスポンスが低下する傾向にありますが、僅かな差であり、他のレンタルサーバーでも同様なので気にするほどではありません。他に気になる部分は棄却検定による除外数(1.26%)です。棄却検定を適用していない結果をみると、初日の夜間(22時前後)にレスポンスが悪化していることを確認できます。この時間帯の結果が、異常値を増やす原因となっているのでしょう。

全体的に高性能であることは間違いありませんが、やはり共用サーバーである以上、他のユーザー(サイト)の影響を受けます。おそらくこの時間帯に同じサーバーにある他のサイトへのアクセスが急増したのでしょう。これだけレスポンスが変化するほどの負荷でもエラーは発生していません。さらに遅延時の平均値は「1秒未満」と、他サービスの平均値より優秀なくらいです。高額なレンタルサーバーであっても、この程度の変化はあるということです。

静的ページの結果も文句なく最速クラスの性能となっています。シックスコアのユーザーで静的サイトを運営することはないと思いますが、この結果からもシックスコアの基本性能の高さが分かります。

X2、エックスサーバー、wpXとの比較

測定結果について
動的ページ(WordPress)の比較となります。グラフのX軸は7日間を4時間毎に区切ったものです。また、色の付いている部分は夜間(18:00~02:00)を示しています。
変動係数は「平均値に対する変動の割合」を示します。平均値(処理時間)が同じであっても、変動係数が大きい方の処理時間がばらつくことになります。
  シックスコア X2 エックスサーバー wpX
有効測定 4,032回 4,032回 4,029回 4,032回
棄却検定除外 1.26% (51) 0.72% (29) 0.60% (24) 2.46% (99)
棄却検定閾値 1.17秒 2.75秒 1.12秒 0.50秒
エラー 0% (0) 0% (0) 0.07% (3) 0% (0)
3秒以上 0.35% (14) 0.62% (25) 0% (0) 0.02% (1)
中央値 0.50秒 0.79秒 0.55秒 0.22秒
平均値 0.47秒 0.83秒 0.49秒 0.24秒
ばらつき/標準偏差 0.14秒 0.39秒 0.15秒 0.05秒
変動係数 29.8% 47.0% 30.6% 20.8%

やはり気になるのは同社の他サービスとの比較でしょう。ここでは、X2(エックスツー)、エックスサーバー(XSERVER)、wpXを比較対象とします。

まず、X2のレスポンスの悪さが目立ちます。他社サービスと比較すれば、決して悪い結果ではありません。しかし、序列的にはエックスサーバーの上位サービスのはずですが、残念な結果となっています。

サービス CPU メモリ
シックスコア Xeon E5-2630 v3 (2.40GHz) x 2 96GB
X2 Xeon E5-2430L 2.00GHz 16GB
エックスサーバー Xeon E5-2630 v3 (2.40GHz) x 2 96GB
wpX Xeon E5-2630 v3 (2.40GHz) x 2 96GB

理由は明確であり、他のサービスと比べてX2はハードウェアの更新が遅れています。X2以外は最新ハードウェアへの移行が終わっています。理由は不明ですが、同社はX2にあまり力を入れていないようです。もしX2を検討するのであれば、ハードウェアの更新を待った方がよいでしょう。

wpXは専用キャッシュシステムを備えているため、段違いのレスポンス性能があります。

シックスコアは汎用的なレンタルサーバーの中では最高の性能を備えています。さらに独自の「Xキャッシュ」を有効にすれば、wpXに劣らない性能とすることもできます。

エックスサーバーもシックスコアに近いレスポンス性能があることが分かります。わずかに劣る程度なので、コストパフォーマンスを重視するならおすすめできます。

シックスコアの特徴は、信頼性や安定性の高さにもあります。シックスコアの運用方針は「サーバーへ収容するユーザー数を少なくする」となっています。一般的なサービスのように多くのユーザーを詰め込むことがないため、相対的に性能や安定性が向上します。「レスポンス性能」「安定性」「信頼性」の3拍子のそろった高品質なサービスがシックスコアです。

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

当サイトで測定済みのレンタルサーバーとの比較です。詳細は各リンク先を確認してください。

測定結果(未加工データ)

  動的ページ 静的ページ
3秒以上 0.35% (14) 0.10% (4)
中央値 0.50秒 0.26秒
平均値 0.50秒 0.31秒
ばらつき/標準偏差 0.43秒 0.18秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス(プラン)に対して多数のサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。

関連記事