WADAXのレンタルサーバーにWordPressをインストールしてみよう

WADAX(ワダックス)の共用レンタルサーバーには、WordPressの簡単インストール機能があります。

「簡単インストール」となっていますが、手動でインストールするのとあまり変わりません。インストール補助機能といったところでしょうか。やや法人向け色の強いレンタルサーバーでもあるので、初心者でも簡単にインストールできるとはいえませんね。

あらかじめデータデースを作成しておく必要があったりと、他社レンタルサーバーのようにワンクリックとはいきません。

インストールディレクトリは固定

最初に説明しておきますが、簡単インストールではインストールディレクトリが固定されています。もし他のディレクトリを希望するなら、手動でインストールする必要があります。

例えば、ドメイン「example.com」にインストールした場合、Webサイトにアクセスするには「http://example.com/cp-bin/wordpress/」とする必要があります。「http://example.com/」へアクセスするとディレクトリ図の「public_html」にある「index.html」または「index.php」が開くことになります。初期状態ならこのようなページが開きます。

もし「http://example.com/」でインストールしたWordPressへアクセスするなら、インストール後に設定を変更する必要があります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

インストールするドメインを選択

それでは、簡単インストール機能を利用してWordPressをインストールしてみましょう。

WADAXのコントロールパネルにログインすると、まず「ドメイン選択」ページが開きます。WordPressをインストールするドメインの「ドメイン選択」ボタンをクリックします。

選択したドメインに対応したコントロールパネルが表示されます。

データベースを作成

まずWordPress用のデータベース(MySQL)を作成する必要があります。

  1. メニューの「データベース」をクリックすると、サブメニューが表示されます。
  2. サブメニューの「MySQL設定」をクリックします。「MySQL設定」ページが表示されます。
  3. 「新規作成」をクリックします。「MySQL設定(ユーザー/データベースを作成)」ページが表示されます。

データベースのパスワード設定

データベースのパスワードを設定します。

  1. パスワード、パスワード(確認)を入力します。
    • WordPressのインストールに必要となるので、必ずメモをとっておきましょう
  2. 「作成」をクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されるので、「OK」をクリックします。
  4. 問題がなければ、「MySQLユーザー???/データベース???を作成しました」と表示されます。

データベース名とユーザー名は、ドメイン名を基に自動的に生成されます。このデータベース名とユーザー名は変更することができません。

ドメインが「example.com」であれば、ユーザー名が「example-com01」、データベース名も「example-com01」となります。追加するごとに数字が増えていく仕組みとなっています。二つ目のデータベースを作成すれば「example-com02」となります。

WordPressのインストール

簡単インストール機能を利用して、WordPressのインストールを行います。

  1. メニューの「簡単インストール」をクリックすると、サブメニューが表示されます。
  2. サブメニューの「WEBサイト(CMS)」をクリックします。「簡単インストール(WEBサイト(CMS))」ページが表示されます。
  3. WordPressの「インストール画面へ」をクリックします。インストール実行ページが表示されます。

インストール実行

インストールとなっていますが、インストールディレクトリにWordPressのファイルが展開されるだけです。

  1. 「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れます。
  2. 「インストールを実行」をクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されるので、「OK」をクリックします。
  4. 問題がなければ「WordPressをインストールしました」と表示されます。

簡単インストール機能では、1つのドメインに1つのWordPressしかインストールできません。インストールディレクトリが固定されており、上書きとなってしまうので仕方ありませんね。そのためインストール後は「インストール画面へ」ボタンが無効となります。

次の操作に進むには、WordPressのURLをクリックします。

ドメイン「example.com」にインストールした場合、「http://example.com/cp-bin/wordpress/wp-admin/install.php」にアクセスします。

WordPressの設定情報の登録

簡単インストール実行後に表示されたURLにアクセスすると、WordPressの標準インストール画面が表示されます。

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベース情報

WordPressが利用するデータベース情報を入力します。「データベースを作成」で生成されたデータベース名とユーザー名が必要です。

  • データベース名
    • データベース名を入力します。この例では「example-com01」となります。
  • ユーザー名
    • ユーザー名を入力します。この例では「example-com01」となります。
  • パスワード
    • 「データベースを作成」で設定したパスワードを入力します。
  • データベースのホスト名
    • 「localhost」のままです。
  • テーブル接頭辞
    • 「wp_」のままです。

「送信」をクリックして、問題がなければ「インストール実行」をクリックします。

テーブル接頭辞の意味については、下記の記事を参考にしてください。

サイト情報と管理者アカウントの設定

WordPressのサイト情報と管理者アカウントを登録します。

  • サイトのタイトル
    • Webサイトのタイトルとして表示されます。
  • ユーザー名・パスワード
    • WordPressの管理者アカウントとなります。
    • ダッシュボード(管理ツール)へのログインに必要な情報なので、忘れないようにメモしておきましょう。
  • メールアドレス
    • WordPressの管理者用メールアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知にも利用されます。
  • プライバシー
    • チェックすると検索エンジンのクローリング対象となります。もしテストサイトであったり公開したくない場合はチェックを外します。
    • オフにしても完全に検索結果から除外されるわけではありません。

全ての項目は、ダッシュボードで変更可能です。

「WordPressをインストール」をクリックします。

インストール完了とダッシュボードへのアクセス

この画面が表示されれば、インストール作業は終了です。

「ログイン」をクリックすると、ダッシュボードのログイン画面へ移動します。「サイト情報と管理者アカウントの設定」で設定した、管理者アカウントでログインすることができます。

ドメイン「example.com」の場合、「http://example.com/cp-bin/wordpress/wp-login.php」へアクセスすると、ダッシュボードのログイン画面が表示されます。

インストールしたWordPressにアクセスする

ドメイン「example.com」にインストールした場合、「http://example.com/cp-bin/wordpress/」でWordPressサイトにアクセスすることができます。

関連記事