Z.com WordPress専用レンタルサーバーのデータセンターを探してみよう

Z.comのWordPress専用サーバーは、契約時にリージョンを選択することができます。リージョンとして 東京、アメリカ、シンガポール から自由に選択可能です。国内のユーザー (訪問者) を対象としたWebサイトを運営するなら、国外のサーバーを選択する必要はないでしょう。遅延を含むネットワーク速度など、国外サーバーのメリットはありません。

今回は東京リージョンを対象に調査してみます。

Z.comへの経路探索

hostingstock.netで契約しているサーバーに対して、家庭用回線 (k-Opticom) から経路探索 (traceroute or tracepath) を実行します。

No. ASN 組織名 ドメイン/IP IP
1 AS17511 K-Opticom Corp. *.*.*.* (*.*.*.*)
7 AS17511 60.56.5.130 (60.56.5.130)
8 AS7527 JPIX/Japan Internet Exchange Co., Ltd. as7506.ix.jpix.ad.jp (210.171.224.65)
9 N/A GMO Internet, Inc. 133.130.12.34 (133.130.12.34)
10 N/A 133.130.12.66 (133.130.12.66)
11 AS7506 INTERQ/GMO Internet,Inc c-5en-a11-1-v-711.interq.or.jp (157.7.41.126)
12 AS7506 ***.***.zc.tyo1.static.cnode.io (*.*.*.*)
ASN
ASN (Autonomous System number)。AS番号と呼ばれ、ネットワークを管理する組織を示します。

当然ですが、共用レンタルサーバーと全く同じ経路です。つまり、共用レンタルサーバーとWordPress専用サーバーは同じデータセンターにあることが分かります。共用レンタルサーバーから推測すると、東京都品川区にあるBit-isle (ビットアイル) のデータセンターを利用している可能性があります。

詳細は共用レンタルサーバーの記事をご覧ください。

関連記事