WPblogのサーバー性能を評価して、他のレンタルサーバーと比較しよう

WPblogはミニバードやスタードメインを運営するネットオウル (Netowl) のサービスです。無料のWordPress専用 レンタルサーバーとなっており、契約手続きを終えるとほぼ同時にWordPressの準備が完了するため、詳しい知識がなくてもWordPressによるサイト運営が可能となります。

WPblogには有料プランもありますが、基本的に無料プランが中心であり広告費で運営されています。そのため無料プランの場合、自動的にバナー広告が表示されます。広告表示はモバイル端末(スマートフォンやタブレット)からのアクセス時のみであり、パソコンからのアクセスを主対象とするコンテンツであれば、あまり気にならないでしょう。

無料ですが、処理性能 (レスポンス) が悪かったり、エラーが頻発するようでは、使いたいとは思えないでしょう。そこで、WPblogのサーバー性能について評価し、他のレンタルサーバーと比較してみましょう。

測定方法

WordPressを設置したサイト (サーバー) を利用します。

  • 「ランダムな3,000文字/記事 (の自動生成) 」の投稿と削除
    • 100記事をまとめて投稿、投稿後に全削除
  • 投稿と削除はWordPressの標準関数を利用
    • wp_insert_post、wp_delete_post

これらの処理を5分間隔で実行し、処理時間を測定します。つまり、 PHPとデータベースの処理性能 を確認することになります。データセンター内で完結する処理なので、ネットワーク環境 (速度) の影響は受けません。

負荷について
100件程度は大した負荷ではありませんが、共用サーバーなので連続処理とならないように、1件毎にwait処理を差し込んでいます。

測定結果

結果 有効測定数 除外数 エラー 中央値 平均値 ばらつき
Raw (未加工) 863回 0.00%
(0回)
2.98秒 3.36秒 1.37秒
Grubbs’ test 3.94%
(34回)
2.96秒 3.14秒 0.68秒
測定結果
72時間 (3日間) の測定結果となります。X軸は時刻(0時~24時)を表し、各時刻の値は3日間の平均値です。有効測定数はエラーを省いた実測定数です。
棄却検定
測定実行のタイミングによりサーバーの負荷状態 (混雑具合) が変動します。集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定 Grubbs’ test (α=0.001) により省いたデータも掲載しています。
ばらつき (標準偏差)
統計的な話ですが、処理の 約68%平均値 ± ばらつき に、約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほど処理性能が安定しているといえます。

WPblogの評価

無料サービスですが、想像以上にサーバー性能は優秀です。ただし、利用者または訪問者が多いためか、夜間から深夜に掛けて負荷が高くなるようです。棄却検定の対象となる、平均値から大きく外れたデータも夜間に集中しています。そうは言っても、エラーは全く発生していないため、稼働に影響が出るほどの負荷ではないのでしょう。

この性能測定は、cron非対応のレンタルサーバーでも測定できるように、外部サーバーから定期的に測定用スクリプトを実行 (アクセス) して、処理時間をレスポンス (JSONデータ) として受け取っています。

例えば、以下の様なURLにアクセスして実行します。
http://example.com/bench.php

WPblogでは、レスポンスを高速化するために「Varnish cache server」というキャッシュ機能が動作しています。2度目以降のアクセスはキャッシュデータが返されるため、スクリプトは実行されません。そのため、URLにクエリ文字列を付与することで、キャッシュを無効としています。

例えば、UNIXタイムスタンプを付与してアクセスします。
http://example.com/bench.php?Unix-timestamp

しかし、キャッシュの設定の問題なのか、仕様なのかは不明ですが問題が発生します。おそらくWordPress以外のファイルにアクセスすることを考慮していないのでしょう。最初は問題なくとも、しばらくすると全てのレスポンスがエラーとなります。

  • 403 Forbidden / 503 Backend fetch failed / 503 Service Unavailable

これらのエラーが発生し、WordPressへのアクセスにも不具合が出ます。しばらくすると回復するため、致命的ではありませんが・・・。

レスポンスがエラーであっても、スクリプトは正しく実行される可能性は高いため、サーバー側でも測定結果を保存しています。今回の集計にはサーバー側のデータを利用しています。このように、スクリプトが正常に動作していることから、レスポンスには問題があっても、リクエストは問題なく処理されていることが分かります。

ほぼ同じ仕様であるXdomainのWordPress専用サーバーでは問題がありません。おそらく、細かな設定が違うのでしょう。もちろん、普通にWordPressを利用するだけなら何の問題もありません (あったら困ります)。

JSONデータをレスポンスとしているのも問題かもしれませんが、標準的なWordPressの用途から外れた利用はNGのようです。もちろんこの測定自体がイレギュラーな利用方法なので、当然の仕様とも言えます。

Webcrow、Xdomain、ロリポップ!との比較

  WPblog Xdomain WordPress Xdomain PHP Webcrow PHP ロリポップ!
有効測定数 863 864 864 864 858
棄却検定除外 3.94%(34) 1.39%(12) 0.69%(6) 0.23%(2) 0.58%(5)
棄却検定閾値 6.28秒 9.13秒 4.64秒 23.35秒 4.52秒
エラー 0%(0) 0%(0) 0%(0) 0%(0) 0%(0)
中央値 2.96秒 3.89秒 3.01秒 7.31秒 3.86秒
平均値 3.14秒 4.18秒 3.11秒 8.30秒 3.87秒
ばらつき 0.68秒 1.09秒 0.33秒 3.55秒 0.17秒

同じ無料レンタルサーバーである、Webcrow (ウェブクロウ)、Xdomain (エックスドメイン) と比較してみましょう。WebcrowはPHPオプション、XdomainはPHP&MySQLサーバー (以下、Xdomain PHP) とWordPressサーバー (以下、Xdomain WP) です。さらに有料サービスとの比較対象にロリポップ!を追加しています。

同じ無料サービスでも大きな差がありますね。Webcrowは利用者が多いのでしょうか、処理速度が非常に遅く、ばらつきもひどいものがあります。

XdomainのPHPとWPはサーバー自体が異なります。キャッシュ機能は効果的ですが、デメリットもあります。もし、キャッシュ機能が不要であれば、PHPサーバーを選択すると良いでしょう。

平均値だけを見ればWPblogとXdomain PHPが優秀です。有料サービスであるロリポップ!より処理性能が高いことになります。しかし、無料サービスのばらつきの大きさと比較すれば、ロリポップ!が常時安定していることがわかります。グラフの標準表示では分かりにくいので、右側のスライダーで尺度 (スケール) を調整してみてください。

ロリポップ!は処理性能の変動が少なく、リソースに余裕を持たせていることが分かります。つまり、常時安定したレスポンス性能を維持していると言えます。このあたりも機能だけでは分からない、有料サービスと無料サービスとの違いでしょう。

WPblogは無料サービスとしては非常に優秀です。無料ブログでは難しい高度なカスタマイズもWordPressなら可能です。とりあえず、WPblogを使ってみて不満が出たら、有料サービスに移行すれば良いでしょう。

他のレンタルサーバーとの比較

プロバイダ 平均値 (秒) 中央値 (秒) ばらつき エラー率 Grubbs'
test
データの無断転載はご遠慮ください。
1. CPI 1.70 1.67 0.07 0.00
2. エクスクラウド 1.94 1.95 0.07 0.00
3. Z.com(PHP7/CGI) 2.02 2.00 0.14 0.00
4. シックスコア 2.10 2.10 0.05 0.00
5. バリューサーバー(PHP7) 2.15 2.12 0.32 0.00
6. WADAX 2.16 2.17 0.08 0.00
7. MixHost(PHP7) 2.17 2.13 0.24 0.00
8. JETBOY 2.18 2.15 0.30 0.00
9. wpXクラウド 2.24 2.25 0.28 0.00
10. エックスサーバー(PHP7/FastCGI) 2.28 2.23 0.25 0.00
11. wpXレンタルサーバー 2.40 2.41 0.27 0.00
12. Z.com(PHP5/CGI) 2.41 2.39 0.15 0.00
13. Quicca 2.52 2.43 0.33 0.00
14. コアサーバー(PHP7) 2.71 2.68 0.34 0.93
15. Hostinger 2.72 2.66 0.37 4.22
16. エックスサーバー(PHP5/FastCGI) 2.73 2.68 0.27 0.00
17. アルファメール 2.86 2.86 0.09 0.00
18. MixHost(PHP5) 3.03 2.96 0.38 0.00
19. FUTOKA 3.10 3.15 0.31 0.00
20. ヘテムル(PHP7/Module) 3.11 3.12 0.08 0.00
21. エックスドメイン(PHP&MySQL) 3.11 3.01 0.33 0.00
22. FC2レンタルサーバー 3.13 3.14 0.07 0.00
23. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 3.14 3.09 0.21 0.00
24. ラクサバ 3.14 2.90 0.63 0.00
25. WPblog 3.14 2.96 0.68 0.00
26. ヘテムル(PHP7/CGI) 3.19 3.19 0.13 0.00
27. Zenlogic 3.20 3.18 0.11 0.00
28. コアサーバー(PHP5) 3.51 3.47 0.39 0.93
29. クローバー 3.64 3.60 0.29 0.00
30. エックスドメイン(WordPress) 4.18 3.89 1.09 0.00
31. お名前.com(PHP7) 4.22 4.07 0.47 0.00
32. スマイルサーバ 4.22 4.27 0.30 0.00
33. Sova WP 4.42 4.43 0.18 0.00
34. X2 4.50 4.47 0.58 0.00
35. ロリポップ!(PHP5/CGI) 4.56 4.45 0.56 0.00
36. お名前.com(PHP5) 4.96 4.86 0.45 0.00
37. ロリポップ!(PHP5/Module) 5.12 4.96 0.80 0.00
38. フレンドサーバー(PHP7) 5.16 4.24 2.23 0.00
39. ちゅらうみレンタルサーバー 5.18 4.69 1.24 0.00
40. COREPRESS Cloud 5.25 5.21 0.32 0.00
41. ファイアバード(PHP7) 5.25 5.17 0.37 0.00
42. FC2 Lite 5.31 5.32 0.11 0.00
43. バリューサーバー(PHP5) 5.31 5.23 0.56 0.00
44. ミニバード(PHP7) 5.67 5.52 0.74 0.00
45. さくらインターネット 5.71 5.59 0.45 0.00
46. ファイアバード(PHP5) 5.88 5.80 0.36 0.00
47. iCLUSTA+ 6.05 5.92 0.58 0.00
48. フレンドサーバー(PHP5) 6.45 5.15 2.64 0.00
49. ミニバード(PHP5) 6.45 6.33 0.77 0.00
50. KAGOYA 6.52 6.49 0.76 0.00
51. Z.com WordPress(PHP5/FastCGI) 6.64 6.67 0.33 0.00
52. Bizメール&ウェブ エコノミー 6.90 6.91 0.13 0.00
53. ロリポップ!(ライト) 7.41 6.93 2.16 0.00
54. Webcrow 8.30 7.31 3.55 0.00
55. XREA 14.40 9.34 14.00 7.60

hostingstock.netで測定した他レンタルサーバーとの比較です。


測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス (プラン) に対して多くのサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他のユーザーの負荷も影響します。

関連記事