XServerの性能や安定性を評価する

レンタルサーバーを利用するときの選択肢の一つとして速度や安定性があります。いくら低料金でもレスポンスが悪ければ意味がありません。そこで、エックスサーバーの性能等を評価してみたいと思います。

評価方法

測定内容については、下記のページを参考にしてください。

測定ポイント

測定ポイントは以下のようになります。

サーバー(データセンター)の所在地については、下記のページを参考にしてください。

実環境に近い自宅からの測定と安定しているデータセンターからの測定となります。自宅のネットワークは、関西圏でよく利用されているeo光100Mタイプ、ルーターと測定用サーバーとの接続は有線です。

eo光/K-Opticomのデータセンターは、梅田北、心斎橋、梅田にあるようです。

計2MB程度のファイルをダウンロードするだけなので、負荷といえるほどの負荷ではありませんが、ロリポップ!の実行間隔は10分毎としています。

測定結果

ロリポップ!からの測定は10分間隔なので、7日間で計1008ですが、7日目の深夜まで測定しているので、計1032回となります。自宅からは5分間隔なので、計2064回となります。

  • 測定失敗: ダウンロードが失敗した割合
  • 3秒以上: ダウンロードに要した時間が3秒を超えた割合
  • 10秒以上: ダウンロードに要した時間が10秒を超えた割合
  • 平均時間: ダウンロードに要した時間の平均値
  • ばらつき: 母標準偏差(グラフ上の値は標本標準偏差)

eo光(自宅)からXserver

  動的サイト 静的サイト
測定失敗 0% 0%
3秒以上 0.82% (17/2064) 0.34% (7/2064)
10秒以上 0.05% (1/2064) 0%
平均時間(秒) 1.25 0.88
ばらつき(秒) 0.46 0.34

ロリポップ!からXServer

  動的サイト 静的サイト
測定失敗 0% 0%
3秒以上 1.65% (17/1032) 0.58% (6/1032)
10秒以上 0.29% (3/1032) 0%
平均時間(秒) 1.29 0.66
ばらつき(秒) 0.64 0.38

XServerの評価

距離的にはロリポップ!が離れていますが、ばらつきが大きいのみで速度的(ダウンロード時間)にはあまり変わりません。

PHPやデータベースの処理が加わるWordPressの表示でも、静的サイトと比較して400msから600msの増加に収まっています。

二カ所から測定しましたが、特筆するほどの差はありませんでした。驚いたのが距離的に近いとはいえ、自宅の家庭用ネットワークからのレスポンスが安定していることです。逆にロリポップ!からの測定結果のばらつきは予想外です。同時期に測定しているので、XServerのレスポンスが悪いとも考えにくく、東京大阪間のネットワークの状態とロリポップ!の負荷状態が影響しているのかもしれません。

3秒を基準にする

少し古い情報ですが、良いWebサイトの条件として3秒が基準となるようです。

  • 3秒を過ぎると57%のユーザが去ってしまう
  • 1秒遅くなると、ページビューは11%減、顧客満足度は16%減、コンバーション率は7%減
  • モバイルサイトではよりシビアに。60%のユーザーが3秒以内が好ましいとしていおり、5秒以上となると74%が去ってしまう

3秒以内を条件とするのであれば、ばらつきを考慮してもXServerは優秀なレンタルサーバーであるといえます。

まとめ

  • 休日や夜間に負荷が高くなる傾向にあるが、極端な悪化はなく必要十分なレスポンス性能がある
  • 今回の測定では一度もダウンロードの失敗がない
  • 10秒以上の時間を要したのは数回で、3秒を超える結果は数%以下
  • PHPやデータベースを介すと若干レスポンスのばらつきが大きくなる

同じサーバーに割り当てられた、他のユーザの負荷のかけ方にもよりますが、非常に安定していてレスポンスも良いレンタルサーバーです。

関連記事