メーリングリストとメールマガジンならエックスサーバーにお任せ

レンタルサーバーの標準装備である「メーリングリスト」や「メールマガジン」を使ったことがありますか?中には本当に簡易的な機能なので、使ってみようとも思えないものもありますが、エックスサーバー(XServer)の機能は、なかなか本格的な仕様となっています。

他社のレンタルサーバーであればフリーソフトウェアのGNU Mailmanが採用されていることもありますが、レンタルサーバー初心者にとっては決して使い勝手の良いものではありません。

エックスサーバーのメーリングリストとメールマガジンは、エックスサーバーオリジナルのソフトウェアです。使い勝手が非常に良く、初心者でも簡単にメーリングリストやメールマガジンを管理できるでしょう。不具合対応等、メンテナンスが継続的に行われているので、安心して利用できます。

エックスサーバーのメール制限

メーリングリストとメールマガジンの説明の前に、エックスサーバーのメールの仕様について確認しておきましょう。

注意して欲しい点は、エックスサーバーには送信制限があると言うことです。全プラン共通の制限ですが、あくまでも目安であり、多少の超過は許容範囲となっています。ただし、迷惑メールと判断された場合は、送信数に関係なく制限されます。

  • 1,500通/時間
  • 15,000通/日

例えば、メーリングリストを1つ作成して、500人が参加したとしましょう。3件の投稿があれば3×500の1,500件となり、1時間あたりの送信上限に達します。まぁ、数百人単位の大規模なメーリングリストを作成するなら、送信制限のないメーリングリスト専用サービスを利用すべきでしょう。

送信制限はエックスサーバーだけではなく、共用サーバーであれば大なり小なり様々な制限が存在します。

エックスサーバーのメーリングリスト

プラン X10 X20 X30
メーリングリスト数 20件 30件 40件
1件あたりの登録数上限 500 500 500

メーリングリストはWebアプリケーションとなっており、作成する毎にサーバーの「xmailinglist」というディレクトリにスクリプト等がインストールされます。つまり、上図の管理ツールはメーリングリスト毎に生成されます。

メーリングリストを作成する際、メーリングリスト用のアドレスを設定します。このアドレスにメールを投稿すると、参加者全てにメールが配信されるようになります。管理者メールアドレスを設定することができ、メンバー登録完了メールやシステムエラーメールを受信することができます。

アドレスは設定する独自ドメインのアドレスとなります。「example.com」で設定すれば、「任意の文字列@example.com」となります。

メーリングリストへの参加方法

メーリングリストへ参加する方法は大きく3種類あります。

1つ目は管理者による登録です。管理ツールで参加者のメールアドレスを登録します。

  • 今すぐ登録して登録完了通知を送信する。
    • 登録されるユーザーに入会確認を行わずに登録します。メールアドレス宛に登録完了の通知を行います
  • 今すぐ登録して登録完了通知を送信しない。
    • 登録されるユーザーに入会確認を行わずに登録します。メールアドレス宛てに登録完了の通知を行いません
  • 入会用URLを送信し、ユーザの了解を得て登録する。
    • 登録されるユーザーに入会確認を行って登録します。メールアドレス宛に「入会確認メール」が送信されます。
    • メールに記載された「入会用URL」をクリックすることで、メーリングリストへの登録が完了します。

2つ目は、ユーザー自身でメーリングリストに参加する方法です。

  • 空メールによる自動登録
    • システムで生成される自動登録用アドレスを利用します。
    • 「hostingstock-apply@example.com」のようなメールアドレスが生成されます。このアドレスに空メールを送ると、送信元メールアドレスが自動的に登録されます。
  • 入会用フォーム
    • ブログパーツのようなスクリプト(タグ)が生成されるので、Webサイトに設置することができます。
    • フォームにアドレスを入力して「入会する」をクリックすると「入会確認メール」が届きます。メール内にある「入会用URL」をクリックすることで登録が完了します。

3つ目は、後述する「公開ページ機能」による入会方法です。

「公開ページ」にある入会フォームにメールアドレスを入力して「メーリングリストに入会する」をクリックすると、「入会確認メール」が届きます。メール内にある「入会用URL」をクリックすることで登録されます。

メーリングリストの退会方法

メーリングリストの退会方法は3種類です。

  • 管理者による手動削除
    • 管理者が管理ツールから手動で削除します。入会時と異なり、メールアドレス(参加者)を削除しても、削除されたユーザーに通知は行われません。
  • 公開ページを利用
    • 入会時に利用した「公開ページ」に「退会フォーム」を設置可能です。
    • 退会したいメールアドレスを入力して「メーリングリストから退会する」をクリックすると「退会確認メール」が届きます。そのメール内にある「退会用URL」をクリックすることで、退会処理が実行されます。
  • 退会用フォーム
    • 「入会用フォーム」と同様にWebサイトに「退会用フォーム」を設置することが可能です。
    • メールアドレスをフォームに入力して「退会する」をクリックします。「退会確認メール」が届き、そのメール内にある「退会用URL」をクリックすると退会処理が実行されます。

退会者のメールが過去ログから削除されることはありません。

公開ページ機能

公開ページ機能とは、過去ログ(メール)をインターネット上に公開する機能です。関係者以外に公開しないようにパスワード保護機能があります。パスワードを設定しなければ、関係のない第三者からも閲覧可能となります。

公開ページからの「入会・退会」も可能となります。管理ツールで過去ログの閲覧機能を無効にすれば、「入退会フォーム」のみのページとして利用することもできます。

配信済みメール管理

配信されたメールは過去ログとして保存されます。公開ページだけでなく、管理ツールでも確認できます。

配信エラー管理

配信エラー管理があり、配信に失敗したメールアドレスに対する処理を設定できます。例えば、1週間の間に3回送信に失敗したら、自動的のメンバーから削除することもできます。削除されたアドレスや配信エラーは集計され確認できます。

その他機能

もちろん、システムが自動的に送信する「入会確認メール」「退会確認メール」「入会完了メール」「退会完了メール」 にはひな形があり、自由に編集することができます。

他にも以下の機能があります。

件名の編集 件名、タイトル、通し番号を組み合わせることができます。タイトルは自由に決めることができます。
ヘッダー
フッター
配信されるメールのヘッダーとフッターに挿入する定型文を編集することができます。
配信前確認 管理者が承認したメールのみ参加者に配信されるように設定できます。
返信先設定 「メンバー全員へ返信」と「投稿した送信者へ返信」を選択できます。
容量制限 メーリングリストに配信可能な1通あたりのメールサイズの上限設定を設定できます。設定可能なサイズは500KB〜30MBです、
HTMLメール 「許可しない」に設定した場合、HTML形式部分は除去されテキスト形式でメールが配信されます。
ファイル添付 「許可しない」に設定した場合、ファイル添付があるメールはエラーとなり配信されません。

エックスサーバーのメールマガジン

プラン X10 X20 X30
メールマガジン数 10件 15件 20件
1件あたりの登録数上限 1,000 1,000 1,000

基本的にはメーリングリストと同等の機能を備えているので、詳細な説明は省きます。インストールディレクトリはメーリングリストと同じです。配信済みのメールマガジンを管理ツールで確認できたり、配信エラーの管理も行えます。

システムメールの設定もあり、「登録確認メール」「退会確認メール」「登録受付完了メール」「退会申し込み完了メール」の定型文を編集することが可能です。

ただし、メーリングリストのように公開ページ機能はないので、過去のメールマガジンを公開することはできません。

アドレスは設定する独自ドメインのアドレスとなります。「example.com」で設定すれば、「任意の文字列@example.com」となります。

基本的には管理ツールから配信します。ただし、管理ツールで設定を行うことで普段利用しているメーラーからの配信も可能となります。

初期状態では無効となっているので、管理ツールで有効にします。配信専用メールアドレスが生成されるので、それを利用することでメーラーからの配信が可能となります。ただし、送信用メールアドレスを設定する必要があり、設定したアドレスからしか送信することができません。

その他の機能

配信ナンバー ナンバリング(通し番号)機能があります。件名に付加することが可能です。
件名 件名の初期値を設定できます。日付や配信ナンバーを件名に付加することができます。フォーマットが決まっており{auto_number}で通し番号、{year}{month}{day}で年月日となります。
返信先 メールマガジンの返信先アドレスを設定できます。
ヘッダー
フッター
メルマガ本文のヘッダーとフッターに挿入する定型文を編集することができます。

高機能メールフォーム

メールつながりということで、メールフォームについても紹介します。「レンタルサーバー標準のメールフォームはイマイチ」と思うかも知れませんが、エックスサーバーのメールフォームは非常に高機能です。

メールフォームを作成する段階で、URL(ディレクトリ)を決定します。例えば「example.com」であれば「http://example.com/script/mailform/ 」以下で自由に決めることができます。決定したディレクトリにメールフォームが設置されます。

セキュリティ対策として、メールの連続送信を禁止することも可能です。例えば、設定した時間内に同一IPアドレスからのメール送信(問い合わせ)を禁止することができます。

メールフォームページへのHTMLタグ(リンク)が生成されるので、Webサイトに簡単に設置することが可能です。

カスタマイズ可能な入力(選択)項目

上図は初期状態で生成したお問い合わせフォームです。下記の項目を追加することができます。

お名前 ふりがな URL 年齢 性別
郵便番号 都道府県 住所 TEL FAX
メールアドレス 件名 お問い合わせ内容 テキスト テキストボックス
プルダウンメニュー ラジオボタン チェックボックス    

フルカスタマイズ

全ての機能(項目)を追加するとこのようになります。

自動返信メール対応

自動返信メールに対応しています。問い合わせを受信したときに、送信者がメールアドレスを正しく入力していれば、自動的に定型文のメールを返信することができます。

自動返信メールの「件名」「本文」「差出人(From)のアドレス」を自由に設定可能です。

デザインのカスタマイズ

デザインは定型スキンと自作スキンを利用できます。定型スキンは、サイズやカラーといった簡単なカスタマイズを行うことができます。自作スキンは、定型スキンをベースにHTMLとCSSを編集して完全にオリジナルのデザインを作ることができます。

さらに、「入力画面」「確認画面」「完了画面」のメッセージ(定型文)を編集することが可能です。

関連記事