無料レンタルサーバーウェブクロウの契約からWordPressのインストールまで

ミニバードやスタードメインで有名なネットオウル (Netowl) が運営するウェブクロウ (Webcrow) の利用方法について説明します。ウェブクロウは (一部) 広告表示のある無料プランを中心として、より高機能な有料プラン (ウェブクロウプラス) も用意されており、初心者でも気軽にサイト運営にチャレンジすることができます。アクセス数の多い本格的なサイトには向きませんが、簡素なブログ程度であれば十分に利用できです。

ウェブクロウを利用するには、ネットオウルのアカウントが必要です。また、ネットオウルのアカウントがあれば、ウェブクロウだけでなくファイアバード等のネットオウル関連の全サービスを利用できます。

ここでは、ネットオウルのアカウント取得からWordPresのインストールまでを、以下の順序で説明します。

  • ネットオウルの新規アカウント取得
  • ウェブクロウの契約
  • WordPressのインストール

ネットオウルの新規アカウントの作成

  • ウェブクロウの公式サイトにアクセスします。
    • ネットオウルのサービスであれば、どのサイトでも構いません。
  • ページ内の 会員登録無料お申し込み をクリックします。
  • 新規会員登録ページが表示されます。
  • アカウントに利用するメールアドレスを入力して、確認メールを送信 をクリックします。
    • ウィンドウは閉じず にそのままにしておきます。
  • 入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。
  • メールに 確認ID 記載されています。それをSTEP.3の空欄に貼り付けて (コピー&ペースト)、登録フォームへ移動 をクリックします。

お申し込みフォームが表示されるので、下記の情報を入力します。

会員ID以外は後から変更可能です。

会員ID (ネットオウルID)
アカウントのIDです。登録後に変更できません。
表示名 (ニックネーム)
Q&Aお助け掲示板などで表示されます。
パスワード
ネットオウルのコントロールパネルへのログインに利用します。登録完了メールには記載されないので、忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
先ほどのメールアドレスが自動的に入力されます。
登録者情報
性別、生年月日、郵便番号、職業
メール配信希望
キャンペーン情報やニュースリリースのメール配信の可否を選択できます。
規約
利用規約を確認してチェックボックスを選択します。

確認画面 をクリックします。確認画面が表示されるので、間違いがなければ確定します。

すぐに会員登録完了のメールが届きます。

これでネットオウルのアカウントを取得できました。

ウェブクロウを契約する

  • ネットオウルのコントロールパネルにログインします。
    • スタードメインやウェブクロウなど、どのサービスからログインしても同じです。
  • ウェブクロウ管理 をクリックします。サーバーアカウントがないことが分かります。
  • 新規お申し込み をクリックします。
  • ここでは 無料プラン を契約してみましょう。ウェブクロウを申し込む をクリックします。

有料サービス (ウェブクロウプラス) を選択した場合

ネットオウルの有料サービスを利用するには 決済情報の登録 が必要となります。決済情報となっていますが、この段階ではクレジットカードや口座情報等を登録するわけではないので安心してください。不正利用防止の側面もあります。

入力必須の項目は、「名前、名前 (カナ)、住所、電話番号」です。

ここでは 暗証番号 を登録できます。暗証番号を設定すると、決済情報や契約の変更、料金の支払時などに暗証番号の入力が必要となります。不正利用対策となるため、登録をお勧めします。

プランの選択

  • 無料サーバーは、3種類のプランから選択できます。
    • プラン毎の詳細は当サイトのレビューをご覧ください。
  • ここでは最も利用者が多いであろう、PHP・MySQLオプション を選択します。
  • サーバーID を入力します。
    • 初期ドメインに利用され、サーバーID.webcrow.jp となります。このドメインでWebサイトへアクセス可能です。
  • 規約を確認して「利用規約に同意する」をチェックします。
  • 設定内容確認画面へ進む をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。
  • 間違いがなければ、設定する (確定) をクリックします。
  • これでサーバーの契約が終了しました。
  • ログインする をクリックして、サーバーのコントロールパネルに移動します。

WordPressのインストール

  • ウェブクロウのコントロールパネルが表示されました。
  • 簡単インストール をクリックします。
  • 簡単インストール機能が表示されます。
    • WordPressのみ対応です。
  • 追加インストール をクリックします。

独自ドメインを利用するなら

もし、独自ドメインを利用するなら予め設定しておく必要があります。(初期ドメインを含め) 複数のドメインが登録されていれば、インストール前に対象ドメインを選択できます。

独自ドメインの設定方法は下記を参考にしてください。

  • WordPressの インストール設定 をクリックします。

WordPressのインストール設定

データベース情報
自動でデータベースを生成する を選択します。データベース名、ユーザー名、パスワードが自動設定されます。
作成済みのデータベースを利用する を選択すると、既存のデータベースを指定できます。
インストール先
WordPressをインストールするディレクトリを設定します。
インストールディレクトリは慎重に設定してください。後からでも修正できますが、データベースの操作が必要であったり、初心者でなくとも面倒です。この説明では公開ディレクトリ (ドキュメントルート) ではなく、/wp ディレクトリにインストールします。
ブログ名
Webサイトのタイトルとして表示されます。
ユーザ名とパスワード
管理者アカウントとなります。
ダッシュボード (管理ツール) へのログインに利用します。忘れないようにメモしておきましょう。
メールアドレス
管理者用メールアドレスです。例えば、自動更新の通知やブログにコメントがあった時の通知に利用されます。

WordPressのインストールディレクトリについては、図にするとイメージしやすいでしょう。ウェブクロウではサブドメイン (blog.example.com) が、独自ドメイン (example.com) のサブディレクトリとして設定されます。 つまり、WordPressを /public_html にインストールすると、WordPressのファイルと混在してしまい、管理が煩雑となります。

サブドメインを利用する予定がなくとも、WordPress専用ディレクトリを用意するべきでしょう。

  • 確認画面が表示されます。
    • データベース情報はメモしておきましょう。WordPressだけでなく他のプログラムからアクセスする際に必要となります。
  • 間違いがなければ、確定する をクリックします。
  • インストールが完了しました。
  • ログインフォーム のURLをクリックすると、WordPressのダッシュボードへ移動します。

この記事では /public_html/wp にインストールしているため、WordPressを開くためには http://example.com/wp/ にアクセスする必要があります。 http://example.com/ でアクセス可能とするためには、下記の記事を参考にWordPressの設定を変更してください。

関連記事