他社のドメインでバリューサーバーのレンタルサーバーを利用する

スタードメイン、お名前.com、ムームードメインに対応した新しい記事があります。

ここでは他社のドメインをバリュサーバーで利用する方法を説明します。マニュアルもありますが、初心者には分かりにくいのとバリューサーバー(バリュードメイン)だけの設定があるため少し迷うかもしれません。

他社のレンタルサーバーであれば、そのレンタルサーバーのネームサーバーアドレスを利用したいドメインのレジストラに設定するだけで完了です。バリューサーバー(バリュードメイン)では、前もって受け入れの手続きが必要となります。

ネームサーバーの設定

バリューサーバーの話ですが、受け入れの設定はバリュードメインで行います。

この説明はスタードメインで契約しているドメインの利用が前提ですが、他のレジストラであっても設定方法は変わりません。また、最後のアドレス設定以外はレジストラは関係ありません。

バリュードメインの管理画面にログインします。

画面下部に無料ネームサーバー管理があります。隠れている場合は右上の+ボタンをクリックしてください。他社で取得されたドメインの新規管理をクリックします。

  1. 利用する独自ドメイン(ここではスタードメインで契約しているドメイン)を入力して「登録」をクリックします。
  2. 登録されました。「こちら」をクリックして、DNS設定画面へ移動します。
  3. 1.で登録した独自ドメインを選択して、「変更」をクリックします。
  4. 「当サービス内サーバーの自動DNS設定」で自分が契約しているサーバー(ドメイン)を選択して、「保存する」をクリックします。
  5. これで他社の独自ドメインの受け入れ手続きが完了しました。

サーバーにドメインを設定する

再び管理画面に戻り、「VALUE-SERVERアカウントの登録・管理・購入」のページに移動します。

スタードメインの独自ドメインを設定したいサーバーの「サーバー設定」をクリックします。

コントロールパネル

バリューサーバーのコントロールパネルが表示されます。

ドメインの利用ドメインウェブの設定をクリックします。

ドメインの追加

独自ドメインの設定にはいくつかルールがあります。ここでは、基本ドメインを生かしたまま独自ドメインを登録する例を紹介します。

MainにはblankSub1に独自ドメイン(example.com)を入力します。ドメイン設定をするをクリックして正常に実行されると、public_htmlに独自ドメイン用のディレクトリ(example.com)が生成されます。

これで独自ドメインへアクセスしたときにこのディレクトリが開くようになります。

ドメイン設定例

  1. Mainに独自ドメインを入力するとpublic_htmlディレクトリがルートディレクトリになります。基本ドメインは使用できなくなります。
  2. Mainにblank、Sub1に独自ドメインを入力すると、基本ドメインはそのままで、独自ドメイン用のディレクトリが生成されます。これが複数の独自ドメインを利用するときの基本的な設定です。
  3. 少し変わった使い方ですが、2.の設定でNoDirにチェックを入れると、public_htmlを共有することになります。Sub1に入力した独自ドメイン用のディレクトリが割り当てられません。

スタードメインの設定

ここではスタードメインの設定を説明しますが、他のレジストラでも同じように設定できます。

スタードメインのドメイン管理画面を開きます。ネームサーバーの確認・変更をクリックします。

バリュードメインのネームサーバーを入力する

バリュードメインが公開しているDNSサーバーのアドレスを登録します。

ネームサーバー1 NS1.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー2 NS2.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー3 NS3.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー4 NS4.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー5 NS5.VALUE-DOMAIN.COM

以上で完了です。

ネームサーバー(DNS)変更の注意点

DNSサーバに設定が反映されるまで、キャッシュなどが原因となり時間がかかる場合があります。ネームサーバの変更は時間に余裕を持って行うようにしましょう。

なかなか反映されない(アクセスできない)と思ったら、別のWebブラウザに変更するとアクセスできることがあります。これはブラウザのDNSキャッシュが原因の可能性があります。

関連記事