WordPress専用レンタルサーバーGMO WP Cloudを使ってみよう

GMO WP CloudはWordPress専用のレンタルサーバーです。その名の通りお名前.comを運営するGMOが提供するサービスとなっており、2014年10月30日に開始された比較的新しいレンタルサーバーです。

月額900円のプラン1つのみとなっており、オプションでスペックを拡張します。例えば、初期のディスク容量は10GBですが、月額100円で10GB追加することができます。

SSDより高速なフラッシュストレージFusion-io ioDriveや、次世代Webサーバーと呼ばれるNginx(エンジンエックス)を採用しています。超高速ストレージとNginxのキャッシュ機能により、一般的なレンタルサーバーより高速なレスポンス性能を実現しています。

WP Cloudで一つ注意する点は、訪問者数(人)による従量課金制と言うことです。初期費用無料で基本料金は月額900円と格安ですが、訪問者が多ければ多いほど、支払う料金が高くなります。とは言え、基本料金でも30,000人/月まで対応できます。

この訪問者数も「24時間以内のユニークなIPアドレスの数」なので、同じユーザーが一日に何度も訪問してきても「ひとり」です。同じ仕様のCOREPRESS Cloud(コアプレス・クラウド)では、30,000人をPV換算で90万PVとしています。そう考えると、かなり大規模なサイトであっても、基本料金内で十分に収まるでしょう。まぁ、90万PVはかなり甘い見積もりのような気もしますが。

訪問者が1,000人超過する毎に、100円/月が加算されます。つまり、訪問者数が100,000人であれば、70,000人超過となり、その超過分7,000円が基本料金に追加されます。

よく「初心者にもお勧め」の様な記事を見かけますが、自分のWebサイトの訪問者数を把握できていない初心者にはお勧めできません。

お勧めはできませんが、本当に初心者なら90万PV/月ものサイト運営は難しいでしょうから、最初から追加料金が発生することはないでしょう。訪問者数はコントロールパネルで確認できるので、30,000人を超えるようになってから、他のレンタルサーバーも含めて検討すれば良いでしょう。

WP Cloudに興味があるなら、コアプレス・クラウドも確認してみましょう。仕様はほとんど変わりません。

  • お試し期間の注意事項
    • 他社レンタルサーバーのお試し期間であれば、期限を過ぎると自動的に解約となります。しかし、WP Cloudでは明確に「解約手続きをしてください」とあります。お試し期間のみの利用であれば、解約手続きを忘れないようにしましょう。解約手続きはサーバーNaviから行えます。

それでは、WP Cloudを使ってみましょう。

WP Cloudへアクセス

WP Cloudの公式サイトへアクセスします。「無料トライアル お申込み」をクリックします。

サイトURLとユーザー名を決定する

Webサイトにアクセスするための「サイトURL」とWordPressの「ユーザー名」を決定します。

  • サイトURL
    • WP Cloudでは「wpcloud.net」のサブドメインを利用することができます。独自ドメインがなくてもWebサイトの動作確認を行うことができます。
    • 他のユーザーが取得していないサブドメインを利用できます。
    • 申し込み後に独自ドメインに切り換えることができます。
  • ユーザー名
    • WordPressの管理者IDです。ダッシュボードへのログインに利用します。

プランの選択

下記の2種類から選択することができます。

  • レギュラープラン
    • 初期費用無料
  • レギュラープラン+賢威テーマパック
    • 賢威テーマとは、SEOに特化したWordPressテンプレートとSEOマニュアルのセットです。お名前.comのサイトに詳細な説明があります。
    • 初期費用(賢威テーマ設置費)が24,800円となります。(キャンペーン価格なら18,000円)

ここでは、レギュラープランを選択します。支払月数は長期契約ほど、一月あたりの料金がお得になります。とりあえず1ヶ月契約にしておき、次回更新時に年間契約にするとよいかもしれません。

「サイトURL」「ユーザー名」「プラン」を決定したら、「次へ」をクリックします。

アカウントの確認

お名前.comのサイトに移動します。

勘の良い方なら気づいているかもしれませんね。WP Cloudとお名前.comのWordPress専用サーバーは全く同じものなので、お名前.comのサイトから登録しても大丈夫です。

ここでは、お名前.comを初めて利用するユーザーを前提に説明を進めます。

  1. 「いいえ、会員IDを持っていません。」を選択します。
  2. 「次へ」をクリックします。

お名前.comレンタルサーバーのアカウントを作成します。

会員情報の登録

アカウント作成に必要な情報を登録します。

個人契約で必須の項目のみ挙げています。法人契約なら「組織情報」の登録も必要です。

  • お申込みされる方
    • 法人 or 個人
  • ご担当者様氏名
    • 姓名(漢字)、姓名(ローマ字)
  • 住所、電話番号
  • メールアドレス、パスワード
    • メールアドレスは、会員IDを受け取るために必要です。間違えないようにしましょう。
    • パスワードは、会員IDと併せてサーバーNavi(管理ツール)へのログインに必要です。忘れないようにメモをとっておきましょう。
  • 秘密の質問と答え
    • パスワードを忘れたときに利用します。
  • 支払い方法
    • クレジットカード、コンビニエンスストア、銀行振込、請求書

お試し期間の試用が目的であり、クレジットカード情報の登録に抵抗のある方は、支払い方法を「銀行振込」にすると良いでしょう。支払い方法は後から変更することができますが、初回の支払いはここで選択した方法となります。

間違いがなければ、「次へ」をクリックします。

申し込み内容の確認

申し込み内容に間違いがないかを確認します。お試し期間が適用されていれば、プランの項目が「WPC-01プラン 10日無料トライアル・・・」となっているはずです。

利用規約を確認し、問題がなければ「上記規約・利用目的に同意し、サービスに申し込みます。」にチェックを入れます。「お申込み」をクリックすると、手続きが完了します。

手続き完了

この画面が表示されれば、手続き完了です。すぐに会員ID等のアカウント情報が記載されたメールが届きます。この画面にある会員IDをメモしておくと、万が一メールが届かなくても「サーバーNavi」にログインすることができます。

「サーバーNavi(契約管理画面)を開く」をクリックすると、コントロールパネル(レンタルサーバー契約管理ツール サーバーNavi)に移動します。このサーバーNaviで支払い方法等の変更が可能です。

WordPressのインストール

それでは早速WordPressのインストール作業に移りましょう。サーバーNaviのメニューにある「ご契約サービス状況の確認」をクリックします。すると、契約しているサービス一覧が表示されます。

申し込んだ「WPC-01プラン」の「ログインする」をクリックします。

WP Cloudコントロールパネル

WP Cloudのコントロールパネルが開きます。このコントロールパネルでWebサイトの管理を行うことができます。メニューの「サイト」をクリックすると、サブメニューが表示されます。申込時に設定した「サブドメイン」をクリックします。

WordPressはインストール済み

すでにWordPressのインストールは終わっており、実は何もする必要はありません。すぐに操作することができ、すでに公開されているのでアクセスすることができます。

「サイトURL」のURLをクリックするとWordPressサイトにアクセスすることができます。また、「Live」と書かれたアイコンをクリックすると、WordPressのダッシュボードにアクセスすることができます。「WordPress初期ログイン情報」にあるアカウントでダッシュボードにログインすることができます。

関連記事