• ニュース

レンタルサーバー & ドメイン ニュース

Zenlogic

2017/03/29

PHP 7.1 提供開始のお知らせ

Zenlogicにおいて、2017年03月29日からPHP 7.1 の提供が開始されました。

Bizメール&ウェブ エコノミー

2017/03/23

メール機能における「POP Before SMTP」認証の廃止について

Bizメール&ウェブ エコノミー」では、サーバーのセキュリティ向上を目的として、 2017年9月に「POP Before SMTP」認証の廃止が予定されています。

廃止時期
2017年9月頃
影響
「POP before SMTP」認証を利用いている場合、2017年9月以降メール送信ができなくなります。2017年8月までに「SMTP(SMTP AUTH)」認証への変更が必要です。

XREA (エクスリア)

2017/03/21

新サーバーの募集開始のお知らせ

原文のまま掲載します。

お客様 各位

平素はXREAをご利用いただき誠にありがとうございます。

2017年3月21日より、本サービスにおいて、大幅にパワーアップした新しい仕様のサーバーの募集を開始いたしました。 これまで既存サービスでのご要望、ご意見を参考に、互換性を持たせながら進化させ、お客様にとってより快適で使いやすいサービスとなっております。

特徴

主な特徴は下記の通りです。

- 無料からご利用可能。
- 旧仕様と互換性を持ちつつ、最新の環境を提供。
- 高速、大容量メモリーの最新サーバーを採用。
- コントロールパネルを刷新し、より直感的な操作を実現。
- 全プランにデータ処理速度に優れたSSD(RAID10)を採用し、高速化と安定稼働が可能。
- 標準でFastCGI版PHP7.0、同時に、FastCGI版5.3/5.4/5.5/5.6/7.1が利用可能。
- ユーザー毎に独立したFastCGI版PHPに、高速化モジュール・アクセラレータ OPcache + APCu を導入し、高速な処理が可能。
- 標準でRuby 2.3、指定により、Ruby 1.8 から2.4まで利用可能。
- 標準でPerl 5.16が利用可能。
- WordPress等のCMSが簡単自動設置。
- データベースは、MySQL5.7 PostgreSQL9.6 を採用。
- 無料で1GBまで利用可能(申請により10GBまで対応)
- 有料プラン(XREA Plus)は大容量64GBで月額191円からのバリュープライス。(※12ケ月契約の場合)
- マルチドメイン、サブドメイン数は64個まで可能。(XREA Plusの場合)
- お客様ドメインでのSSLが利用可能。(SNIを採用)
- HTTP/2に対応し、高速なSSL通信が可能。
- API対応(2017年5月予定)で、ドメイン・メール・DB等の設定変更の自動化が可能に。
- 国内高速データセンターに設置。(高速大容量のバックボーンに10Gbpsで接続)
- VALUE-DOMAINとの連携でドメインの運用が自由に可能。

特にバリュードメインのユーザー様の場合、すぐに無料でお試し登録いただけますので、是非ご検討いただければ幸いです。

WAPPY (ワッピー)

2017/03/17

PHPバージョン選択機能「PHP7.1」追加のお知らせ

2017年3月17日より、@WAPPYにおいてPHPバージョン選択機能に「PHP7.1」が追加されました。

以下のバージョンから選択できます
PHP5.3.x / PHP5.6.x / PHP7.0.x / PHP7.1.x

Sova WP

2017/03/15

バージョンアップのお知らせ

SSL証明書設置依頼の流れがわかりやすくなりました

ユーザーが保有するSSL証明書の設置を依頼する場合の流れがスムーズになりました。 新しいワークフローでは、先に必要なファイルをアップロードすることで、サポートチームがファイルの確認を迅速に行えるようになりました。

日本語ドメインの入力が簡単になりました

これまでは国際化ドメイン名(英数字以外を利用したドメイン、いわゆる日本語ドメイン)をSovaで利用する場合、ユーザー自身で punycode 変換してから「主に使用するドメイン」に入力する必要がありました。 今回の変更ではシステムが自動でこの変換を行うことで、日本語ドメインをそのまま入力できるようになりました。

XSERVER (エックスサーバー)

2017/03/13

「WEBメール」スマートフォンからも快適にご利用可能に!デザインリニューアルのお知らせ

エックスサーバーにおいて、Webブラウザ上からメールを送受信できる「WEBメール」機能について、スマートフォンやタブレットからでも快適に操作できるよう、デザインがリニューアルされました。

WEBメールはアプリのインストールや設定作業をすることなく、Webブラウザ上からログインするだけで、すぐにお手軽に利用できます。

リニューアル実施日
2017年 3月13日(月)
スマートフォン、タブレットからの利用方法
スマートフォンやタブレットから「WEBメール」へログインするだけです。端末に最適化された画面で「WEBメール」を利用することができます。

XSERVER (エックスサーバー)

2017/03/13

「携帯WEBメール」提供終了のお知らせ

利用環境の変化に伴う利用者の減少により、「携帯WEBメール」機能の提供が2017年 3月31日(金)に終了します。

なお、エックスサーバーでは、スマートフォンからも利用可能な「WEBメール」機能を提供しています。 スマートフォンからのメールの送受信に際しては、「WEBメール」機能の利用が推奨されます。

提供終了日時
2017年3月31日(金) 正午
対象機能
「携帯WEBメール」機能
「WEBメール」機能の利用について
スマートフォンからのメールの送受信に際しては、WEBメール機能で対応できます。

wpXレンタルサーバー

2017/03/13

スマートフォンからも快適にご利用可能に!「WEBメール」機能のデザインリニューアルのお知らせ

wpXレンタルサーバーにおいて、Webブラウザ上からメールを送受信できる「WEBメール」機能が、スマートフォンやタブレットからでも快適に利用可能なデザインにリニューアルされました。

WEBメールはアプリのインストールや設定作業をすることなく、Webブラウザ上からログインするだけで、すぐにお手軽に利用できます。

リニューアル実施日
2017年3月13日(月)
サービス対象
wpXレンタルサーバー
スマートフォン、タブレットからの利用方法
スマートフォンやタブレットから「メールパネル」へログインするだけです。端末に最適化された画面で「WEBメール」を利用できます。

ヘテムル (heteml)

2017/03/03

PHP7.0でも ionCube Loader がご利用可能となりました

ヘテムルにおいて、PHP7.0でのionCube Loaderの利用が可能となりました。

  • ionCube はPHPファイルを暗号化し、第三者への漏えいを防ぐ セキュリティソフトです。
  • ionCube Loader は、暗号化されたPHPファイルを読み込むために 必要なものとなります。

なお、PHP7.0 で ionCube Loaderを利用するには、ユーザーのWebサーバー番号によって、設定が必要となります。サーバー番号は、コントロールパネルにログイン後、画面右上で確認できます。

ftpXXXの場合
コントロールパネルのphp.ini設定のPHP7.0 タブで「php.iniを設定する」ボタンを押してください。
usersXXXの場合
PHP7.0(CGI版)の場合、コントロールパネルのPHP設定でPHP7.0(CGI版)をサイト別にphp.iniの設定画面で「設定する」ボタンを押します。
PHP7.0(モジュール版)の場合、php.ini設定は不要です。

ワダックス (WADAX)

2017/03/03

PHPバージョン選択機能「PHP7.1」追加のお知らせ

WADAX共用サーバーにおいて、PHPバージョン選択機能に「PHP7.1」が追加されました。(PHPバージョン選択はwx系サーバーのみの機能です。)

これにより、以下のバージョンが選択可能となりました。

PHP5.3.x / PHP5.6.x / PHP7.0.x / PHP7.1.x