バリュードメインで独自ドメインを取得してみよう

バリュードメイン(VALUE-DOMAIN)は、お名前.comやムームードメインと同じ格安ドメインレジストラの1つです。2002年8月にサービスを開始しており、歴史のあるレジストラです。レンタルサーバー事業も行っており、他のレジストラと比較すると玄人向けという印象が強いですね。

それでは、バリュードメインで独自ドメインを取得(登録)する手順を説明します。この説明は初心者向けであり、バリュードメインのアカウントを所持していないことを前提に進めます。

バリュードメインのアカウント1つで、レンタルサーバーのコアサーバーやバリューサーバーも利用できます。便利なので興味があれば1つ作っておくと良いでしょう。

公式サイトへアクセス

メニューの「ドメイン登録」をクリックすると、「ドメイン検索」ページへ移動します。

ドメイン検索

希望するドメインの空き状況を確認します。例えば、「example.com」を希望するなら「example」と入力して検索を実行します。複数のドメインの検索結果が同時に表示されます。

試しに「hosting」で検索すると「or.jp」以外は空きがありませんね。

「.com」に「購入」アイコンが表示されていれば、「example.com」が空いていることが分かります。

「購入」アイコンをクリックすると、ログイン画面に移動します。

アカウント作成

バリュードメインを初めて利用するユーザーを前提としているので、ここでアカウントを作成します。

「ユーザー登録されていない場合は、こちらから登録ください。」をクリックします。

ユーザー情報登録

ユーザー情報を登録するページへ移動するので、下記の情報を入力します。

個人利用を前提とした必須項目のみ挙げています。

  • ユーザー名
    • アカウントのユーザーIDとなります。(変更できません)
  • パスワード / パスワード(確認)
    • アカウントのパスワードとなります。ログインに必要です。
  • メールアドレス / メールアドレス(確認)
    • 重要な通知に利用されるので、間違えないようにしましょう。
  • 姓名(漢字 / アルファベット)
  • 個人 or 会社・組織
    • 個人利用なので個人を選択します。
    • 会社・組織を選択した場合、会社・組織名と役職の入力が必要です。
  • 郵便番号、住所、電話番号

下記の「ドメイン管理用連絡情報」を入力します。

最後に「会員規約」を確認し問題がなければ「規約に同意する」にチェックして、「ユーザー登録する」をクリックします。

確認画面はありません。登録後に修正できますが、間違えないようにしましょう。

ドメイン管理用連絡情報

ドメインを取得するのであれば、「ドメイン管理用連絡情報」の入力が必要です。ここに入力した情報はWHOIS情報としてインターネット上に公開されます。ただし、WHOIS代行サービスを利用すれば、バリュードメインの事業者情報が代理として公開されるため、個人情報は非公開となります。(ドメインに種類によっては、WHOIS代行が利用できないものもあります)

初期状態では入力欄が表示されていません。「ドメイン登録をする方は、こちらからアルファベットで情報を入力してください」をクリックして表示します。

全てアルファベット(ローマ字)で入力してください。不正確な情報を入力すると、問題が発生した場合に(最悪)ドメイン停止となります。

例:東京都千代田区永田町1-2-3 永田ビル 567

  • 都道府県
    • Tokyo-to
  • 市区
    • Chiyoda-ku
  • 町村
    • Nagata-cho
  • 番地
    • 1-2-3
  • 建物名・ビル名
    • Nagata Bldg. 567
    • なければ「None」と入力します。
    • 日本

会社・組織名が必要と表示された場合、「Personal」と入力します。

アカウント登録完了

問題がなければ、登録完了のメッセージが表示されます。また、同時に登録完了のメールが届きます。

コントロールパネルへのログイン

アカウントを利用して、コントロールパネルにログインします。もしCookieを無効にしていた場合、元の画面に戻りません。最初のドメイン検索から行います。

前払い(プリペイド)方式

バリュードメインは前払い方式となっており、ドメイン登録に必要な料金をチャージしておかなければなりません。初めて利用するので購入可能金額は0円となっており、不足金額が735円であることがわかります。

支払い方法変更

クレジットカード払いが基本となっていますが、他の支払い方法にも変更できます。変更するには「支払い情報を変更するにはここをクリックし、・・・」をクリックします。

  • クレジットカード
    • VISA / Master / JCB / AMEX
  • 銀行振込・郵便振替
  • コンビニ決済
  • WebMoney

支払い手順

ここではクレジットカード払いについて説明します。

「***円をクレジットカードでご入金いただくにはここをクリックして、・・・」をクリックします。

普通のオンラインショッピングと同じです。内容を確認しつつ進めましょう。

クレジットカードの種類によっては、ワンタイムパスワードや3Dセキュアの確認が行われます。

手続き終了後は、必ずショッピングサイトに戻る」というボタンをクリックします。

チャージ完了

クレジットカードでのチャージが完了しました。

「購入画面に戻り、引き続き手続きを進めてください。」をクリックして元のページに戻ります。

最終確認

入金前の画面に戻ります。

WHOIS情報代理公開とするなら「弊社の代理名義にする場合はここをクリックしてください。」必ずクリックしてください。

購入可能金額が増えており、先程は表示されていなかった「登録」ボタンが表示されます。「登録」をクリックするとドメインが登録されます。確認画面はないので、間違いがないかを確認してから実行しましょう。

「登録」ボタンの下にレジストラの選択があります。バリュードメインでは基本的にはGMO管理のドメインを扱っていますが、GMO以外にENOMKEYSYSTEMSを選択することができます。登録費用や更新費用が割高となるので、何かしら理由がなければこれらを選択する必要はありません。

登録完了とWHOIS代行の確認

これでドメインの登録が完了しました。

「ドメイン一覧画面に戻るにはここをクリックしてください。」をクリックすると、「ドメインの設定操作」ページへ移動します。

とりあえず、WHOIS情報が代理公開となっているかを確認しましょう。対象ドメインの「WHOIS」をクリックすると、設定されているWHOIS情報が表示されます。ここのWHOIS代行が有効となっていれば問題ありません。

WHOIS検索

本当に代理公開されているのかを確認するなら、WHOIS検索を利用しましょう。

例えば、お名前.comのWHOIS検索を利用します。

左の数字を入力する(CAPTCHA)。WHOIS情報を知りたいドメインを入力して検索を実行します。

代理公開時のWHOIS情報

契約者ではなく、バリュードメインの情報が(代理)公開されていることが確認できます。

バリュードメインでもWHOIS検索は可能です。

関連記事