wpXクラウドのFTPレスポンス性能を調べてみよう!

WordPress等のCMSをそのまま運用するならFTPの利用頻度は少ないかもしれません。ただし、オリジナルのWordPressテーマ、Webサイト、Webアプリケーションを開発するなら、レンタルサーバーのFTP性能を無視することはできません。

頻繁にファイルをアップロードしたり、サーバー上のファイルを編集するなら、レスポンスの悪いレンタルサーバーを選ぶと非常にストレスとなり作業効率も悪くなります。

wpXクラウドはリバースプロキシによるキャッシュ機能が特徴のレンタルサーバーです。Webサイトのレスポンス性能は非常に優秀な結果となりましたが、FTP性能はどの程度なのでしょうか?

  • 注意
    • この記事の内容はクラウドタイプであるwpXクラウドの測定結果です。共用タイプのwpXレンタルサーバーではありません。

測定方法

測定方法は下記のページを参照してください。HTTPレスポンス測定の説明ですが、仕組みとしては変わりません。ただし、並列転送を考慮したHTTP測定とは異なり、FTP測定はファイルを1つずつ転送しています。

レンタルサーバーが同時接続を許可していて、FTPクライアントが並列転送に対応していれば、この測定結果より早く転送できることになります。

  • 19ファイル(テキストファイルや画像ファイル)のアップロードとダウンロード
  • 合計ファイルサイズは約1.8MB

測定期間

  • 2015年7月15日より14日間

測定と言っても一度きりでは意味がないので、一定期間の継続した測定を行っています。一定期間測定することで、夜間と日中の差や休日と平日の差を見ることができます。もしかしたら、曜日毎の変化があるかもしれません。

測定経路

データセンターの所在地については、下記のページを参考にしてください。

家庭用回線からの測定となります。家庭用回線は測定中であってもサーバー以外のPCで普通にインターネットを利用しています。家庭用回線のサーバーは測定専用として測定以外の処理は行っていません。

  • 家庭用回線の測定環境
    • eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
    • ルーターと測定用サーバーは有線接続

eo光(家庭用回線)からの測定結果

測定失敗 測定に失敗した割合。()内は回数
10秒以上 転送に要した時間が10秒を超えた割合。()内は回数
20秒以上 転送に要した時間が20秒を超えた割合。()内は回数
平均時間 転送に要した時間の平均値
ばらつき 母標準偏差(グラフ上の値は標本標準偏差)
  アップロード ダウンロード
測定回数 2,111 2,111
測定失敗 0.05%(1) 0.09%(2)
10秒以上 1.89%(40) 0.09%(2)
20秒以上 0.09%(2) 0.05%(1)
平均時間(秒) 7.19 6.63
ばらつき(秒) 1.09 0.76
転送速度(kbps) 2,012 2,183

転送速度は単純な計算値です。実測値ではありません。

  • エラー内訳
    • アップロード(1)
      • 接続エラー(1)
    • ダウンロード(2)
      • タイムアウト(1)
      • 接続エラー(1)

他のレンタルサーバーとの比較

アップロード ダウンロード Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. エックスサーバー 6.30 0.87 8.03 0.86
2. ファイアバード 6.42 0.86 6.75 0.80
3. ミニバード 6.50 0.58 6.70 0.58
4. ヘテムル 6.56 1.30 5.19 0.91
5. シックスコア 6.69 1.30 6.41 0.70
6. wpXクラウド 7.19 1.09 6.63 0.76
7. X2 7.46 1.56 6.40 0.67
8. wpXレンタルサーバー 7.49 1.12 6.64 0.60
9. クローバー 7.93 1.80 6.22 0.69
10. WAPPY 8.27 2.54 7.44 1.65
11. さくらインターネット 9.50 0.64 6.70 0.53
12. ロリポップ! (エンタープライズ) 10.80 1.83 8.91 1.31
13. ロリポップ! 11.50 2.15 9.12 1.10
14. WADAX 11.52 3.22 10.31 1.61
15. Quicca 12.10 1.62 7.61 0.69
16. バリューサーバー 14.40 1.64 6.64 1.36
17. ドメインキング 16.00 5.11 12.20 4.57
18. コアサーバー 16.20 2.22 10.30 1.91
19. FC2 Lite 84.40 0.00 80.60 0.00

wpXクラウドの評価

共用タイプのwpXレンタルサーバーと同様に、非常に優秀な結果となりました。おそらく仕様が異なるだけでハードウェアは同じものが利用されているのでしょう。それでも、Webサイトのレスポンスが素晴らしく良かったため、少し期待外れな感じはあります。

FTP性能が姉妹サービスの結果と変わらないことから、リバースプロキシに高性能サーバーを採用していることが分かります。あくまでも推測ですが、Webサーバーはエックスサーバーやシックスコアと同程度で、キャッシュ処理を行うサーバー(リバースプロキシ)を高性能化することで、WordPressのレスポンス性能を向上させているのでしょう。

つまり、FTPはキャッシュサーバーを経由しないため、姉妹サービス並みのレスポンスに留まっているような気がします。FTPサーバーがWebサーバーと同じサーバーで稼働しているので、経由しても変化はないでしょう。

とは言え、他のレンタルサーバーより優秀な結果であることには変わりありません。

時間帯による変化を確認すると、共用タイプと同様に利用者の多い夜間に遅くなる傾向があります。遅くはなりますが、ばらつきが少ないため若干遅くなる程度です。そう考えると、時間帯による変化が少なく、いつでも安定したレスポンスを期待できるレンタルサーバーと言えます。

他のレンタルサーバーのFTP測定では、たまに不安定な結果が出ることもありますが、wpXクラウドはアップロード、ダウンロードともに終始安定しています。Webサイト(WordPress)を頻繁にカスタマイズするにも、ストレスを感じることはないでしょう。

Webサイトのレスポンス性能も共用タイプと変わりません。基本仕様も一緒なので、一つの契約で複数のサイトを運営するならwpXレンタルサーバー、大規模なWebサイトにはwpXクラウドと、利用目的に応じて使い分けると良さそうです。

測定結果とFTPクライアントの操作感を比べると以下の様になります。これはあくまでも主観的な評価となりますが、平均時間が短いほど操作感(レスポンス)が快適になることは間違いありません。

平均時間 使用感
10秒未満 快適に利用できます。
10秒 ~ 15秒 全ての操作で少し待つ(引っかかる)感じがします。初心者ならあまり気にならないでしょう。
15秒 ~ 20秒 明らかにレスポンスが悪くなります。Webサイトの機能やデザイン等を頻繁に更新する用途に向きません。
20秒以上 FTPクライアントの利用がストレスとなります。他のレンタルサーバーを検討しましょう。

関連記事