wpXに他社の独自ドメインを設定する方法 〜大手レジストラ4社対応〜

wpXでも独自ドメインを取り扱っていますが、ドメイン専門事業者(レジストラやリセラー)と比較してやや高額です。特別に高いわけでもありませんが、ランニングコストを考えると他社レジストラでの契約管理がおすすめです。

ここでは大手レジストラ4社(お名前.com、スタードメイン、バリュードメイン、ムームードメイン)で管理している独自ドメインをwpXで利用する方法を紹介します。設定手順は簡単ですが、サーバー側(wpX)とレジストラ側の両方で作業が必要となります。初心者が独自ドメインを扱う際につまずきやすい部分かもしれません。

ドメインの認証

wpXに独自ドメインを設定するには、ドメインの認証作業が必要となります。つまり登録しようとしているドメインが本当にあなたのものかを確認する作業です。

認証方法には「Whois認証」「Web認証」「メール認証」「CNAME認証」「Aレコード認証」があります。ここでは、簡単な「Whois認証」「Web認証」「メール認証」について説明します。「CNAME認証」と「Aレコード認証」はDNSレコードの編集が必要となるため初心者にはおすすめできません。

Whois認証

主に未使用の独自ドメインを設定する場合に選択します。独自ドメインを管理しているレジストラ(リセラー)で、ネームサーバーの設定変更が必要となります。どちらにしても他社の独自ドメインをwpXで利用するにはこの作業が不可欠なので、この記事ではWhois認証をベースに説明を行います。

Web認証

例えばウェブサイトをwpXへ引っ越す前など、稼働中の独自ドメインを事前に設定する場合に選択します。設定後はネームサーバーの変更だけでwpXヘ移行できるため、スムーズな引っ越しが可能となります。

認証用ファイル(wpx.html)をダウンロードして、稼働中のウェブサーバーにアップロードします。wpXが「http://独自ドメイン/wpx.html」にアクセスして認証用ファイルの存在を確認します。

メール認証

こちらも稼働中の独自ドメインに対して有効な方法です。

対象ドメインの指定メールアドレスに対してwpXから認証IDが記載されたメールが送信されます。その認証IDをコントロールパネルに入力して認証します。すでに「admin@対象ドメイン」または「webmaster@対象ドメイン」というアドレスが存在していれば最も簡単に認証作業を行えます。

指定メールアドレスが存在しなければ、認証用にメールアカウントを追加する必要があります。

レジストラの設定変更

ここではレジストラとして、ムームードメイン、スタードメイン、バリュードメイン、お名前.comを例に説明します。基本的な設定方法は同じなので、他のレジストラでも参考になるでしょう。

さきほど説明したように「Whois認証」ではwpXの設定前に、レジストラ側でネームサーバーの変更作業が必要となります。ドメインを管理しているレジストラで、ドメインのネームサーバーをwpXのアドレスに変更します。

ネームサーバー  
ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp

ムームードメインでの設定方法

  1. ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「ネームサーバ設定変更」を選択します。
  3. 対象ドメイン(example.com)の「ネームサーバ設定変更」をクリックします。
  1. 「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」を選択します。
  2. wpXのネームサーバーのアドレスを入力します。
  3. 「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

これでムームードメインの作業は終了です。

スタードメインでの設定方法

  1. スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「管理ドメイン一覧」を選択します。
  3. ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ドメイン管理ツール」をクリックします
  • 「ネームサーバーの確認・変更」をクリックします。
  1. wpXのネームサーバーのアドレスを入力します。
  2. 「確認画面」をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

バリュードメインでの設定方法

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの「ドメイン」を選択します。
  1. メニューの「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択します。
  2. ネームサーバーの設定を変更したいドメイン(example.com)の「ネームサーバー」をクリックします。
  1. wpXのネームサーバーのアドレスを入力します。
  2. 「保存する」をクリックします。

これでバリュードメインの作業は終了です。

お名前.comでの設定方法

  1. お名前.comのコントロールパネル(ドメインNavi)にログインします。
  2. 対象ドメイン(example.com)のメニューからネームサーバーの「変更する」をクリックします。
  1. 「他のネームサーバーを利用」タブを選択します。
  2. wpXのネームサーバーのアドレスを入力します。
  3. 「確認画面へ進む」

これでお名前.comの作業は終了です。

wpXに独自ドメインを追加する

レジストラでの設定を終えたらwpXで作業を行います。

  • wpXのコントロールパネルにログインします。
  • サイドメニューにあるドメイン管理の「ドメイン追加設定」を選択します。
  • 「ドメイン追加設定」画面が表示されます。
  • 「ドメイン追加」タブを選択します。
  • 「他社管理のドメインを追加する」をクリックします。
  • ドメイン名を入力します。ここでは「example.com」とします。
  • 認証方法から「Whois認証」を選択します。
  • 「ドメインの追加(確認)」をクリックします。
  • 確認画面が表示されるので「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

これでwpXへドメイン(example.com)を追加する作業は完了です。

それではそのままWordPressもインストールしてみましょう。「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリックします。

WordPressのインストール

下記を参考にインストールに必要な情報を入力または選択してください。

サイトアドレス
インストール対象のドメインを選択します。ここでは「example.com」としますが、サブドメインにインストールするなら「blog.example.com」のようにします。
WordPressID
管理者アカウントに利用されます。wpXでのWordPress管理にも利用されるため、このIDを後から変更することはできません。
ブログタイトル
ウェブサイトのタイトルとして表示されます。ダッシュボードでの「サイトのタイトル」に利用されます。
メールアドレス
管理者アカウントに利用されます。それ以外にも、コメント、トラックバック、ピンバック、アップデートなどの通知にも利用されます。
  • 間違いがないかを確認して「次へ進む」をクリックします。
  • 確認画面が表示されるので「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。
  • インストール完了画面が表示されます。
  • 「管理ユーザ」と「パスワード」は管理ツール(ダッシュボード)のログインに必要となります。忘れないようにメモに残しておきましょう。

これで独自ドメインに対応したWordPressのインストールが完了しました。「http://example.com/」へアクセスするとWordPressのトップページが開きます。「http://example.com/wp-admin/」へアクセスするとダッシュボード(管理ツール)が開きます。

独自ドメイン設定後の注意点

これらの設定を終えると独自ドメイン(例 example.com)でwpXのWordPressサイトにアクセスできるようになります。

  • 少しだけ注意があります。
    • DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
    • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

関連記事