無料レンタルサーバーXREAで他社管理の独自ドメインを利用する方法

XREA (エクスリア) はGMOデジロックにより運営されており、同社のバリュードメイン (VALUEDOMAIN) で独自ドメインを契約すれば、ドメイン設定は非常に簡単となります。この記事ではバリュードメインに加え、他社レジストラ (お名前.comやムームードメインなど) で管理する独自ドメインをXREAで利用する方法を説明します。

すでに独自ドメインを保有していることが前提です。もし独自ドメインの取得方法が分からなければ、下記を参考に取得してください。

この記事で説明する独自ドメインの設定方法は、コアサーバー (CORESRVER)やバリューサーバー (VALUESERVER) でも参考となります。

バリュードメインで管理する独自ドメインを利用する場合

ここでは独自ドメイン example.com を例として説明します。

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューの ドメイン をクリックします。
  1. ドメインの設定操作 (登録済みドメイン一覧) をクリックします。
  2. example.comDNS/URL をクリックします。
  1. 当サービス内サーバーの自動DNS設定 のリストより、契約しているサーバーを選択します。
  2. 保存する をクリックします。

バリュードメインで独自ドメインを管理している場合、作業はこれだけです。example.com にアクセスすると、XREAのサーバーに繋がるようになります。

他社レジストラで管理する独自ドメインを利用する場合

他社レジストラ (お名前.comやスタードメインなど) で管理する独自ドメインを利用するなら、作業が少し面倒となります。

まず、バリュードメインが提供する 無料ネームサーバー の設定を行い、独自ドメイン (example.com) とサーバー (XREA) を紐付けします。

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. メニューにある 無料ネームサーバー他社登録しているドメインを登録 を選択します。
  3. 登録するドメイン名 (example.com) を入力します。
  4. 登録 をクリックします。
  1. ドメインのDNS情報を変更する をクリックします。
  1. ドメイン (example.com) を選択します。
  2. 変更 をクリックします。
  1. 当サービス内サーバーの自動DNS設定 のリストから契約しているサーバーを選択します。設定フィールド に設定情報が自動的に入力されます。
  2. 保存する をクリックします。

これで無料ネームサーバーの設定は終了です。

次はウェブサーバー (XREA) の設定を行います。

ウェブサーバーのドメイン設定

  • XREAのコントロールパネルにログインします。
  • メニューの ドメインウェブ を選択します。

下記を参考にドメインの設定を行います。

ドメインの設定パターン

XREAのドメイン設定には、様々なパターンがあります。バリューサーバーやコアサーバーも同じ設定方法です。

  1. Mainに example.com を登録すると /public_html が公開ディレクトリ (ドキュメントルート) となります。初期ドメインは使用不可となります。また、Sub*に他のドメインを追加できなくなるため example.com 専用となります。
  2. Mainに blank 、Sub1に example.com を登録すると、初期ドメインは有効のまま、example.com 用の公開ディレクトリが生成されます。これが複数のドメインを設定するときの基本形です。
  3. 2の続きです。Sub2に blog.example.com を登録すると、独自ドメインと同じ階層に blog.example.com 用の公開ディレクトリが生成されます。
  4. 少し変わった使い方ですが、2.の設定で NoDir にチェックを入れると、/public_html を共有することになり、初期ドメインと example.com で同じ公開ディレクトリを参照することになります。

基本的には、2と3の設定で運用することになるでしょう。ドメイン毎に生成されるディレクトリの名称はドメイン名が利用され変更はできません。

これでウェブサーバーの設定が終了しました。

ネームサーバーの設定

他社レジストラでネームサーバーの設定を変更します。独自ドメインを管理している他社のコントロールパネルで、ネームサーバーを下記のアドレスに変更します。

ネームサーバー  
ネームサーバー1 NS1.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー2 NS2.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー3 NS3.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー4 NS4.VALUE-DOMAIN.COM
ネームサーバー5 NS5.VALUE-DOMAIN.COM

それでは、各レジストラでネームサーバーの設定を変更しましょう。

ここでは、ムームードメイン、スタードメイン、お名前.comの設定について説明します。他のレジストラであっても基本的な手続きは同じなので参考となるでしょう。

ムームードメイン

  1. ムームードメインのコントロールパネルにログインします。
  2. サイドメニューの ネームサーバ設定変更 をクリックします。
  3. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ネームサーバ設定変更 をクリックします。
  1. GMOペパボ以外のネームサーバを使用する を選択します。
  2. バリュードメイン のネームサーバのアドレスを入力します。
  3. ネームサーバ設定変更 をクリックします。

これでムームードメインの作業は終了です。

スタードメイン

  1. スタードメイン(ネットオウル)のコントロールパネルにログインします。
  2. サイドメニューの 管理ドメイン一覧 をクリックします。
  3. ネームサーバの設定を変更したいドメインの ドメイン管理ツール をクリックします
  1. ネームサーバーの確認・変更 をクリックします。
  1. バリュードメイン のネームサーバのアドレスを入力します。
  2. 確認画面 をクリックします。

これでスタードメインの作業は終了です。

お名前.com

  1. お名前.comのコントロールパネルにログインします。
  2. ドメイン設定 タブを選択します。
  3. サイドメニューの ネームサーバーの変更 をクリックします。
  4. ネームサーバの設定を変更したいドメインを選択します。
  5. 他のネームサーバーを利用 を選択します。
  6. バリュードメイン のネームサーバのアドレスを入力します。
  7. 確認画面へ進む をクリックします。

これでお名前.comの作業は終了です。

ドメイン設定後の注意点

これらの設定で、独自ドメイン (example.com) でXREAにアクセスできるようになりますが、少しだけ注意があります。

  • DNSサーバーの設定変更はすぐに反映されません。そのため変更前のアクセス先を参照することや、エラーが発生することがあります。設定に間違いがなければ、しばらく待ちましょう。
  • OSやWebブラウザが変更前のDNS情報をキャッシュしていることもあります。必要に応じてキャッシュの削除が必要です。普段利用していないブラウザを利用すると正常に動作することがあります。

関連記事