無料レンタルサーバーウェブクロウで他社管理の独自ドメインを利用する方法

ウェブクロウ (Webcrow) は、ミニバードやファイアバードで有名なネットオウルが運営する無料レンタルサーバーです。無料プランが中心ですが、より高機能な有料プラン (ウェブクロウプラス) も用意されており、無料サーバーからのステップアップが可能です。

ネットオウルが運営するスタードメインで契約した独自ドメインであれば、他社で管理するドメインより簡単に設定できます。この記事では他社レジストラ (お名前.comやバリュードメインなど) で管理する独自ドメインをウェブクロウで利用する方法を説明します。

すでに独自ドメインを保有していることが前提です。もし独自ドメインの取得方法が分からなければ、下記を参考にしてください。

この記事の独自ドメインの設定方法は、ミニバードやファイアバードなど、ネットオウルが運営する他のサービスでも参考となります。

ウェブクロウに独自ドメインを設定する

  • ウェブクロウのコントロールパネルにログインします。
  • ドメイン設定 をクリックします。
  • 登録されているドメイン一覧が表示されます。
  • ドメイン追加 をクリックします。
  • ここでは、他社ドメインの設定を目的としてるので、他社管理のドメインを追加する をクリックします。
    • スタードメインで契約しているドメインなら、スタードメイン管理のドメインを追加する をクリックします。目的のドメインをリストから選択するだけで設定終了です。

ドメイン登録の前に

ウェブクロウでは独自ドメインを登録する前に、ドメイン所有者の認証作業が必要となります。認証方法は下記の3種類があります。

  • Whois認証
    • 新規ドメインなど、利用していないドメインを設定する場合。
    • ネームサーバーの設定を変更します。
  • Web認証
    • 公開中 (運用中) のドメインを利用する場合。
    • 運用中のサーバーに認証用ファイル (webauth.html) を配備します。
  • メール認証
    • 公開中 (運用中) のドメインを利用する場合。
    • 運用中のドメインのメールアドレス (admin@ or webmaster@) に認証メールを送信します。

Web認証とメール認証は、別のレンタルサーバーからの移転時に利用します。ネームサーバーの設定を変更せずにドメインの所有権を確認することが可能です。引っ越し先 (ウェブクロウ) での作業を終えてから、ネームサーバーの設定を変更できるためダウンタイムが発生しません。

ここでは新規ドメインを利用することを前提に、簡単な Whois認証 で説明します。

ネームサーバーの設定

ウェブクロウでのドメイン登録前に、他社レジストラ (リセラー) での操作が必要です。独自ドメインを管理している他社のコントロールパネルで、ネームサーバーを下記のアドレスに変更します。

ネームサーバー  
ネームサーバー1 ns1.webcrow.jp
ネームサーバー2 ns2.webcrow.jp

それでは、各レジストラでネームサーバーの設定を変更しましょう。

ここでは、ムームードメイン、スタードメイン、バリュードメイン、お名前.comの設定について説明します。他のレジストラであっても基本的な手続きは同じなので参考となるでしょう。

ムームードメイン

  1. ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. サイドメニューの ネームサーバ設定変更 をクリックします。
  3. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ネームサーバ設定変更 をクリックします。
  1. GMOペパボ以外のネームサーバを使用する を選択します。
  2. ウェブクロウ のネームサーバのアドレスを入力します。
  3. ネームサーバ設定変更 をクリックします。

これでムームードメインの作業は終了です。

スタードメイン

  1. スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。
  2. サイドメニューの 管理ドメイン一覧 をクリックします。
  3. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ドメイン管理ツール をクリックします
  1. ネームサーバーの確認・変更 をクリックします。
  1. ウェブクロウ のネームサーバのアドレスを入力します。
  2. 確認画面 をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

バリュードメイン

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. サイドメニューの ドメイン をクリックします。
  1. サイドメニューの ドメインの設定操作 をクリックします。
  2. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ネームサーバー をクリックします。
  1. ウェブクロウ のネームサーバのアドレスを入力します。
  2. 保存する をクリックします。

これでバリュードメインの作業は終了です。

お名前.com

  1. お名前.comのコントロールパネルにログインします。
  2. ドメイン設定 タブを選択します。
  3. サイドメニューの ネームサーバーの変更 をクリックします。
  4. ネームサーバの設定を変更したいドメインを選択します。
  5. 他のネームサーバーを利用 を選択します。
  6. ウェブクロウ のネームサーバのアドレスを入力します。
  7. 確認画面へ進む をクリックします。

これでお名前.comの作業は終了です。

独自ドメインの登録

レジストラでのネームサーバーの設定を終えたら、先ほどの続きを行います。

  • ドメイン名 を入力します。
  • Whois認証 を選択します。
  • ドメイン設定を追加する (確認) をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。
  • 間違いがなければ 確定する をクリックします。

これで独自ドメインの設定が完了しました。このドメインに割り当てられる公開ディレクトリ (ドキュメントルート) へアクセスするための FTPアカウントが生成されるのでメモしておきましょう。

正常に登録されると、ドメイン一覧に表示されます。

これで全ての手続きが終了しました。

ドメイン設定後の注意点

これらの設定で、独自ドメイン (例 – example.com) でウェブクロウにアクセスできるようになりますが、少しだけ注意があります。

  • DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
  • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

関連記事