WADAXのレスポンス性能を他のレンタルサーバーと比較・評価する

WADAX (ワダックス) は、GMOクラウドが運営する共用タイプのレンタルサーバーです。他のレンタルサーバーと比較すると、やや法人向けといった感じのレンタルサーバーです。「やや」としたのは公式サイトが法人向けを強調しているためであり、個人でも問題なく利用できます。

仕様だけ見ると比較的オーソドックスなレンタルサーバーであり、利用料金の割には目立った特徴がないように思えます。しかし、サポートは他のレンタルサーバーと比較して非常に充実しており、サポートが必須なユーザーであれば間違いなく選択肢の一つとなります。ユーザーが目にする部分ではありませんが、セキュリティ対策も非常にしっかりしています。安定性を重視するWebサイトを運営するなら検討する価値があります。

レンタルサーバーは使い勝手よりも安定性とレスポンス性能が重要です。いくら機能が充実していても、Webサイトの表示に時間がかかれば、訪問者の満足度を高めることはできません。レスポンスの悪いサイトはGoogleの評価も低くなります。WADAXレンタルサーバーは全プランで SSD が採用されており、レスポンス性能に期待できます。

それでは、WADAX (ワダックス) のレスポンス性能 (応答性能) を評価し、他のレンタルサーバーと比較してみましょう。

測定方法

家庭用回線に接続したサーバーから定期的にアクセスして、Webページの取得に要する時間を測定します。測定対象として動的ページ静的ページがあります。

動的ページ
WordPress によるサイト(PHP&データベース)
コンテンツは平均的なWebページの構成を採用 (HTTP Archiveの統計データより)
静的ページ
htmlファイルによるサイト
WordPressが生成したデータをhtmlファイル化

測定期間

測定期間は 7日間です。

測定と言っても一度きりでは意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果を出すことが (完全ではありませんが) 省けます。

一定期間測定することで、利用者数 (訪問者数) が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

家庭用回線からの測定となります。サーバーは測定専用として測定以外の処理は行っていません。

家庭用回線の測定環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  動的ページ 静的ページ
有効測定数 (回) 4,031 4,031
Grubbs’ testによる除外数 (割合) 9 (0.22%) 16 (0.40%)
Grubbs’ testによる閾値 4.95秒 4.58秒
エラーの割合 (回) 0.02% (1) 0.02% (1)
3秒以上の割合 (回) 5.76% (232) 2.80% (113)
中央値 (秒) 1.92秒 1.56秒
平均値 (秒) 1.96秒 1.63秒
ばらつき / 標準偏差 (秒) 0.63秒 0.59秒

有効測定数はエラーを省いた回数を示します。測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態 (混雑具合) が変動するため、集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定Grubbs’ test (α=0.001) により省いています。生データ (未加工データ) の測定結果は最後に掲載しています。

エラー 内容
動的ページ (1) Empty reply from server (1)
静的ページ (1) Empty reply from server (1)

WADAXの評価

様々な調査結果により3秒という時間がキーワードとなります。コンテンツが表示されるまでに3秒を超えてしまうと、

  • 過半数(57%)の訪問者がサイトから離脱
  • 80%のユーザーは、そのサイトを再訪しない
  • 1秒と3秒のサイトを比較すると、3秒のサイトはページビュー22%減、コンバージョン率38%減、直帰率50%増

レスポンス性能の影響は様々です。

  • 1秒遅くなると、ページビュー11%減、コンバージョン率7%減、顧客満足16%減
  • Amazonであれば0.1秒の短縮で収益が1%向上
  • モバイル環境(スマートフォンやタブレット)ではより厳しくなる
参考
3秒が許容範囲 – Webサイトのパフォーマンスが重要な理由 | マイナビニュース
サイト表示が2秒遅いだけで直帰率は50%増加! DeNA事例から学ぶWebの自動最適化手法/日本ラドウェア | 【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Spring | Web担当者Forum

快適なWebサイトの条件は、 最低でも3秒以内 のレスポンスということになります。

WADAXの平均値は 3秒以内 に収まっており、動的ページ、静的ページともに十二分なレスポンス性能があります。動的ページと静的ページとの差も小さいため、WordPress等のCMSを運用してもレスポンスに問題が出ることはないでしょう。しかし、及第点ではありますが他のレンタルサーバーと比較すると、あまり良い結果とは言えません。

時間帯による変化はありますが、その差は僅かであり気になるほどではありません。例えば、利用者・訪問者が少なくなり低負荷となる深夜〜早朝はレスポンスが良くなります。日によっては、日中から夜間にかけて徐々にレスポンスが低下するようですが、恒常的な傾向ではありません。

測定結果から分かりますが、少なくともレスポンス性能を必要とするサイトには向きません。レスポンス性能は振るいませんが安定はしているため、ブログ等の一般的なWebサイトであれば、問題となることはないでしょう。

CPI、KAGOYA、XServerとの比較

グラフのX軸は7日間を4時間毎に区切ったものです。つまり、7×(24÷4)=42 となります。また、色の付いている部分は夜間(18:00~02:00)を示しています。

比較データについて
各レンタルサーバーで条件をそろえるために、集計期間が少し異なる場合があります。
  WADAX CPI KAGOYA XServer
有効測定数 (回) 4,031 4,026 4,032 4,026
除外割合 (回) 0.22% (9) 1.32% (53) 0.25% (10) 0.72% (29)
エラーの割合 (回) 0.02% (1) 0% (0) 0% (0) 0% (0)
3秒以上の割合 (回) 5.98% (241) 0.84% (34) 0.12% (5) 0.15% (6)
中央値 (秒) 1.92 1.39 0.46 0.80
平均値 (秒) 1.96 1.45 0.62 0.83
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.63 0.24 0.33 0.30

比較するとWADAXのレスポンスの悪さが際だってしまいますね。しかし、法人向けを謳うレンタルサーバーのレスポンス性能は、個人向けより劣る傾向にあります。例えば CPI もそうです。CPIは高価格帯のレンタルサーバーですが、レスポンス性能だけ比較すると低価格帯のサービスに劣ります。

WADAXとCPIを対象にしたサーバー性能評価の記事を読むと分かりますが、どちらのサーバーも稼働が終日安定していることが分かります。また、単純な安定稼働ではなく、他のレンタルサーバーと比較して、処理性能に常時余裕があります。つまり、少々の負荷では高負荷状態になりにくく、一定のレスポンス性能が維持されるレンタルサーバーとも言えます。

推測ですが転送量無制限や安定性重視のために、リソースを調整している印象があります。レスポンスの悪いレンタルサーバーは相対的にエラーも多くなる傾向がありますが、WADAXのエラー発生率は非常に小さく、他のレンタルサーバーと変わりません。

これらの結果だけでは本当に安定しているとは言い切れませんが、不安定なレンタルサーバーに悩んでいるなら検討してもよいのではないでしょうか。

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

hostingstock.netで測定済みのレンタルサーバーとの比較です。WADAXの結果は決して悪いわけではありませんが、レスポンスの良いレンタルサーバーには劣ります。

Grubbs’ test
グラブス検定により外れ値を除外しています。一時的なネットワークやサーバーの高負荷状態による異常値を省きます。グラブス検定を適用していない結果と比較して、良い結果となる傾向が高くなります。

測定結果 (未加工データ)

  動的ページ 静的ページ
3秒以上の割合 (回) 5.98% (241) 3.20% (129)
中央値 (秒) 1.92秒 1.56秒
平均値 (秒) 1.97秒 1.65秒
ばらつき / 標準偏差 (秒) 0.65秒 0.64秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス (プラン) に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。

関連記事