無料のWordPress専用レンタルサーバー「WPblog」を使ってみよう

WPblogを利用するには、Netowl(ネットオウル)のアカウントが必要です。Netowlはレンタルサーバーのミニバードやファイアバード、ドメインレジストラのスタードメインを運営しており、Netowlのアカウントで全てのサービスを管理することができます。WPblog以外のサービスにも興味があれば、アカウントを1つ作っておくと便利です。

データベースの設定など、インストールに必要な多くの作業が自動化されているので、誰でも簡単にWordPressを楽しむことができます。

Netowlのアカウント作成

トップメニューまたはサイドメニューの「無料お申し込み」をクリックすると「お申し込みの流れ」というページが開きます。そのページにある「会員登録フォームへ」をクリックすると、ネットオウルの新規会員登録ページが開きます。

メールアドレス認証

本人確認を兼ねてメールによる認証を行います。

  1. アカウントに利用するメールアドレスをSTEP.1の空欄に入力して、「確認メールを送信」をクリックします。ウインドウは閉じずにそのままにしておきます。
    • メールアドレスは後から管理画面で変更できます。
  2. 入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。
  3. メールに確認IDが記載されているので、STEP.3の空欄に貼り付けて「登録フォームへ移動」をクリックします。
  4. 「お申し込みフォーム」が開きます。

会員情報の登録

申し込みフォームに下記の情報を入力して「確認画面」をクリックします。会員ID以外は後から変更可能です。

  • 会員ID(ネットオウルID)
    • 後から変更できません。
  • 表示名(ニックネーム)
    • Q&Aお助け掲示板などに利用されます。
  • パスワード
    • Netowlのメンバー管理ツールへのログインに利用します。手続き後に送られる、登録完了メールには記載されないので、必ずメモしておきましょう。
  • メールアドレス
    • 先程のメールアドレスが入力済みです。
  • 性別、生年月日、郵便番号、職業
  • メール配信希望
    • キャンペーン情報やニュースリリースのメール配信の可否を選択できます。
  • 規約
    • 利用規約に同意してチェックボックスを選択します。

確認画面が表示されるので、間違いがなければ確定します。すぐに会員登録完了のメールが届きます。

WPblogの申し込み

取得したアカウントでNetowlのメンバー管理ツールにログインします。WPblogだけでなく、Netowlが運営するサービスの公式サイトであれば、どこからでもログインできます。

メニューの「WordPress一覧」をクリックします。当然ですが、初めての利用であれば一覧に何もありません。

「新規インストール」をクリックします。

決済情報の登録

新規インストールをクリックすると、この画面が表示されることがあります。もし、表示されなければ次の説明へ進んでください。

Netowlの(有料)サービスを利用するには決済情報の登録が必要となります。決済情報となっていますが、この段階でクレジットカードや口座情報等を登録するわけではありません。名前や住所等の個人情報を登録することになります。

以下は入力(選択)必須の項目です。

  • 名前、名前(カナ)
  • 住所
  • 電話番号
  • 暗証番号設定
    • 暗証番号を登録できます。暗証番号を設定すると、決済情報や契約の変更、料金の支払時などに暗証番号の入力が必要となり不正利用対策となります。登録をお勧めしますが、暗証番号を忘れないようにメモしておきましょう。

WordPressのインストール設定

WordPressのインストールに必要な下記の情報を入力します。アプリケーションID以外は後から変更可能です。

  • アプリケーションID
    • WordPressの管理者ID、初期ドメインであればサブドメイン名に利用されます。ダッシュボードへのログインに利用します。(変更不可
  • ブログタイトル
    • WordPressのタイトルとなります。
  • メールアドレス
    • 管理者のメールアドレス、WordPressのアップデートなど、様々な通知にも利用されます。
  • サイトアドレス
    • 「初期ドメインを利用」を選択すると、WordPressのURLが「http://アプリケーションID.wpblog.jp/」となります。
    • 下図のように独自ドメインへの変更はインストール後にも可能です。とりあえず初期ドメインでインストールしておいても問題ありません。

問題がなければ、利用規約に同意し「次へ進む」をクリックします。

サブドメイン(初期ドメイン)が管理者IDと同じになるのはセキュリティ上問題があるような気もします。このIDは変更できないので、インストール後にパスワードを複雑なものに変更しましょう。

確認画面

確認画面が表示されます。問題がなければ「確定(アプリケーションをインストール)」をクリックします。

インストール完了

インストールが完了しました。WordPressのダッシュボードへログインするために必要な管理者IDのパスワードは自動で生成されます。このパスワードはこれ以降どこにも表示されないので、忘れないようにメモしておきましょう。もし、メモを忘れた場合は、メンバー管理ツールでパスワードを初期化することができます。

WordPress一覧に追加されました

インストールが完了すると、WordPress一覧に追加されます。

メンバー管理ツールのWordPress一覧のページから目的の機能へ移動できます。WordPress専用レンタルサーバーと言っても、インストール後の操作は普通のWordPressと同じです。

  • アプリケーション設定
    • ドメインの変更や管理者パスワードの初期化など、サーバーやWordPressの重要な設定を行えます。
  • WordPress管理
    • WordPressのダッシュボード(管理画面)へ移動します。ログインには、インストール完了画面に表示された管理ユーザ(アプリケーションID)とパスワードが必要です。

初期ドメインであれば「http://アプリケーションID.wpblog.jp/」で、WordPressのサンプルページが開きます。

関連記事