wpXクラウドにWordPressをインストールしてみよう

WordPress専用レンタルサーバーだけあり、ほんの少しの情報を入力するだけで簡単にWordPressをインストールすることができます。データベースは完全に自動管理となっており、ユーザーがデータベースの存在を意識する必要がありません。

wpX独自のWordPress専用機能も備わっており、WordPressを快適に稼働させるための仕組みが徹底されています。Webサイトの運営に集中できるため、初めてWordPressを利用する初心者にもお勧めできます。

管理パネル(コントロールパネル)へのログイン

管理パネルにログインします。初期状態では「WordPressがインストールされていません」となっています。

メニューの「新規インストール」をクリックします。WordPressの新規インストール画面が表示されるので、下記を参考に必要情報を入力します。入力を終えたら「次へ進む」をクリックします。

  • サイトアドレス
    • インストール対象のドメインを選択します。
    • 独自ドメインを利用するなら、メニューの「ドメイン追加設定」で設定しておく必要があります。
  • WordPressID
    • WordPressの管理者のIDです。ダッシュボード(管理ツール)へのログインに必要となります。
    • 一般的な仕様のWordPressと異なり、このIDは後で変更することができません
  • ブログタイトル
    • Webサイト(ブログ)のタイトルです。
  • メールアドレス
    • WordPressの管理者用メールアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知に利用されます。

の項目はインストール後にダッシュボード(WordPressの管理ツール)で変更できます。

設定情報の確認

入力または選択した内容が表示されるので、間違いがなければ「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。

インストール完了

この画面が表示されるとインストール完了です。ここにある「管理ユーザ(WordPressID)」と「パスワード」でダッシュボードにログインできます。

パスワードはこの画面でしか表示されません。忘れないようにメモをとっておきましょう。

もしパスワードを忘れたり紛失したらメニューの「管理者パスワードの初期化」を行うことで、パスワードが再発行されます。

WordPress管理画面

インストールが完了するとWordPress一覧に追加されます。一覧となっていますが、wpXクラウドでは1つのサイトしか運営できないので、表示されるのは1つのWordPressのみです。

しばらくしてからサイトURLへアクセスすると、WordPressのサンプルページが開きます。

関連記事