ウェブクロウのFTP転送性能を評価して、他のレンタルサーバーと比較しよう

ネットオウル (Netowl) が運営するWebcrow (ウェブクロウ) は、無料プランを中心としたレンタルサーバーです。ざっくりと言えば、ミニバード (minibird) の廉価サービスと思っても間違いありません。無料プランはオプション (2種類) を設定すると広告が表示されますが、無料プランをそのまま利用するなら広告は表示されません。また、広告が非表示となる有料プランもあります。詳細は当サイトの レビュー をご覧ください。

レンタルサーバーを検討するとき、ほとんどの人はFTPの転送性能を気にすることはありません。しかし、FTPを多用するのであれば、レスポンスの良いサービスを選択するべきです。転送速度が遅ければ作業効率が悪くなり、何しろストレスとなります。

それでは、ウェブクロウのFTP転送性能 (レスポンス性能) について評価し、他のレンタルサーバーと比較してみましょう。

FTPの仕様

プラン 無料 容量オプション PHPオプション プラス
FTPアカウント 1/ドメイン 1/ドメイン 1/ドメイン 1/ドメイン
FTPS

FTPアカウントは1ドメインにつき1個です。アカウントは自動的に発行され、パスワードのみ変更できます。FTPSにも対応しており、安全にファイルを転送することができます。

ドメイン毎にディレクトリが割り当てられ、それぞれにFTPアカウントが存在することになります。FTPでアクセス可能な領域は、いわゆるドキュメントルート ( /public_html ) 配下のみです。そのため、一つのアカウントで全てのドメイン (サイト) のファイルを管理することはできません。

FTPの制限
無料プランのFTPは国内ネットワークからの接続に制限されます。

測定方法

  • Webページを構成するファイルのアップロードとダウンロード
    • テキストファイルや画像ファイル
    • (HTTP) レスポンス性能の評価に利用しているサイト (ページ) を構成するデータ群
  • 合計ファイルサイズは約2MB (約20ファイル)

最大3つのファイルを並列転送します。レンタルサーバーがそれ以上の同時接続を許可していて、FTPクライアントも並列転送に対応していれば、この測定結果より早く転送できることになります。

5分毎にアップロードとダウンロードを実行します。

測定期間

測定期間は7日間です。

測定と言っても一度きりでは意味がないので、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果を出すことを (完全ではありませんが) 省けます。

一定期間測定することで、利用者数 (訪問者数) が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということが推測できます。

測定経路

家庭用回線からの測定となります。サーバーは測定専用として測定以外の処理は行っていません。

家庭用回線の測定環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  アップロード ダウンロード
有効測定数 (回) 2,012 2,014
Grubbs’ testの除外割合 (回) 1.69% (34) 0.30% (6)
Grubbs’ testの閾値 2.09秒 1.94秒
エラーの割合 (回) 0.20% (4) 0.10% (2)
3秒以上の割合 (回) 0.15% (3) 0.05% (1)
中央値 (秒) 0.88秒 0.62秒
平均値 (秒) 0.95秒 0.71秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.24秒 0.26秒
測定結果について
有効測定数はエラーを省いた回数を示します。
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態 (混雑具合) が変動するため、集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定Grubbs’ test (α=0.001) により省いています。生データ (未加工データ) は最後に掲載しています。
エラー内容  
アップロード [4] response reading failed [4/4]
ダウンロード [2] response reading failed [2/2]

Webcrowの評価

アップロード、ダウンロードともに文句のない性能です。Webサイトのレスポンス測定では、夜間に明らかに遅くなるという傾向がありましたが、FTPの場合はそうでもないようです。夜間になるとMySQLの負荷が高くなるのかもしれませんね。Webサイトのレスポンス測定については、当サイト内の 記事 をご覧ください。

グラフを見ると夜間にレスポンスが低下するように思えますが、この程度なら僅かな差と言えます。おそらくこの差は体感できるほどでもないでしょうし、基本性能が高いため問題ともなりません。

この測定結果から分かることは、ばらつきが小さく、棄却検定による除外数も少ないため、転送性能がとても安定しているということです。FTPを多用してもストレスとなりません。ただし、転送量制限にはFTPの転送量も含まれることが一般的であり、データサイズの大きなファイルの転送は控えた方が良いでしょう。ウェブクロウの転送量の上限は非常に低いです。

他のレンタルサーバーとの比較

アップロード ダウンロード Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. シックスコア 0.75 0.05 0.48 0.10
2. エックスサーバー 0.75 0.05 0.49 0.13
3. Sova WP 0.84 0.24 0.73 0.18
4. wpXクラウド 0.86 0.06 0.59 0.19
5. ミニバード 0.90 0.42 0.69 0.30
6. Webcrow 0.95 0.24 0.71 0.26
7. wpXレンタルサーバー 0.95 0.32 0.72 0.27
8. エックスドメイン(WordPress) 0.99 0.32 0.71 0.28
9. ファイアバード 1.04 0.49 0.72 0.30
10. X2 1.05 0.44 0.72 0.32
11. クローバー 1.10 0.48 0.86 0.38
12. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.11 0.08 0.73 0.11
13. WPblog 1.21 0.33 0.75 0.25
14. エックスドメイン(PHP&MySQL) 1.33 0.26 1.13 0.25
15. Z.com WordPress(SFTP) 1.39 0.14 1.06 0.11
16. スタードメイン 1.44 0.67 1.19 0.29
17. ラクサバ 1.50 0.07 1.33 0.54
18. Quicca 1.53 0.09 0.89 0.09
19. ドメインキング 1.56 0.10 0.97 0.07
20. JETBOY 1.58 0.06 0.98 0.21
21. COREPRESS Cloud(SFTP) 1.61 0.07 1.72 0.12
22. FUTOKA 1.61 0.19 1.13 0.25
23. KAGOYA 1.61 0.10 1.08 0.21
24. ヘテムル 1.62 0.19 1.21 0.10
25. エクスクラウド 1.67 0.15 0.98 0.07
26. Z.com 1.73 0.11 1.06 0.09
27. バリューサーバー 1.77 0.24 1.08 0.14
28. バリューサーバー(SFTP) 1.83 0.27 1.33 0.15
29. アルファメール 1.88 0.69 1.53 0.33
30. コアサーバー 1.98 0.33 1.19 0.11
31. ロリポップ!(新サーバー) 2.11 0.35 1.44 0.40
32. お名前.com 2.14 0.69 1.25 0.16
33. Zenlogic 2.26 0.63 1.33 0.15
34. スマイルサーバ 2.38 0.30 2.46 0.29
35. ロリポップ!(旧サーバー) 2.48 0.55 1.92 0.52
36. WADAX 2.62 1.02 1.84 0.63
37. XREA 2.92 1.12 2.99 1.41
38. さくらインターネット 2.97 1.19 1.39 1.76
39. MixHost(SFTP) 3.00 0.24 1.93 0.13
40. CPI 3.09 0.16 1.36 0.12
41. MixHost 3.41 0.09 1.86 0.08
42. iCLUSTA+ 5.53 3.45 5.86 4.10
43. ちゅらうみレンタルサーバー 6.75 0.73 8.72 0.98
44. FC2レンタルサーバー(海外) 11.60 0.48 6.79 0.28
45. フレンドサーバー(海外) 12.10 0.50 7.47 0.19
46. FC2ホームページ(海外) 12.30 0.52 10.90 1.35
47. FC2 Lite(海外) 16.60 0.56 10.10 0.86
48. JETBOY(旧サービス)(海外) 20.90 0.78 11.40 0.40
49. Hostinger(海外) 33.40 7.13 20.50 1.83

有料サービスもあるとはいえ、基本的には無料サービスを中心としたレンタルサーバーです。それでも、サーバーやネットワーク環境は無料とは思えないほど高性能です。広告が表示されることを気にしなければ、誰にでもお勧めできるサービスです。

もちろん独自ドメインにも対応しており、同社のスタードメインで独自ドメインを契約すれば、とても簡単にオリジナルのURLによるWebサイトを公開することが可能です。また、他社で契約しているドメインも利用できるため、サーバーだけを無料で利用することもできます。

測定結果 (未加工データ)

  アップロード ダウンロード
3秒以上の割合 (回) 0.15% (3) 0.05% (1)
中央値 (秒) 0.88秒 0.62秒
平均値 (秒) 0.98秒 0.71秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.34秒 0.28秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス (プラン) に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他のユーザーの負荷も影響します。

関連記事