レンタルサーバー XServer(エックスサーバー)にWordPressをインストールしてみよう – 簡易版

エックスサーバーはWordPressの自動インストール機能を備えています。データベースも自動的に作成されるため初心者でも簡単にWordPressを導入することができます。

ここで紹介する内容は、最も一般的(簡単)な方法です。独自ドメインを利用する場合や、データベースを手動で作成する場合は、下記のページを参考にしてください。

インフォパネルにログインする

公式サイトからエックスサーバーのインフォパネルにログインします。そしてインフォパネルからサーバーパネルにログインします。

インフォパネルを経由せずに、サーバーパネルに直接ログインしても同じです。

サーバーパネル

サーバーパネルにログインしたら、自動インストールをクリックします。

画面右上にある現在の設定対象ドメインを確認しましょう。インストールしたいドメインでなければ、画面左下の設定対象ドメインで変更します。

自動インストール

自動インストール画面が開きます。初めての利用であれば、インストール済みプログラム一覧は空です。

プログラムのインストールタブをクリックします。XServerの自動インストールに対応したプログラム一覧が表示されます。その中にあるWordPressのインストール設定をクリックします。

WordPress設定情報の入力

WordPressのインストールに必要な情報を入力します。

  • インストールURL
    • WordPressをインストールするディレクトリを決定します。下記のページを参考にしてください。
  • ブログ名*
    • ブログのタイトルとして表示されます。
  • ユーザ名とパスワード*
    • WordPressの管理ツール(ダッシュボード)へのログインに利用します。忘れないようにメモしておきましょう。
  • メールアドレス*
    • WordPressで利用されるアドレスです。例えば、自動更新の通知、ブログにコメントがあった時の通知に利用されます。
  • データベース
    • 自動でデータベースを生成するを選択します。手動で設定したい場合は、作成済みのデータベースを利用するを選択すると、設定欄が表示されます。予めデータベースを作成しておく必要があります。詳細は下記のページを参考にしてください。

の項目はインストール後に変更できます。

WordPress設定情報の確認

表示されている情報に間違いがなければインストール(確定)をクリックします。MySQLの情報は自動的に生成されたものなので、そのままで構いません。

インストール完了

インストールが完了しました。IDとPASSWORDはWordPressの管理ツール(ダッシュボード)へのログインに必要です。MySQLの情報は、phpMyAdminやPHP等からアクセスする場合に必要となるので、メモしておきましょう。

ダッシュボードへのリンクがありますが、すぐにはアクセスできません。慌てる必要はなく、しばらく時間をおいてからアクセスしてみましょう。早ければ15分程度ですが、1時間程度かかることもあります。

プログラム一覧

インストールされたWordPressがプログラムリストに追加されました。この画面でインストールしたWordPressを削除することもできます。

関連記事