スマイルサーバーにWordPressをインストールする方法

スマイルサーバーにWordPressをインストールする手順を説明します。この説明では 管理者パネル (コントロールパネル) に用意された アプリインストーラ機能 を利用します。この機能を利用すれば、初心者でも簡単にWordPressを使い始めることができます。

何かしらの特別な設定が不要であれば、この機能を利用するとよいでしょう。スマイルサーバーではデータベースが予め設定されているため、他のレンタルサーバーのようにデータベースを作成しておく必要がありません。

それでは、WordPressをインストールしてみましょう。

独自ドメインを利用する場合
インストール前に 契約者パネル で、ドメイン設定の手続きを行う必要があります。

インストール機能を利用する

  • 管理者パネル にログインします。
  • その他アプリインストーラ を選択します。
  • WordPressの インストール をクリックします。
  • 免責事項を確認して、同意する をクリックします。

インストール設定

WordPressのインストールに必要な情報を入力または選択します。

  • インストールディレクトリ
    • WordPressをインストールするディレクトリを指定できます。
    • 次の 「インストールディレクトリについて」 を参考にしてください。
  • データベース名
    • 契約時に通知された3つのデータベースから選択します。
  • データベースユーザ名
    • 設定済みとなっており変更できません。
  • データベースパスワード
    • 契約時に通知されたパスワードを入力します。
    • 変更していた場合、そのパスワードを入力します。
  • データベーステーブル接頭辞
    • 設定済みとなっており変更できません。
    • テーブル接頭辞については下記を参考にしてください。
  • 次へ をクリックします。

インストールディレクトリについて

インストールディレクトリは慎重に設定してください。あとからでも修正できますが、データベースの操作が必要であったりと初心者には面倒です。上図はインストールディレクトリの違いによる、インストール後のディレクトリ構造を示します。

インストールディレクトリの詳細については、下記を参考にしてください。

最終確認とインストール実行

  • 確認画面が表示されます。
  • 間違いがなければ、インストール をクリックします。
  • しばらくするとインストールが終了します。
  • WordPress設定画面へ をクリックします。

WordPressの設定

ここからはインストール機能とは関係のない、通常の作業となります。

WordPressの初期設定に必要な情報を入力します。

サイトのタイトル
Webサイトのタイトルとして表示されます。
ユーザー名・パスワード
管理者アカウントとなります。
ダッシュボード(管理ツール)へのログインに必要な情報なので、忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
管理者のメールアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知にも利用されます。
検索エンジンでの表示
チェックすると検索エンジンのクローリング対象 となります。テストサイトであったり公開したくない場合はチェックします。ただし、チェックしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

全ての項目は、インストール後にダッシュボードで変更可能です。

間違いがなければ WordPressをインストール をクリックします。

インストールが完了しました。ログイン をクリックすると、ダッシュボードのログイン画面へ移動します。先ほど設定したユーザー名とパスワードを利用してログインします。

この記事では /http/wp にインストールしているため、WordPressを開くためには http://example.com/wp/ にアクセスする必要があります。http://example.com/ でアクセス可能とするためには、下記の記事を参考にWordPressの設定を変更してください。

スマイルサーバーの特徴ですが、インストールディレクトリにphp.iniが生成されます。もしWordPressの動作に関するPHPの設定変更が必要であれば、このファイルを編集しましょう。

関連記事