バリュードメインで登録したドメインを他社のレンタルサーバーに利用してみよう

バリュードメイン(VALUE-DOMAIN)で独自ドメインを登録(取得)しても、そのままではWebサイトを公開することはできません。ここでは1つの例としてエックスサーバー(XServer)で独自ドメインを利用する方法を説明します。

エックスサーバーだけでなく、他のレンタルサーバーでも手順はほとんど変わりません。

エックスサーバーはドメイン管理(レジストラ/リセラー)も行っているので、もしエックスサーバーでドメインも取得するなら、面倒な手続きは必要ありません。すぐにWebサイトを公開することができます。ただし、お名前.comやバリュードメイン等の格安レジストラと比較すると割高なので、敢えてレンタルサーバーでドメインも契約する人はあまりいませんね。

バリューサーバーを運営するGMO DigiRockは「コアサーバー」や「バリューサーバー」などのレンタルサーバー事業も行っています。もし、それらのレンタルサーバーを利用するのであれば、より簡単に設定を行うことが可能です。

バリュードメインの設定から説明しますが、エックスサーバーの設定から行っても問題ありません。

バリュードメインの設定を変更する

バリュードメインのコントロールパネルにログインします。

左のメニューにある「ドメイン」をクリックすると、サブメニューが表示されます。サブメニューにある「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」をクリックします。

ドメイン一覧

契約しているドメイン一覧(「ドメインの設定操作」ページ)が表示されます。

エックスサーバーに利用するドメインの「ネームサーバー」をクリックします。

ネームサーバーの変更

ネームサーバー(DNSサーバー)のアドレスをエックスサーバーが指定するアドレスに変更します。

予め、エックスサーバーの公式サイトでアドレスを調べておきましょう。

エックスサーバーの設定

エックスサーバーのサーバーパネル(コントロールパネル)にログインします。

メニューの「ドメイン」にある「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン追加

ドメイン設定のページが開きます。

  1. 「ドメインの追加設定」タブをクリックします。
  2. エックスサーバーで利用する独自ドメイン(今回はバリュードメインで取得したドメイン)を入力します。
  3. 間違いがなければ「ドメインの追加(確認)」をクリックします。
  4. 確認画面が表示されます。「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

設定完了

問題がなければ、設定完了の画面が表示されます。

設定内容にある説明の通り、ドメイン設定後はWebサイトにアクセスできるようになるまでしばらく時間が必要です。

ドメイン一覧

独自ドメインがドメイン一覧に追加されます。これでバリュードメインの独自ドメインをエックスサーバーで利用できるようになりました。

ドメイン設定後はDNSサーバーに情報が反映されるまで、Webサイトにアクセスすることはできません。詳しくは下記のページをご覧下さい。

関連記事