Xdomainの無料WordPressサーバーのレスポンス性能を評価して、他のレンタルサーバーと比較してみよう

Xdomain (エックスドメイン) は、エックスサーバー (XServer) が運営するドメインレジストラ&リセラーであり、独自ドメインだけでなく、無料のレンタルサーバーを提供しています。無料プランしかなく、スマートフォンやタブレットからのアクセス時はもれなく 広告 が自動的に挿入されます。

特徴は、独自ドメインを契約していなくても利用できることでしょう。レンタルサーバーだけを利用することもできますし、独自ドメインを契約すれば、簡単にそのドメインによるWebサイトを運営できます。

WordPress専用サーバーは、その名の通りWordPressのみ利用可能なサービスです。予めWordPressが導入されるため、初心者でも簡単にWordPressによるサイト運営が可能です。また、同社が運営するwpXとほぼ同様の仕様となっており、キャッシュ機能 (Varnish cache server) による高速なレスポンスも特徴です。

メールサービスを除けば、下記のプランが用意されています。独自ドメインを契約すれば、幾つかの機能が優遇されます。

プラン HTML HTML
(契約者)
PHP・MySQL PHP・MySQL
(契約者)
WordPress WordPress
(契約者)
ドメイン契約 × あり × あり × あり
広告表示 あり あり あり あり あり あり
ディスク容量 1GB 10GB 1GB 3GB 2GB 5GB
データベース
(MySQL)
5個 10個 5個 10個
データベース容量 50MB 100MB 100MB 100MB
独自ドメイン 10個 20個 10個 20個 5個 10個
サブドメイン 50個 100個 50個 100個
SSI × ×
PHP × ×
Perl/Ruby/Python × × × × × ×

ここでは、WordPressサーバー を利用したレスポンス性能 (応答性能) の評価についてまとめています。

測定方法

家庭用回線に接続したサーバーから定期的にアクセスして、Webページの取得に要する時間を測定します。測定対象として 動的ページ静的ページ があります。

動的ページ
WordPress によるサイト(PHP&データベース)
コンテンツは平均的なWebページの構成を採用 (HTTP Archiveの統計データより)
静的ページ
htmlファイルによるサイト
WordPressが生成したデータをhtmlファイル化

測定期間

測定期間は 7日間 です。

測定と言っても一度きりでは意味がないため、一定期間の継続した測定を行っています。「たまたま利用者が少なくレスポンスが良かった」「一時的なトラブルが原因でレスポンスが悪かった」という、誤った結果を出すことが (完全ではありませんが) 省けます。

一定期間測定することで、利用者数 (訪問者数) が変動する日中、夜間、深夜の差を確認することもできます。例えば、利用者の少ない深夜と、利用者の多い日中との差が小さければ、負荷に強いサーバーということを推測できます。

測定経路

家庭用回線からの測定となります。測定用サーバーは 測定専用 として測定以外の処理は行っていません。

家庭用回線の測定環境
eo光(K-Opticom/関西電力)100Mタイプ
ルーターと測定用サーバーは有線接続

測定結果

  動的ページ 静的ページ
有効測定数 (回) 4,032 4,032
Grubbs’ testの除外割合 (回) 2.90% (117) 1.14% (46)
Grubbs’ testの閾値 1.43秒 1.14秒
エラーの割合 (回) 0% (0) 0% (0)
3秒以上の割合 (回) 0.35% (14) 0.27% (11)
中央値 (秒) 0.35秒 0.35秒
平均値 (秒) 0.42秒 0.40秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.20秒 0.15秒
測定結果について
有効測定数はエラーを省いた回数を示します。
測定実行のタイミングによりサーバーやネットワークの状態 (混雑具合) が変動するため、集計に影響を与える一時的な異常値 (外れ値) を棄却検定 Grubbs’ test (α=0.001) により省いています。
生データ (未加工データ) の測定結果は最後に掲載しています。
ばらつき (標準偏差)
統計的な話ですが、レスポンスの 約68%平均値 ± ばらつき に、 約95%平均値 ± ばらつき×2 に収まることを示します。つまり、ばらつきが小さいほどレスポンスが安定していることになります。

レスポンスの基準

様々な調査結果により 3秒 という時間がレスポンス性能のキーワードとなります。

コンテンツが表示されるまでに3秒を超えてしまうと、

  • 訪問者の40%がサイトから離脱 (データによっては57%)
    • 訪問者の47%は2秒以内の読み込みを希望
  • 訪問者の79%は、そのサイトを再訪しない

レスポンス性能の影響は様々です。

  • 1秒遅くなると、ページビュー11%減、コンバージョン率7%減、顧客満足16%減
  • 10万ドル/日を売り上げるサイトであれば、1秒の遅れで250万ドル/年の損失
    • Amazonであれば1秒の遅れで、16億ドルの機会損失
  • モバイル環境 (スマートフォンなど) ではネットワーク環境が貧弱なこともあり、より厳しい評価となります
参考
How Loading Time Affects Your Bottom Line
The Cost of Poor Web Performance – INFOGRAPHIC

快適なWebサイトの条件は、 「最低でも3秒以内」 「理想は2秒以内」 のレスポンスとなります。それを越えてしまうと、どうしても必要な情報がない限り目に触れる機会すらなくなります。

Xdomain WordPress専用サーバーの評価

エラーが皆無であり、レスポンス性能はレンダリング時間を考慮しても上記の基準を余裕で上回ります。しかし、Xdomainは転送量に関する条件を明記していません。禁止事項に「サーバーまたはネットワークへ著しく負荷をかける行為」とだけあります。具体的な上限は分かりませんが、レスポンス性能が優れているといっても本格的なサイト運営は不可能でしょう。アクセス数のさほど多くない趣味程度のサイトであれば何も問題ありません。

使い勝手の良い無料サーバーなので利用者が多いのでしょうか。夜間になると、明らかにレスポンス性能が低下します。しかし、遅くなっても他のレンタルサーバーと比較すると平均以上の性能があるため、あまり気にならないでしょう。

キャッシュ機能の効果が明らかであり、WordPressの結果と静的ページ (HTMLのみ) との差がほとんどありません。この結果だけを見ればキャッシュ機能が万能に思えるかもしれませんが、注意する点もあります。

wpXには存在するキャッシュ関連の機能が省かれており、キャッシュの削除や特定のページのみキャッシュ対象から外すといった設定はできません。つまり、CSS等を編集しても (タイミングの分からない) キャッシュが更新されない限り、サイトのコンテンツは変化しません。

キャッシュ機能のメリットとデメリットを理解していれば、非常にお薦めできるサービスです。テーマをそのまま利用するなど、単純にWordPressを利用したいという初心者であれば、デメリットもあまり関係ありません。

他のレンタルサーバーとの比較

動的ページ
(PHP&MySQL)
静的ページ
(HTMLのみ)
Grubbs'
test
平均時間 (秒) ばらつき (秒) 平均時間 (秒) ばらつき (秒)
データの無断転載はご遠慮ください。
1. wpXクラウド 0.21 0.01 0.21 0.01
2. wpXレンタルサーバー 0.24 0.05 0.43 0.20
3. WPblog 0.25 0.06 0.26 0.08
4. シックスコア(Xキャッシュ) 0.29 0.09 0.28 0.07
5. Z.com WordPress 0.37 0.08 0.36 0.05
6. COREPRESS Cloud 0.38 0.05 0.57 0.19
7. エックスサーバー(PHP7) 0.40 0.12 0.23 0.03
8. エックスドメイン(WordPressサーバー) 0.42 0.20 0.40 0.15
9. Sova WP 0.43 0.21 0.43 0.31
10. JETBOY(PHP7) 0.46 0.03 0.35 0.10
11. シックスコア 0.47 0.14 0.29 0.09
12. wpXレンタルサーバー(キャッシュ無効) 0.47 0.15 0.43 0.21
13. エックスサーバー(PHP5) 0.47 0.12 0.23 0.03
14. ラクサバ 0.54 0.25 0.36 0.09
15. エクスクラウド 0.62 0.03 0.41 0.14
16. ファイアバード(PHP7) 0.62 0.32 0.38 0.20
17. ヘテムル(PHP7/Module) 0.62 0.11 0.40 0.04
18. Z.com WordPress(キャッシュ無効) 0.62 0.12 0.38 0.05
19. エックスドメイン(PHPサーバー) 0.62 0.26 0.34 0.10
20. JETBOY(PHP5) 0.63 0.03 0.32 0.03
21. ミニバード(PHP7) 0.63 0.33 0.37 0.18
22. KAGOYA 0.64 0.10 0.48 0.09
23. ヘテムル(PHP7/CGI) 0.66 0.12 0.39 0.05
24. GMO WP Cloud 0.66 0.22 0.66 0.23
25. Zenlogic 0.67 0.07 0.52 0.14
26. MixHost(キャッシュ) 0.68 0.06 0.69 0.06
27. Z.com(PHP7/CGI) 0.70 0.09 0.51 0.07
28. ファイアバード(PHP5) 0.71 0.33 0.37 0.18
29. Webcrow 0.71 0.30 0.35 0.11
30. さくらインターネット 0.72 0.05 0.24 0.01
31. クローバー 0.75 0.31 0.56 0.29
32. ミニバード(PHP5) 0.75 0.37 0.37 0.16
33. ロリポップ!(モジュール) 0.80 0.16 0.37 0.06
34. X2 0.83 0.39 0.34 0.15
35. コアサーバー(PHP7) 0.84 0.26 0.74 0.16
36. MixHost(PHP7) 0.84 0.14 0.67 0.06
37. CPI(PHP7) 0.85 0.06 0.67 0.05
38. バリューサーバー(PHP7) 0.88 0.16 0.61 0.10
39. Quicca 0.91 0.16 0.51 0.07
40. スマイルサーバ 0.92 0.20 0.64 0.24
41. CPI 0.93 0.05 0.65 0.04
42. MixHost(PHP5) 0.93 0.16 0.67 0.06
43. FUTOKA 0.95 0.12 0.52 0.08
44. ロリポップ!(CGI) 0.95 0.16 0.39 0.07
45. ドメインキング(PHP5/FastCGI) 0.97 0.40 0.42 0.07
46. コアサーバー(PHP5) 1.00 0.31 0.77 0.14
47. Z.com(PHP5/CGI) 1.04 0.77 0.53 0.11
48. アルファメール 1.05 0.12 0.81 0.19
49. バリューサーバー(PHP5) 1.10 0.16 0.60 0.10
50. Bizメール&ウェブ エコノミー 1.14 0.04 0.27 0.02
51. ロリポップ!(ライトプラン) 1.44 1.30 0.51 0.67
52. WADAX 1.96 0.63 1.63 0.59
53. XREA 2.09 1.07 1.24 0.42
54. WAPPY 2.23 0.65 1.91 0.60
55. FC2レンタルサーバー(PHP5/FastCGI) 2.72 0.67 2.41 0.66
56. フレンドサーバー(PHP5/FastCGI) 2.90 0.51 2.52 0.43
57. フレンドサーバー(PHP7/FastCGI) 2.92 0.53 2.57 0.36
58. お名前.com(PHP7) 3.18 2.34 0.71 0.18
59. お名前.com(PHP5) 3.30 2.47 0.72 0.18
60. iCLUSTA+ 3.36 0.63 2.89 0.35
61. ちゅらうみレンタルサーバー 3.78 0.50 3.77 0.51
62. JETBOY(旧サービス) 4.56 0.31 4.24 0.34
63. FC2 Lite 5.70 0.83 5.13 0.81
64. Hostinger 8.05 3.08 7.82 3.23
65. スタードメイン 0.00 0.00 0.34 0.15
66. FC2ホームページ 0.00 0.00 6.13 0.45

hostingstock.netで測定しているレンタルサーバーとの比較です。詳細は各リンク先を確認してください。

Xdomainには、PHP&MySQLサーバー (プラン) もあり、そちらでもWordPressを運用することが可能です。しかし、両者を比較するとキャッシュ機能の有無の差がはっきりと分かります。WordPressしか使わないのであれば、こちらを選択するべきでしょう。

キャッシュ機能があるため、他の有料サーバーと比較しても非常に優秀な結果となっています。広告表示が気にならないのであれば、これ以上のサービスはありません。

ネットオウルが運営するWPblogも非常に優秀であり、おそらくキャッシュ機能などの仕様はほとんど同じです。しかし、アクセスできるディレクトリに違いがあり、XdomainはWordPressのインストールディレクトリ (ドキュメントルート) にアクセスできますが、WPblogは /wp-content ディレクトリとなります。例えば、Xdomainであれば、.htaccess やソースファイルの編集が可能ですが、WPblogは不可能です。ただし、WPblogには広告が表示されない有料プランもあり、広告を外したいのであればWPblogとなるでしょう。

測定結果 (未加工データ)

  動的ページ 静的ページ
3秒以上の割合 (回) 0.35% (14) 0.27% (11)
中央値 (秒) 0.35秒 0.35秒
平均値 (秒) 0.47秒 0.44秒
ばらつき/標準偏差 (秒) 0.38秒 0.74秒

測定結果について!
レンタルサーバーは、一つのサービス (プラン) に対して多数のサーバーが運用されています。これらの測定結果は、その中の一つに過ぎません。契約時期により割り当てられるサーバーのスペックは異なる可能性があります。また、同じサーバーを利用する他ユーザーの負荷も影響します。